山行時間=山歩き 約6時間

情  報=おトイレは山頂部に、ロープウエー乗り場にありました。

歩行コース=

近鉄湯の山温泉(8:48)〜
中道登山口(タクシー移動)(9:10)〜
お負れ岩(9:45)〜
地蔵岩(10:05)〜
キレット(10:15)〜
富士見岩(11:15)〜
裏道分岐点(11:28)〜
御在所岳山頂(11:45-12:15)〜
裏道分岐点(12:40)〜
国見峠(12:55)〜
藤内小屋(14:15)〜
砂防ダム?(14:40)〜
スカイライン(14:50)〜
ロープウエー乗り場(15:05)〜
三交湯の山温泉バス停(15:20)〜




全体に 岩々しています。鎖、ロープ 梯子多々あります。足元注意でした。
裏道は 下山時 岩に●印を読み違え 沢に降りそうになりました。
印をよく確認して歩きました。


何度も机上登山した「御在所岳」に 意を決していくことにしました。
わ〜〜〜いい! 御在所行けるぞーーーwakuwaku-

Mission 1 =ネットワークプリントに 行程表 ウオッチーズ地図を飛ばして コンビニでプリントアウト!
Mission 2 =近鉄 週末乗り放題割引切符(@4100)を 三宮近畿ツーリストで購入。(当日購入は出来ません)
       3時過ぎバイクで三宮へ向かいました。
Mission 3 =湯の山温泉HPで 知った地元タクシー 尾高さんに電話予約。OK!!
Mission 4 =目覚ましを 4時にセット 入眠剤(お酒)を飲んで 就寝でした。

4月28日 4時に起きれた! Yoshi--! では用意っ!! 「阪神電車」5時始発に乗れた。 登山は始まりました。
節約コースで 無事「四日市駅」に到着、 「湯の山線」に乗り換えです。
30分ほどで、近鉄「湯の山温泉駅」に着きました。

「あれが?御在所?」と眺める暇もなく ちゃんと お迎えに来てくださった 「尾高タクシー」に乗り込むことに。ありがたいです。
車中 出会った ハイキング姿のお二人に、再度声をかけ、同乗してくださることに。
料金 割り勘です。
お二人を ロープウエーへお送りし 私目を、中道登山口へと送っていただきました。(@2000)



1)阪神難波線で大阪難波より 
津まで 特急に乗りました。



2)急行で津から四日市へ。
湯の山温泉へ乗り換え。


3)(9:10)予約したタクシーさんに
中登山道まで送っていただく。
thank youでした。


4)ここが起点?中登山道。


この先 ゲートがあるそうで、ここで下していただく、階段を上り進むとガードレールが見えた。

道路に出ると、ネットで見た 中登山道の看板が見えた!


5)標識があり進むと ドライブウエーに合流

6)ドライブウエー向うの中道標識。

7)いきなり梯子でした。


ドライブウエーの脇の登山口には 多くの登山者が 集っておられました。

私は歩くのが遅いから お先に、失礼と 進んでいきました。


8)急だったり、

9)せまーく掘れていたり。

10)あっ 御在所ピークが見えてきた!!

11)今年初のイワカガミでした。

もろい、花崗岩の 掘れた道を進みました。花崗岩を掴むと 簡単にはがれてしまいます。

名古屋の方 「来るたびに 流れて 斜面が急になってる気がする、」と 話してくださいました。




12)

13)

14)裏道への分岐道がありました。

15)あらっ 見上げる登山者さん。展望があるのだな。


登山口から たった18分で 大展望が開けてきたよっ!


16)山頂の方を眺めて、あそこに登るのだっ!!

17)麓の方を眺めてみた。

18)急な岩の斜面が出てきました。




だんだんと 岩っぽくなってきた。


19)枝で、、支えられた大岩の横を通過して、、と

20)うん? もしかして、

21)あっ4合目




22)やっぱり、、「お負れ岩」でしたー!!

23)大きくて カメラに収まりません。 

24)ちょっと離れた 背後から。


周りには 沢山の登山者が お負れ岩を 見学中でした。

ネットでは何度も見ましたが 実際に見ると 感激でーーす。


25)御在所山頂も 美しく見えた。いいなぁ!

26)ますます 岩っぽくなってきた〜♪

27)そして四日市の街の遠望でっす。。









28)おもしろいわで 思わずカシャーでした。

29)奇岩が続きますね。

30)



31)そして 5合目でした。

32)御在所に

33)手に取るように見える鎌ケ岳です。


御在所のてっぺんが、だいぶ近くなってきたぞ!

34)

35)

36)集う登山者。





37)こんなところに登ってはります。

38)すごいな、、。手前のお兄さんは「パス」でした。

39)あーっ 見えた、地蔵岩だっ!

40)振り返ると 地蔵岩でした。
眺めると不思議な気分。いつこの形になったのでしょうか?
しばし 眺めてしまいました。ほんとに不思議?
  落ちない!と受験生に人気とか。










41)山頂近くのアカヤシオがうつ-くし-いde-su!

42)一登りすると、

43) 6合目の標識に「キレット」とあります。





44)おおぉぉー! 噂のキレット近し★

45)いよいよ近くなった 御在所の展望があり、、










46)岩と 鎌ケ岳があり、

47)かっこいいお兄さんが 岩を下って行かれます。

48)(10:15)キレットでした!! 年季の入ったご夫妻が 停留されてた。


1時間かけております―と 奥様。かっこいいお兄さんが 「鎖を信じないで」とクールに一言。

奥様が 怖がりサンとかで、 ご主人のアシストで 一足一足下られました。よかった。


49)ご主人様が アシスト中。下から写すと キレットは こんな感じ。

50)少し離れて 上部を写す。

51)下り終えました。


U-チューブで見た 楽しみにしていた 「キレット」を通過しました。

 3点支持で 安全に下れます。

出発から 1時間ちょっとと 予定より早く来れて よかった〜♪


52)

53)キレット遠望でーす。

54)そして梯子でした。





55)今年初見の ショウジョウバカマと パチリ。

56)7合目。990mと、六甲より高くなったねぇー♪

57)7合目からの展望。







58)おもしろい 岩をズームで。

59)「アカヤシオ」が真近で咲きだしたっ!

60)登山道 登山者を入れてが難しい。





61)まだまだ続く岩場です。)

62)登る――。

63)ほんとに あなたは美しいよ。





64)、

65)8合目で 一休みでした。

66)1111Mと ゴロがいいです。


いいタイミングで 標識と 展望と 休憩場所がある感じです。(^^)


67)アカヤシオと街を入れて、っと。

68)岩の向こうに登山者が見えて、

69)岩を超えると 断崖絶壁岩でした。


おお! これは知らなかった。リサーチ不足です。気をつけて 楽しく回り込み 鎖を掴んだよ。


70)岩棚を回り込み 下る。キレットより スリリングかも!!

71)岩を回り込む 登山者さん。

72)近くに咲いていた アカヤシオをアップで。


ほんとに 変化に富む登山道でーす。飽きる暇がありませんです。 はいっ!



73)ハルリンドウが 可愛い!!

74)あら、斜面におもしろい岩が!

75)岩をズームで GET!


しゃがんで ハルリンドウを写す。春先立ち上がると 立ちくらみが、、、でしたが、

最近は順調です。安心して立ちあがり 大丈夫です。

若い御嬢さん、可愛い花ですね、、と 言いながら 通過されました。

そう、御在所岳は 若者がおおおいですねぇ!


76)山頂がちかずいて来ました。、

77)

78)色が濃くて パチリ。





79)ここにも 可愛いショウジョウバカマでした。

80)滑りそうな斜面には ロープがありました。、

81)その前は アカヤシオと 絶景です。いいなぁー! 素敵だ。





81)お先に斜面を登りました。

82)

83)ネットで見た梯子を上ると、





84)、

85)イノシシを踏んでいる同祖神?があり 

86)(11:15)富士見岩です。


富士見岩にも 沢山の登山者が 展望を楽しんでいました。

私も参加、ながめますが、、かすかな頂きは 何山だろうか、、?

眼下のおもしろい岩を写してみた。「大黒岩」とか。


87)う、、、、ん 写ってない。

88)「大黒岩」でした。

89)





90)山頂 近くなったぞ!

91)分岐は右へ進みました。
「お負け岩」 「キレット」 「8合目の断崖ぜっぺき岩」、、

滑りやすい斜面前の絶景と

中登山道を堪能した後、

「富士見岩」で 「大黒岩」を眺めて仕上げです。

富士やまは見みえているのやら、、です

いいなぁ 「御在所」やっと 来れたよ。

予定時間より 早く登れ安心しました。
長くなったので 後半は御在所(2)に託します。
ここまで お付き合いいただきまして、ありがとうございます。






摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2018年山行記録