================ 滋賀県「武奈ケ岳(1214m)」================

2017/10/08 (曇りのち晴れ)




(武奈ケ岳までの地図)


山行時間=約7時間

情  報=おトイレは 坊村バス停前に イン谷口 登山道わきにありました。

歩行コース=
坊村(8:50)〜冬道 夏道分岐(10:10)〜御殿山(11:00)〜わさび峠(11:10)〜武奈ケ岳(11:50-12:25)〜イブルキノコパ尾根道〜 イブルキノコパ(13:10)〜八雲ケ原(13:25)〜北比良峠(14:02-11)〜ダケ道〜カモシカ台(14:50-55)〜大山口(15:28)〜バス停(15:50)

<水分1L,雨具に 上着は無用でしたが ザックの中でした。>
<比良は六甲に比べて 荒々しく 足元注意です。標識も少ないので注意です。>

山頂で びっくりポン「かおりさん」と出会いました。
そして かおりさんの お知り合いの「Kさん」にも。
御殿山コースでは 同志社大学に留学中の若い学生さんにも出会えて、
ステキな 出会いの 武奈ケ岳でしたっ!!



土日月と3連休です。武奈に行きたいと思い 家族に交渉。

「OK!」でした。ヤッター

武奈は2015年 ヨネちゃん しーちゃんと スゲ原を歩いて以来です。2年ぶり!!

坊村からは もしかして6年ぶりらしい。

wakuwaku-朝 4時にもう目が覚めました。(笑)大人の遠足でーーす。



1)(7:17)「阪急河原町」を降りて「京阪祇園四条」を目指します。

2)四条大橋

3)(7:23)四条大橋から見える 北山です。

阪急 十三で 京都線に乗り換えます。終点「河原町」を降りて、地上へ。

「京阪」の「祇園四条駅」へと歩きます。徒歩6,7分で 駅です。「出町柳行特急」に乗りました。

「出町柳駅」では 登山者の後をついて歩けば 無事バス停に着きます。

長蛇の列で 京都バスさんは 2台出されました。しかし 座れずでしたぁ、、。

バスの中から 駐車場に止まる 沢山の車が見えました。今日の武奈は盛況のようです。


4)(8:50)約1時間後坊村へ到着でした。


5)まずはおトイレへ そして地主神社を左へ曲がります。
その先赤い橋を渡れば 御殿山への登山口が待っています。


6)いよいよ山歩きです



おトイレ 屈伸後 シュッパーツ      すぐに汗が吹き出しました。


7)急登です。「初めてです。きゅうですなぁー」と登山者さん。

8)まっすぐ伸びた杉林 杉林が特徴的な御殿山コースです。

9)やがて 右横は自然林。

バスで 一緒だった 若い、International な若者達。 休憩中のところを 思い切って声をかけました。

すると 気さくに返事をしてくださった。若いっていいな! 同志社大学の留学生だそうで、頭いいんだなぁ、、。

21歳 24歳ととても若い。フランス人 ドイツ人 スペイン人 メキシコ人と とてもInternational!


10)苔むした岩がある個所 トリカブトの自生地です。

11)キレイに咲いていました。間に合ってよかった。

12)夏道へ。


Internationalなので 英語で会話をしているそうです。

夏道冬道の分岐を説明。メキシコの彼は 雪をまじかで見たことないそうで、冬が楽しみらしい。

冬もキレイから来てください。しかし アイゼンが要ります。「アイゼン??」あら 通じない、

あ、、金属でできていて、、靴にアタッチして、、「スパイクですね!」 「そうそう 正解 スパイクだ」


13)夏道の景色 いいですね。

14)ここでもトリカブトが。

15)沢山群生していました。


トリカブトを写していると 21歳のフランス人が「花が好きですね」と言ってくれた。

「すきです。これは トリカブトです。猛毒を持っていて 食べると死にます」と言うと びっくりしてくれました。


夏道冬道合流点では コースを協議中でした。英語の案内本を見せてくれたので、山と高原地図を見てもらって 説明しました。

 八淵に行きたいというので、登りは安全だけど 下りは危ないと言うと「なぜ?Why?」と尋ねます。

つたない英語でしどろもどろ説明、解ってくれました。

「どこが きれいですか?」 と聞くので わさび峠コースを 進めました。

「イン谷からどこへ出るのか?」 と尋ねるので 「バスで比良駅へか、歩いて40分で比良駅です。」
地図で比良駅を確認していました。「比良駅から京都までいくらですか?」と質問。「700〜600円です」と答えました。
バス時間のメモを取り出すと、「写真を写してもいいですか?」 尋ねるので 「いいですよ」と 答えました。

武奈では再び会いましたが どこを下ったかな?


この間 写真を写す余裕がなかったみたい。


16)初見のセンブリです。かわいい。

17)御殿山到着です。

18)御殿山からの武奈様


御殿山では 登山者多く 写真が写しにくかったです。

ああ あそこは未来形でしょう! しかし単語で通じるものだ と納得。

反省したり納得したりしながら 御殿山へでした。


19)打見山方面

20)

21)激下りのあと わさび峠です。




22)

23)





24)

25)

26)武奈様が 近づいてきましたー★ この景色大好きです。

27)

28)三脚を岩の上に置いて 自分撮りです。
これいいかな、と独り言 なんだか楽しい時間でした。


30)動画です。
うーん 山並みのブルーがたまらなくいい

29)眺めると 武奈さんがついに 三角錐になりました。










31)西南陵では「リンドウさん」、、

32)「センブリさん」にも出会えました。


「ここでは煙草を我慢する」と、 登山者さん、「空気がおいしいからですか?」と尋ねると、
山頂での一服が一番おいしいから 我慢!だそうです。 なるほどー


西南陵で 出会った お花さん。

33)アキノキリンソウ

34)ホツツジ

35)三つ子リンドウ





振り向けば、この景色でっす。★

37)

38)

39)岩場を超えるともうすぐだ!!



40)コヤマノ岳 イブルキノコパへの分岐の標識

41)後程「Kさん」と 解ります。

42)シャッターをお願いしました。





43)琵琶湖は雲の中でした。

44)今日は 「武奈山頂で関東煮を戴く」 作戦でした。

45)昼食終わりましあ。





46)new三脚で こんな事をしていますと、、

47)あらー びっくりポン かおりさん登場!

48)北陵を背に 写していただく!


「よう 来たなぁ〜 よう 来たなぁ〜」と何度も言っていただく。来れてよかったぁ〜★

さっそくかおりさん山座同定教室です。(^^)

ほんとに よくご存じだなぁーー!


(地図2です。)

49)しーちゃんによく似ておられる
Kさんを紹介してくださり、記念の一枚。


50)帰路は一緒に、分岐へ向かいました。



51)ここは、すぐ横の尾根を下りました。

52)

53)





54)鞍部に下り 武奈様を カシャー

55)コヤマノ岳を分けて イブルキノコパへ進む。

56)進路左手の美しい沢です。







57)かおりさんより。林がうつくしいです。

58)イブルキノコパ尾根道へ。

59)


スリップしやすいからと イブルキノコパ 尾根道を紹介してくださいました。
ところどころテープがありますが、踏み跡は少し薄いです。


60)着きました!イブルキノコパです。

61)
いい写真がないのですが、イブルキノコパから 八雲への道は とても素敵です。
しっとりとしていて 比良ならではです。






62)橋があぶなっかしく 沢へ降りて渡りました。

63)八雲が近くなりました。

64)





65)Kさんが 権現様をおしえてくださいました。

66)ザックを置いて さっそくウメバチソウ見学でした。

67)





68)100輪はあるでしょうね。

69)今日はまっすぐ進みました。

70)斜面は センブリの群生地でした。





71)

72)

73)北比良峠手前に展望地。テントが張られていました。


かおりさん 琵琶湖の ブルーがいいねぇ。こんな景色を見ることが出来て いいねぇーとおっしゃって、、


74)

75)武奈様は 雲の中でした。

76)(14:02-11)北比良峠です。こちらでも琵琶湖ブルーがいいねー





77)ダケ道へ シュッパーツ!

78)ダケ道をひたすら下り、

79)





80)(14:50-55)カモシカ台 おやつをいただきました。

81)

82)つきましたぁーー★


30分で大山口やな、バス停まで20分掛かるからと かおりさん。


83)(15:28)大山口

84)

85)





86)(15:50)出会い小屋前です。

87)比良駅にて。

かおりさんのリードで 絶妙の時間に到着でした。

16:00のバスに乗りました。
駅前でかおりさんとお別れでした。
kさんと 山談義。なかなかの山歴のようですよ。
すばらしいです。

堅田で 新快が来ました。Kさんはそのまま京都へ
私は新快へとお別れしました。
また 山で会いましょう!

新快では座れて 爆睡、気が付くと 新大阪でした。
素敵な出会いがあったぁな、、やっぱり武奈はいいなぁ。。
武奈さん ありがとう! 
また歩けますように!!


長らくお付き合い、いただき ありがとうございました。






摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2017年山行記録