================ 「神鉄鵯超駅→菊水山→鍋蓋山→市ケ原→新神戸」================

2018/03/10 (晴れ)


鵯超駅から登山口までが あっているか自信なしです。
山行時間=山歩き約6時間半時間

情  報=おトイレは鵯超駅に、菊水山舗装道路を下ったところに、市ケ原にありました。


歩行コース=

神鉄鵯超駅(10:05)→菊水山登山口(10:50)→菊水山(12:00-20)→
天王谷つり橋(13:15)→鍋蓋山(14:20-30)→大龍寺山門(15:10)→
市ケ原(15:40)→五本松堰堤(16:00)→布引雄滝(16:20)→新神戸駅(16:40)

分岐には 標識があり 安心です。
菊水山は丸太階段&プラ階段が多いです。
岩も多いので足元注意でした。
つり橋から鍋蓋山への登りも 足元悪く急です。
鍋蓋山頂を越すと下りのみ 市ケ原からは広く歩きやすい道になる。
前回のレポ






「菊水山は 丸太階段が多く 自分の息にあわせて歩く練習の山だよ」、と話すと 「行ってみたい」と言いました。

金曜日の夜 「バーバ ザックの用意をしたよ」と 水分 おもちゃなどを ザックに入れていました。

それでも よく気が変わるのですが、どうなかと 心配していると、土曜日 比較的早く起きることができて 出かけることになりました。


1)(9:30)王子公園駅にて

2)(10:05)鵯超駅 踏切を渡って 線路沿いに進む。

3)一枚写して――と孫。


三宮で特急に乗り換え、新開地で神鉄に乗り換え 鵯超駅で降りるよと説明しました。

以前のように 電車の中で はしゃいで 走り回ることはなくなりました。成長かなぁーー。

鵯超駅を降り 踏切を渡る。広場で トレランの 休憩ポイントが設置されていました。

お訊ねすると 有馬へ下るそうです。あらら それは お邪魔になるなぁ、、と思いつつ 線路に沿って進みました。


4)あっ 可愛い「スミレ」発見!! 1年ぶりねぇー★

5)道路に合流のよう

6)道路の合流でした。




7)トレランの大会が開かれていました。

8)どんどん 抜いて行かれます。

9)山麓バイパスの高架です。くぐります。


菊水登山口 まで 複雑な道ですが 標識完備です。


10)お不動様でした。「お参りする」と行きました。

11)ここは、右です。

12)菊水ベースに着いたが 営業してなかった。


前回 2014/04/03 菊水山を歩いた時には  菊水ベースで おうどんをいただきましたが、。


13)(10:50)菊水ベースの横、やっと登山口です。

14)旧菊水山駅跡かな。

15)石井ダムの前を通過。


ロープがあると両手でぶら下がって登るので 止めるように言いましたが、聞きませんでした。

そんなに 引っ張り上げないと だめなのかなぁ、、足が短いから ステップが高いのかな、、?


16)立ち休憩中

17)菊水ゴルフ場が右手に見えてきた。

18)プラ階段を登ります。


沢山 休憩をしながら 登りました。トレランの方々に どんどん抜いていただく。


19)展望所で カシャ―!

20)トレランの方に道を譲ります。

21)ガンバレー!


道が細い個所では お邪魔虫状態でした。すれ違うたびに トレランの方々から 励ましをいただきました。

ぼうや もうちょっとだよ、がんばってるね、すごいね、


22)(12:00)着いたよー 菊水山だよー。

23)こんなところで カップそばを食べてます。

24)展望台からの景色。


おお! 着いたよ、、菊水山だよ〜〜♪

ばんざーーい。


25)展望台の鉄塔。

26)にぎわっています。

27)では 鍋蓋へGO=!


「バーバー ここへ着くと 思ってなかった?」 と 尋ねます。「着くと思ってたよー!」

毎回そんなことを言っていますが、 うれしいことに、歩ける距離が だんだんと 伸びてきました。


28)ほらー!!

29)あそこ! 鍋蓋山が見えてるよ!

30)足元に 有馬街道が見えます。


運動して 背も伸びるといいなぁーー★


31)ついに!

32)天王谷つり橋でーす。

33)橋の上から 見える、有馬街道


どう? ここから登りだけど 鍋蓋までいって新神戸に行けますか?

「うんー★ 大丈夫★」「ほんとに?」「全然大丈夫ー★」よーし では前進。

ここで へばったから 家族が有馬街道まで 車で迎えに来てくれる手はずでした。


34)しかし登りはしんどかった。

35)「ほら 菊水から見えてた 鉄塔だよー★」「あっそう」

36)また 階段やん(><)ブーたれてます。






37)「ほら さっきあそこに居たんだよ!」「へぇーそうなん!」

38)

39)岩と 背比べ。



40)菊水の向こうに須磨の山が見えてきました。

41)穏やかになってきました。

42)





43)

44)白い鉄塔 孫が写しました。

45)わぁー さらに 景色が広がりました。





46)のびやかな景色です。

47)「影写して何するん?」「え、、? 仲良しそうでいいやん」

48)(14:20)おお 鍋蓋山 2座目ゲットでした。


地図タイムは 菊水ー鍋蓋間 1時間ですが 2時間かかりました。


49)鍋蓋からの良い景色を、、

50)ゆっくり眺め おやつ休憩。

51)七三峠分岐を分けて、


鍋蓋山では すずらん台から 車を大龍寺にとめて 散策にこられてた 三世代のご家族と 遊びました。

ここまでくれば もう一息。「アイスまで どれぐらい?」

「そうやね、大龍時まで三〇分 市ケ原まで二〇分 滝見茶屋まで二〇分 約一時間かな。」

「ええー! まだ そんなに掛かるん?」「アニメ 二本ぶん、すぐすぐ」と言うと納得。

彼の時間間隔は アニメでわかります。



52)ほぼ水平の道を進み、、、

54)大龍寺に着きました。


大龍寺 市ケ原の 写真をうっかり写さずでした。

ハーブ園の分岐あたりで 紳士に「あめちゃん」をいただく、「これで 頑張ってやー 要、頑張ったねー」


55)アケボノ茶屋前通過

56)五本松堰堤にて 記念撮影でーす。

57)五本松堰堤


五本松堰堤 下で ヨーロピーアン カップルが「Sumimasen」と 呼び止めるのでした「はい」と 答えると、

「A−Ha−buen?」と おっしゃるので「ウエッブ チェックしはった? 今日は営業してないよ」と言うと、

「A−Nihongo Wakarimasen! English please」でした。

「I think it is not rannning today.」「winter season closed.」「Oh! I see,]でした。

「残念ね」と言うと「Zannen」と 言われるので かなり日本語話されるのね。

しかし 彼女は タンクトップ姿でびっくりでした。






58)トレランの方々

59)

60)見晴展望台 つきました。お茶休憩。


励ましたり 急に立ち止まり休憩多々、石けりにつきあったり、手を引っ張ったり で 私も自分のペースが作れず、疲れてまいりました。


61)展望台にて 疲れたねぇー♪

62)雄滝

63)雌滝


滝見茶屋では アイスボックスは 空っぽでした。そりゃ 寒いからね、、。

新神戸駅で帰るよ えぇーーがっくり、、と言いながら新神戸まで歩きました。

駅の茶店で アイスと思いましたが 彼は 早い方がいいと コンビニで 買いパクつきました。


64)いさご橋前に到着でーーす。

65)新神戸駅で お約束のアイスでした。

66)家族が迎えに来てくれることになり 待ちました。


「ととにメールして 迎えに来てもらってーー」と孫。疲れたようです。

私なら来ないでしょうが 孫なので 車で迎え来てくれました。それも意外に早く!!

「えらかったな、、−−」と 息子。「立派に歩いたよー」「トレランの人にいっぱい誉めてもらったよ」

「へぇーー 照れるやんなぁ――」「うん」と まんざらでもない様でした。ありがとうございました。

何かを掴んでくれるとうれしいな ですが 月曜日の朝は なかなか起きず、ぐずぐず虫がいっぱいわいて 遅刻でした。

う、、、ん 手ごわいやつですわ。 山さん〜〜元気をありがとうです。


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2018年山行記録