山行時間=約3時間
情   報=おトイレは、ケーブル下駅 虹の駅 掬星台にあります。


上野道登山口(13:20)…B展望台(13:32)…展望箇所(13:44)…虹の駅(14:00)…青谷道合流点(14:20)…旧天上寺跡(14:36)…掬星台(14:57-15:01)…青谷道合流点(15:22)…行場(15:50)…水汲み場(15:55)…登山口(16:21)


花が少ない 上野道ですが 雨にも暑さにも負けずに 咲いていてくれ 感激!!

































天上寺跡への階段でさいてたのー♪







今日は遅くなっちゃたから、明日歩こうと 思っていると ルールーと 着信。
婿どのが気を使ってくださり 誕生を迎えた孫を連れてきて 下さる。

ではと 予定を繰り上げ 今からでも歩ける 上野道に決定でーーす。(^^)





右に曲がれば、上野道登山口です。

登山口です。今日は家から20分もかかった。





大きな木が 倒れていました。

思いのほか展望がいいでーす。

ラジオを友に 頑張ります。

やっぱり 来てよかった。空気はすがすがしく 気持ちがいい。緑も雨に洗われ みずみずしいです。

ラジオでデング熱のことを話してました。近ちゃんは ブラジルにいた8年間に数回 かかったそうです。



ついた! 13丁石



鉄塔の見える展望箇所です。

小枝などが 散らばっていたそうですが かたずけられたのか、歩きやすいです。







すっかり 歩きやすくなっています。







左に 虹の駅を通らない 道が分岐しています。



ケーブル虹の駅です。






ロープウエー虹の駅です。

横の定点で 掬星台を写します。

さあ 階段を登り、



水平道へ。

おじぞうさんのある 展望箇所。







青谷道合流点に 安全のためフエンスがされてました。
もちろん通れます。


山門に足場が、設置されていました。





今日の目的のひとつ、山門はどうなっているのかな?
青谷道合流点に 安全のためのフエンスガ設置されていました。

作業の方々の声や 作業の音が聞こえます。 フエンスから 首を長くして 見ましたが しかとはわからずです。


迂回路を歩いて 階段上に来た。

山門修理の ガラを担いでおられる。

こちらの方は 一人で!すごいなー!


作業員の方と お話をしましたが 修理か復元かはわかりませんでした。

工務店さんのブログには 応急的緊急工事と かかれていますが、、。

超不便な現場に  よく作業に来てくださいました。
 ここへ作業に来られてる 宮大工さんや 作業員の方に頭が下がります。

ありがとうございます。山門の下を、歩けるようになるのが楽しみです。



旧天上寺跡には ガラが置かれていました。



ヘリで回収するそうです。

天上寺跡 少し先で 初めての登山者さんと 出会いました。
よく 掬星台まで あるいておられるそうです。 小さいポシェットに 傘とペットボトルのみの 慣れた軽い いでたちでした。





さぁ 山頂部が見えてきた。

掬星台貸切。

曇っていましたが、生駒は見えましたよ。

貸切と思いましたが ご夫妻がおられました。オテルドマヤへと 向かわれたよう。

今日はお泊りかな? いいなぁー??





さあ 下ろう。

桜谷分岐にあった 看板。





青谷道へ進むことに、、、しました。











行場が見えてきました。

静かな行場です。







行者堂跡。

お土産を汲んで。





大龍院の、赤いのぼり、

登山会の 記帳所。

静香園







下ってきました。

動物園の観覧車をながめて、、帰宅。

足の衰えを 実感する 山歩きでした。もうちょっと頑張らねばと 自分に言い聞かせつつ 帰宅。

シャワーをすると 気持ちよくて やっぱり歩けてよかったと つぶやきました。

摩耶山 いつも お世話になります。ありがとーさんです。


なんか、、休憩無しで 歩いたので、、ちょっと、、反省です。久しぶりで足に来てますわ、、。(笑)
摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2014年山行記録