----------冠山 冠山峠…冠平…冠山----------
2015/06/14






山行時間=約3時間40分
情   報=おトイレは冠山峠にあるそうです。

冠山峠(10:10)…冠平(11:20)…山頂(11:40〜50)…冠平(12:14〜45昼食)…冠山峠(13:50)



さえさん、相棒さんの 計らいで 
福井と岐阜の県境「冠山」に行ける事になりました。

数日前 「山の休日さん」が、行っておられ 「ニッコウキスゲ」に、出会っておられた。
まさか自分が行けるとは 考えもしてなくて、、
どこにに位置するのやら、、「??」状態でした。
さえさんは 5年ぶりとか、

急な 行き先変更も ベテランはスムーズでした。








湖西 161号線を北上、敦賀で北陸自動車道に乗る。
「杉津パーキング」で 休憩 &絶景ゲットでした。

(8:57)北陸自動車道 「杉津パーキング」
敦賀湾 一望です。


「恋人の聖地」とか。夕日が綺麗だそうです。


ハマヒルガオが咲いていました。



「武生インター」で、降りてから 右に左に曲がり 東に位置する、417号線に乗る。
随分と長い距離を、走られました。

池田町に入ってからは 足羽川沿いに 東南へと走り、 やがて 冠山林道になってからは 高度感のある狭い道でした。
山すそをぬい S字カーブだらけ! 落石を避けながら 相棒さんの ハンドルさばきは軽快です。
林道は5月末まで閉鎖だったとか。雪が深いんですねぇー。

さえさんのスマホナビで 「冠峠」(10:10)に到着しました。

標高約1000Mの 冠山峠駐車場には すでに沢山の車が停まっていました。

「あれが山頂です!」 と 相棒さんが 教えてくださった。

「うわーあれですか!!」
稜線の向こうに 山頂がぽっりと浮かんでいます。
わぁー! すごいなぁ、、!」

ほんとに 印象的な景観です。
 へぇ、、、、ずいぶん遠く感じました。




(10:10)冠峠に着きました。
おトイレもあるそうです。


石碑が冠山登山口


あれが 冠山 山頂ですって、もうびっくりです。



1982年 朝日新聞社と森林文化協会は 身近に残る貴重な自然を 伝え残そうと、
「21世紀に残したい日本の自然100選」を募り 選出。 「冠山」は その一つだそうです。

「冠峠」から「冠山」までの往復登山です。

赤色が冠山峠1000Mのラインです。
1111から 下るので
稜線の向こうに 山頂部 が ポッカリ見えるんですね。



反対側は 「金草岳」への登山口です。

さあ!ガンバ!私の足!

時間がもっと早いと 金草岳と 冠山と 両方登れるとさえさんが 教えてくれました。
うす曇の 登山日和です。



笹を分けた登山道の足元には ニガナや アザミが群生していました。

タニウツギ

ホウノ木

アザミ


登山口 山頂には 標識がありましたが、それ以外にはありませんでした。

笹がかぶってはいますが 踏み跡は明瞭です。谷沿いの細い道は 谷側に道を 踏み外さないように注意。

合流点では 進路を確認して、岩場は慎重に3点支持で ロープを持たなくても 私でも登れました。

山深い 冠山 あっとうてきな 植物の息吹きを 感じました。緑が濃いでっす。


山また山の展望です。



1156ピークが見える。

さえさんご夫妻とは 3度目の 山歩き。いつも相坊さんが 先達してくださいます。


何度か 軽いアップダウンがありました。  登山道が細い箇所は 下山の登山者と譲り合って 通過です。

登山道がふれると 山頂部が見え隠れします。目標になり モチベーションがキープできる!!(^^)



この景色、すきですわー。

「チゴユリ」

?やっぱり「オオカメノキ」でしょうか。


冠山を眺めたり 足元を確認したり 山野草を眺めたりと 目が忙しいです。(笑)


かわいい「ユキザサ」いっぱいありました。



山頂部の見える部分が少なくなった。


登りでは 特徴的な山頂部が なんども 見え隠れして とても楽しいです。




「さぁ 咲いてるかな?」 と 相棒さん。

(11:20)冠平でした。





そうそう ニッコウキスゲさん。

山頂部です。特徴的な形はもう見えません。

すこし登って振り返る 冠平。


「ザックを置いて 空身で行きましょう!」 と 相棒さん。脇に置かせていただきました。
岩場にはロープがたれていますが、岩を掴みつつ 3点支持で 登れました。



沢山咲いてる花ニガナも写してあげなくては!

さあ 岩にたどりついた 相棒さん。

軽快に登って行かれます。





上部の方 私達が到着すると「タテヤマリンドウが咲いてるよ」
と 教えてくださった。
誰かに言いたくて 待っていてくださったのかしら


上部から 岩場を写してみました。

小さな小さな イワカガミでした。


途中の岩棚で 一休み。

「タテヤマリンドウが 咲いてるよー」と 登山者さんが教えてくれました。

ここにも、あそこにも 咲いてる! イワカガミも咲いてるよと 登山者さん 楽しい時です。



かわいいかわいい タテヤマリンドウ。

さえさん 頑張ってます。

しーちゃん はいっ ポーズ♪







もう 一登りで山頂です。

しーちゃん 提供。


山頂部では360度の 山また山の展望でした。

 十数人が 休憩中でした。みなさん 大展望を眺め 感動中です。


北の風景。





東の風景。能郷白山が見えてるのかな?





南の風景。





西の風景。金草岳が見えているのでしょう。







岩場を下りまーす。











無事下りました。

再び冠山平




ニッコウキスゲを 眺めながらの ランチタイムでした。










次々と 岩場を下る方々を 眺めていました。
 

岩場を下る方々。



(12:45)さあ 下ろう。




花を楽しみながらの 下りでした。

往路では 見つけられなかった花に合いたい!
サンカヨウの葉を見つけ、花は 咲いていないかな;あ、、と みんなで眺めていました。
「咲いてるやん!!」 と 相棒さん。うわー サンカヨウに 出会えた!!



エンレイソウ

サンカヨウ 見つけましたぁ!

不思議な形の ツクバネソウ





アカモノ

ヤマツツジ

小さな イワカガミ


ヤマレコに載っているレポで 14日冠山を歩かれた方が マイズルソウを見られたみたい。
みなかったなあ、、、、、、、残念





ほんとに すばらしい、景色です。

山頂部の 冠の形を しっかり見ておこう。


大分下りました。 振り向くと 冠山が丁度見えた。 忘れないように しっかり見ておこう!!


カマツカ

ホウチャクソウ

ついた、、駐車場です。





終わりました、、、さみしぃ、、、(笑)

終わっちゃった、、ぁ、、無事下山 感謝。

あぁ〜〜終わっちゃったぁ〜、、、!

S字カーブを再び下り 
今庄365スキー場へ寄ってくださり
温泉で汗を流せました。

JRの本数の多いところと
さえさん スマホで検索してくださり、
お優しいのよね、、

和邇でおろしていただきました。

お二人は 湖西は混むからと 大原経由で帰られました。




車中 しーちゃんと 反省会をしつつの帰宅でした。
何から何まで お世話になりました。ありがとうございました。

さえさん 相棒さん ありがとう! しーちゃん ありがとう、

そして 冠山 ありがとう−−−


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2015年山行記録