-----立山〜剣御前-----
2006/08/24-26

8/24 立山ケーブル下で泊。
8/25 ケーブル6時発に乗る…美女平(バスにて室堂へ)…室堂(7:15着 7:40出発)… みくりが池(8:17)…雷鳥沢キャンプ場(9:08)…称名川の橋(9:18)…雷鳥坂登山口(9:23) …岩場(10:57)…別山乗越(11:30 休憩40分 12:10出発)…剣御前(13:05)…剣御前小屋(13:40)
8/26 剣御前小屋(6:40)…別山(7:26)…別山北峰(7:33)…剣御前小屋(9:15)… 新室堂乗越(10:39)…雷鳥沢キャンプ場(11:37)…地獄谷(11:49)…室堂(12:20) …みくりが池温泉(12:20~13:20 昼食&入浴)…室堂13:40のバスで帰路に着く。





剣午前小屋に着いた!しばらく 小屋前でまったり、
お尋ねすると  チェックインできるとのこと、チェックインして寝床を確保しました。
休憩して 剣御前を踏みに行きます。





あらあらしい剣御前への道。

あぁーいいなぁ!




ザックはおいて 水分とカメラのみ。体も軽く気持ちも軽く 剣御前へ足を進めました。
剣御前は 「山岳巡礼」の平らさんのHPを拝見し 参考にさせていただきました。



















切り立った箇所。






剣御前の三角点でした。



1時間もかからず 踏んだと思うのですが、もう記憶も薄くすみません。




先ほどより剣がよく見えてる。

剣と一枚。



三角点があり ここかと ふんで標識見るも 無しでした。
ここから先は 凡人には無理で ただ眺めるばかり。
小屋に戻りました。日没まで待ったりすごしました。見え隠れする剣を 写そうと 小屋前で「カシャ」「カシャ」でした。



寝床!

夕食でーす。

夕食は一番でした。
夕食後 日没を見に外へ。




夕暮れを見に小屋の外へ。

雲が沸き立ち美しいです。

26日朝日でーす。合ってるかな?

日没を待ちましたが 寒い。ほどほどで 部屋へ。
談話室で 剣の写真など眺めた。 早朝剣へ立つ方が  寝床を変わってほしいといわれ
奥と変わることになりました。 ヘッドランプを枕元に休みました。


朝もやですね。もやってる。

8/26 朝ごはんでーーす。



眠れないタイプでなんども 目が覚める。3時を過ぎると 剣へ向かう方々もう出発されてる。
真っ暗です。ヘッドランプだけでは  足元危なくないんでしょうか。
出立の物音で目が覚め 布団でごろごろ、時間を待ちました。








朝食後、荷物は置いて 別山へ向かいました。御前小屋裏から登ります。
朝の山は とても すがすがしくすばらしい展望でした。








このころはまだ学生だった娘が付いてきてくれました。
懐かしいです。前回は いやがり 登場してませんが、復刻版では 後姿はいいかな。









剣を たっぷり眺められました。望遠で剣を写すとなんと 登山者が写っていて びっくりしたものでした。






















四国のkazasiさんから 派生した「しぇー」やってましたねぇ!





剣山頂ズームで 登山者が写ったの!



剣 すばらしい!


朝の豪華散歩を終え、ザックを担いで 下山開始。
たしか新室堂乗越へ 進み 大日を眺め下ったはず。


















































大日へ向かう方々。


花を写し、景色を眺めながら ゆったり下りました。














地獄谷の もうもうたる蒸気です。


室堂に付いた跡は みくりが池温泉で お風呂&昼食でした。
室堂13:40分のバスにて 帰途に着きました。ありがとうございました。


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2006年山行記録