==================== 兵庫県 福崎町 「七 種 山 (683m)」====================
2017/05/03 (薄曇り)
















山行時間=約8時間(休憩含む)
情  報=おトイレは 青少年野外活動センターに、作門寺山門にありました。

ガレージ=福崎町青少年野外活動センター前に 登山者用のガレージがあります。



順路は七種滝〜七種山〜七種槍〜奥峰〜福崎町青少年センター
と、時計まわりですが、ルーンさんは 逆時計まわりを推奨されました。
時計回りですと、七種山直下の、激登箇所を 下ることになり、
岩尾根群を下ることになるので、
逆回り 岩尾根を登り 激のぼりの方が安全と言う事です。
私もそう感じました。

野外センターから七種槍までの間に 片側が切れ落ちた、
狭い足場の箇所や 随所にある 岩登りと、 つまずき 転倒に注意が必要でした。
小滝林道を過ぎると 山頂七種山まで 激のぼりです。
周回距離は9キロほどらしいですが 手ごわく意外に疲れます。
休憩を取り後半に 元気を残す ペース配分が必要と感じました。
登山道が分かりにくい 箇所もあり注意が必要でした。 
ポイントに標識や テープはありました。


[ 行 程 ]

野外活動センター横、登山口7:40
鉄  塔 7:51
奥  山 9:03
七種槍山頂10:38
430PIKE 11:33
鞍部 小滝林道分岐 11:40
552PIKE 12:25
七種山山頂 13:00
つなぎ岩 13:03
昼食
下山開始 13:37
滝 上  14:06
七種滝 14:18ー34
虹の滝 14:36
小滝林道と合流 15:17
駐車場 15:38
 

ルーンさんより 七種山のお誘いをいただきました。
ずいぶん前に知り 登りたかったので うれしいお誘いでした。
 
Tokiwaさんと 私はJRにて西明石駅へ。
車中で お目にかかれると思いましたが 乗った始発は満員でした。
西明石駅構内で 無事合流でした。
駅前では ルーンさんがすでに 愛車とスタンバイでした。
今日は 母上は 不参加でした。寂しい〜〜!


GWですが 車は順調に走り、市川を越えて 北へ走り、七種山登山口である 福崎町青少年野外活動センターに着いたのが7:20ごろだった。

なんと福崎町青少年野外活動センターの ガレージの横に、小鹿の遺骸がありました。(><)

いやぁー 片付けたりしないのね、、さすがワイルド!

用意をして「いざ出発!」 野外センターと池の間に登山道がありました。




1)(7:40)用意をして、出発です。

2)いよいよ山道になる

3)岩もすぐに出てきました。

「あのー、七種山はー、、 全体に急登なんですよー。」、、のルーンさんのお言葉がすぐに実証されました。
「200登れば、尾根に乗ります。」と いつものように説明してくださいました。



4)西に「薬師峰」登山口の池

5)250mにある鉄塔。

6)楽しい 岩登り続々出てきますでっす。

坂で鍛えた 神戸市灘区民もびっくりの いきなりの急登でっす。

喘ぐように上ると 展望にありつきます。

ルーンさんの 丁寧な三座同定説明があったのですが、記憶が、、(汗) 「どの方角を写したの?」 状態ですみません。
薬師峰も 大変楽しい山だそうです。こちらは バスでいける距離の様です。
七種山は 福崎駅から 5キロほど 1時間20分と言う所でしょうか。アクセスはないので 野外センターまでタクシーでしょうか。



7)340m?で尾根に乗る。道が北北西にふれます。

8)310 にある鉄塔が見えます。

9)うわぁー! 楽しみ楽しみ!

少し下り 鉄塔を過ぎると 楽しい 岩場です。素晴らしい展望が 続きます。
風がなく 暑いです。水分1.5L持って来て正解でした。







10)市川が流れる谷間の平野を
JR播但線が走ります。


11)







12)



岩を登るにつれて 景色が変わっていき とても楽しいです。

東には 市川の流れる平野に 播但線が走ります。
西は 外輪山が近くに見え とても美しいです。
  岩は 三点支持で登れる程度で フリクションよく滑りにくい岩でした。



13)うわー! あそこを登るのだ!

14)急ですが 滑らなくて 案外登りやすいです。

15)








16)足元が 狭い岩を巻きます。







17)足元が狭いので注意!
Tokiwaさん提供。


18)



ホ ン トに ほんとうに展望が良いです。何度も深呼吸したくなります。


19)私の前に 歩いていない道があり、、、





20)





21)私の後ろには 歩いた尾根が見えます。♪



22)「コバノガマズミ」沢山咲いていました。

23)

24)393.2 奥山 1時間20分で奥山到着。



25)

26)

27)振り返ると くぐった鉄塔 登った斜面が見えます。


360度 すばらしい 景色を見ることができます。
ルーンさんは 行程がしっかり頭に入っておられて びっくりでした。
さすがですーー。


28)槍かとおもいましたが、七種山のようです。

29)岩尾根に下りはつきものですね。慎重に。

30)おお!滑落注意の標識です。


気を引き締めて 靴ひもしめて、慎重に!


31)

32)

33)



34)再び岩をへつりました!

35)

36)


う、、ん 小槍はどこだったのでしょう、、?(><)






37)

38)

39)


馬の背のように 狭いので気を付けてと ルーンさん。時折振り返り 後続を確認してくださいます。





40)





41)Tokiwaさん 写真ありがとうございます。

42)


夢中で下ってしまい、「あれ 写真写してないじゃん」Tokiwaさんが送ってくださいました。
難所がよくわかる うれしい一枚でした。


43)

44)

45)


ルーンさんレポによると 小槍 槍の間が平坦ですが 記憶無しです。
七種槍に向けて 再び楽しい岩場が続きました。



43)ルーンさんレポによると 小槍の様です。

44)では、こちらは槍でしょうか。

48)


お茶休憩のたびに、全員ストレッチでした。伸ばしたり 屈伸したり。
これがよかったのかしら、筋肉痛なしでした。


49)

50)

51)



52)縦走路と 槍Peakへの分岐点です。

53)(10:38)七種槍に 着きました。

54)縦走路に下り進みました。

槍では 展望はあまりありませんでした。
縦走路は Peakの足元にあります。Peakから 少し下り 縦走路へ。
道が錯綜していて これが 縦走路?という 頼りなさ ふみあと薄く感じましたが テープがありました。
大展望とは しばらく お別れと ルーンさんが説明してくださいました。


55)

56)初めて平らな所になりました。

57)430 Peak


しばらく 平坦な道でした。激のぼりに備えて 足を休めてください!とルーンさん。
七種山へは なにしろ 急登りだそうです。


58)鹿よけネット沿い ここまでは 歩きやすいです。

59)エスケープによい 小滝林道分岐でした。

60)小滝林道を過ぎると とても急でっす。


小滝林道を過ぎてから 徐々に 斜面が急になりました。落ち葉で滑りやすく ここは登る方が得策と感じました。
 足が上がらなくなり 何度も 休憩をいただきましたよ。


61)552Peak 休憩です。

62)急坂を写しましたが、??解らないねぇ。

63)七種薬師への分岐がありました。

激のぼりでした。登山者さんが おひとり下ってこられました。下る方が落ち葉で滑りやすく 大変そう。
なんども 休憩を取っていただきました。足筋が 酸欠らしく 動きません。休憩で復活です。

552Peakは ルーンさんが 鶴井城山から 七種山へと縦走された時に合流点だそうです。
表示もなく テープもなさそう 踏み跡も薄い尾根への入り口が 確認できました。




64)再びの展望です。

65)山頂直下の 「つなぎ岩」でした。

66)「シロバナロウゼンツツジ」が正解のようです。



67)木がオブジェになってました。

68)

69こちらは七種滝への下山道分岐。



70)(13:00)ついたーぁ〜〜! 山頂でーーす。)

71)ルーンさんのお勧め つなぎ岩へ。

72)ロープがあるので 安全に下れました。



73)50センチほど 離れている つなぎ岩です。

74)記念の一枚でした。

75)つなぎ岩からの展望です。


山頂に戻り 昼食でした。先行登山者さん お二人はコーヒータイムの様。
七種山は 初めてとか。そこへ3人の登山者さんが 到着。帰路を討議されてました。
ルーンさんから おいなりさんを いただきました。あまくて 美味しい〜♪



76)

77)

78)滝上部です。沢音が聞こえます。


そして 七種滝へと下りました。1時間ほどで滝に付きました。
下りも段差が多く 疲れた足に気合を入れて下りました。


79)七種神社です。お参りの方々がこられました。

80)七種滝は 水量少しでした。

81)大休止の後 林道を 野外センターに向けて進みました。


1時間の林道歩きでした。


82)作門寺山門です。おトイレがありました。
山門の向こう側にPKがありました。


83)小滝林道と合流!


84)もうすぐ 野外センターです。




85)(15:30)ついた―ぁー 野外センターです。

野外センターに付きました。
野外センターが 開いていて おトイレを借りました。
1.5Lの水分を飲み干したので、中の自販機でお茶を買いました。
朝はガラガラでしたが、テントが沢山立ち並んでました。
子どもたちの歓声を聞きながら、思い思いにストレッチでした。


帰路も順調に西明石に付きました。
次のオフ会を約束し 解散でした。
ほんとに 印象に残る山です。
沢山の思い出ができました。
ルーンさん 運転 リード ありがとうございました。
Tokiwaさん ありがとうございました。
ルーンさん Tokiwaさん ありがとうございました。
お世話になりました。
そして、そして 
山さ〜ん〜〜 ありがとう!



摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2017年山行記録