======摩耶山「青谷道〜雷声寺」======
2016/01/07



山行時間=約3時間
情   報=おトイレは 雷声寺にありました。

自     宅(13:10)〜
青谷道登山口(13:50)〜
大  竜  院(14:12)〜
旧摩耶道合流(14:16)〜
上田道合流点(14:32)〜
学校林道合流(14:40)〜
雷声寺山内(15:09)〜
雷声寺山門(15:18)〜
徒歩にて自宅へ(16:00分)



足が弱ってる〜〜〜〜う、
歩かねばと、歩くことに
夕食を作っている間に13時になった。
何処を歩こう?
山歩きさんが よく歩かれている 旧摩耶道にしよう






13時10分 出発です。 ザックに 救急セットと 水分を入れた。あっ ヘッデン忘れたー。

今時珍しい、立派な門松です。


交差点の北側に 学校林道の
三本鉄塔が見えています。


いつもの公園の
センダンの木。愉しませてくれます。





松蔭女学校の横を登り、西へone block 妙光院の表示のある交差点を北へ進みます。

登山口手前の「妙光院」です。

馬頭観音様。

(13:50)やっと登山口に着いたよ。




登山口直ぐの 坂が難所でーす。足が象の様に重〜〜〜〜い!(汗)(><)

お兄さんが軽やかに抜いていかれた。

静香園です。足が重いよ、、、。

静香園の前の梅が満開です。






行者堂跡へはむかわず、手前の 大竜院の裏手から 旧摩耶道に取り付きます。

先の梅も満開。


(14:12)大竜院です。入って行きます。


直進して下ると 滝行場と建物があります。






お堂の横 奥に道があります。
もちろん お参りしました。


ここから登ります。


(14:16)ズリズリ登ると、旧摩耶道は直ぐです。







合流点の標識です。
振り向くと摩耶山が見えます。


細い道を 雷声寺へと進んで行きます。


少し谷へ下ります。



水平道が多いのですが 多少のアップダウンが 足に堪えますわ、、。年ですわ。(汗)

振り向くと 堰堤があり どこかへ水を
引いてあるのか ホースが長く伸びていました。


次に登山道が 上へと登っています。


学校林道の 山すそを
這うように道は作られています。





ご婦人に出会いました。雷声寺から 来られたそうです。
お不動様があると聞いたのですが この先ですか?
お不動様かどうか、、、行場はありますが、、
では行って見ますと すれ違いました。



見えるのは、青谷道東尾根でしょうか。

細い道が続きました。





ほんとに狭い道です。



あらっ とっても斜め,
滑らないようストックで
確保しながら歩いた。


あらっ! いいじゃんfont color="red">★
急に,景色が開け、谷向こうが、見えてとても素敵でした。
以前歩いた時には 陰気で、あまり好きではない道でした。
が、葉が落ちて、幾分明るいのか 私の嗜好が 変わったのか、
なんだか 心地よいのが 不思議でした。





少し道が広がった。町の騒音も聞こえ出した。



チラリと 町が見えた。




さんぞう先輩 なかりんさん ●野さんと 初めて歩いたのが 上田道でしたね。倒れた標柱を 置いてありました。

(14:32)上田道分岐に到着でした。



ららっ!またまた 斜めだーっ!


スコップで 削りながら 歩きたいですね。




おっ! 尾根が見えてきたら、

(14:40)学校林道に合流です。お茶休憩。










北に、稲妻坂が 見てきました。


標柱の背後の薄いふみ跡は
 歓喜寺へでしょうか









南の尾根の少し下を歩くのですが
いつしか尾根を歩きます。










雷声寺東の尾根分岐が 今日も分かりませんでした。

苧川谷への 崩落が見えます。

丸太階段を登ります。

笹を分けた最後の下りです。





椿がかわいい。

下っていきます。

新神戸ANAホテルが見えます。





フエンスが ありました。

はいつ! きちっと閉めましたっ!

お不動様。写してはいけないのかな?





左へ。

ここは 変わりなしです。

自販機は 稼動しておりませんでした。





(15:18)あら 立派な 
休憩所が建てられたのね。


三宮から ポートアイランドです。


門を曲がり階段を下ります。








ご褒美の 缶コーヒーでーす。
おいしい==♪
短時間だけど 満喫しました。
久しぶりの山の香りが ステキでした。
山さん ありがとう!!






摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2016年山行記録