==============「摩耶山」上野道…掬星台…天狗道…新神戸==============
2021/05/23






山行時間=山歩き約5時間 街歩き1時間 (休憩含む) 

情  報=おトイレは掬星台に 市ケ原に 見晴らし展望台 新神戸ありました。
ルート=上野道(5:10)…B展望台(5:20-42)虹の駅(6:20)…旧天上寺跡(6:50)…掬星台(7:10-25)…天狗道起点(7:35)…学校林道(8:15)…市ケ原(9:12)…五本松堰堤(9:35)…新神戸駅(10:05)…徒歩で帰宅

特に危ない箇所はありませんが 天狗道下りでは スリップ注意です。




20日ぶりの 山歩きです。事情があって ストレスマックス―――!
一昨日 ワクチン接種した主人の様子を見ていましたが、どうもOKそう。
「ねえ、ねぇ、日曜日 山行きたい、行っていい、」「うん べつにいいよ」
と、言う訳で 上野道往復にしようとっ!

4時起床 上野道登山口に5時10分着でした。
ヘッデンを用意しましたが もうすでに 明るー―いです。(⌒∇⌒)


1)ビューライン前

2)左へ曲がります。

3)

ビューライン前を 西へと進み 次の角を 左 南へくだり、ガレージにそって、右へと曲がる。



4)右へ曲がると「上野道登山口」

5)標識アップ。

6)

次の角には 標識があります。標識を右へ曲がり 突き当りが 上野道登山口でっす。



7)右に登れば、B展望台でーす。

8)朝日が昇ってましたー。(⌒∇⌒)

9)もやってて、きれいです。
前日の雨で 枝が登山道に流されてきてます。横へ押しやりながら、歩いていきました。


10分ほどで B展望台です。さて モーニングだ。あらら、、朝日が昇ってしまいました。



10)パン おにぎり、コーヒーです。

11)

12)朝日にカンパーイ

朝日に照らされながら、、さあ モーニングでーす。
霧で もやってて 良く見えませんが、なかなか神々しい景色です。
やっぱり 早起きは 三文のとくやな!



13)摩耶山にも カンパーイ。

14)

15)13丁石でも休憩だ。

20日振の登山は 老体の足が 衰えたのがよく分かります。
せめて2週間に一度は歩かないとね 維持できないですね。


16)次の展望箇所です。

17)空の色がきれいー☆

18)





19)青谷道東尾根を眺め休憩。

20)

21)

散歩もままならぬ 20日間でしたので  上野道 まんきつでーす。



22)虹の駅まえから、、

23)ロープウエー駅。

24)摩耶花壇

登るほどに ガスが濃くなるのか 展望はどんどん 見にくくなりました。
虹の駅から 摩耶花壇となり、水平道を 階段地獄へと進みます。


25)お地蔵さん前も展望だめでした。

26)

27)青谷道合流点。

やっぱり 山はええなぁーー、と ごちながら ベンチで休憩でした。



28)山門をくぐり、、

29)ふとみると石垣にしがみつくモミジ

30)追い抜いていただきました。

ふと見ると 石垣にしがみつくモミジに 気が付きました。
グーンと伸びた根は 地面に届いてる。
すごいな、、頑張ってるな、、ごめんね今まで気が付かず、、。すんません。


早朝ですが 追い抜いて行かれる トレランの方や お若いハイカーさんなど
おられます。さすが日曜日 そして コロナ禍の アウトドアブームです。


31)旧天上寺跡。

32)親子杉をくぐって、、10分で、

33)歩きにくい石階段が終わると掬星台です。
(7時10分)掬星台トウチャコーでーす。所要2時間でした。



34)ハコネウツギ

35)あっ ヒトツバタゴの木に花が。

36)以前のような満開ではありませんが、

掬星台花めぐりをしていると ヒトツバタゴの木が 花をつけていました。
清楚な白い花です。以前のような満開ではありませんが。出会えてラッキー♪


37)展望は な、、んも見えない。ミルク色。

38)

39)サラサドウダンでいいかな。

掬星台で 花めぐり ゴミ拾いをして 、早いし 天狗道を下ろう。
新神戸界隈が気になりますが すれ違う時 息を止めて 通過しようと 下ることにしました。




40)天狗道へと山上道路を西へ進む。

41)

42)

天狗道へと進んでいると 「ギューン」と車の音にびっくりです。
大体 天上寺前の駐車場より 進入禁止ですよ。天狗道方面へふかして どこへ行くのよ。
すぐに登山道ダニ、、私の前を走りすぎ  すぐに電波塔の前で急ブレーキ、停車。ほんまにもう、、うるさいし、、。

Br>

43)アドベンチャールート分岐。

44)

45)

岩々を 気を付けながら 下っていきます。登ってくるハイカーさんに 、、、20人はであったような。
早朝だから みなさん 宝塚でしょうか??




46)気を付けて!

47)チラリ 街の展望。

48)結構な岩場です。

雨がまだ乾いてないので 注意して岩場を下りました。
さすがはメインルートです。市ケ原から登ってこられた ハイカーさん達と 何度もすれ違った。


49)

50)岩屋尾根合流点近く。

51)(8:15)学校林道。

神戸市さん 学校林道に ベンチをお願いします。少し広く ハイカーの 休憩場所なのです。



52)

53)

54)地蔵谷の向こうに黒岩尾根。

比較的細い山道が うねうねと続きます。前半は 岩が多いです。
学校林道をすぎると 「稲妻坂」と呼ばれる急坂になります。
生田川の 川音が聞こえてくると 20クロスからの道と合流が近いです。



55)ベンチで お茶休憩でした。

56)

57)





58)20クロスからの道と合流だ!

59)これは高尾山。

60)

市ケ原へ向けて すすみます。はや、すれ違う登山者が多くなってきました。



61)(9:12)市ケ原へ下ってみた。

62)

63)

市ケ原は まだはやいのか、3テントが 張られていました。
掬星台から 1時間47分でした。


64)

65)貯水池がきれいになった。

66)

大雨だったのね。貯水池が 満水になってた。この冬雨が少なく 水がすくなーーーくなってましたが。
自然の威力は すさまじいですねー。


67)わぁ 満水だわ。

68)わぁ 水が越して流れてる。

69)五本松堰堤で 祈念写真。





70)

71)「隠れた滝」が威勢がいいです。

72)





73)

74)テイカカズラ

75)見晴らし展望台 スルー。

団体さん ご家族連れ ご夫妻 アベックさんなど 通り過ぎる事が多々の、新神戸へでした。
このご時世に なぜに そんなに団体さんなの?と思ってしまうのは  いけないかな。?


76)工事中トイレ。

77)

78)いさご橋

雄滝へは寄らず、直進して いさご橋へ 向かいました。



79)新築トイレ前 通過。

80)(10:05)ローカルな新神戸駅前

81)「あじさい」が 見送ってくれた。

市バスに乗れば 5分ですが 乗りたくないので 自宅まで トホホと徒歩で40分ほどです。28000歩でした。

山を歩くと 「すっきり―」でした。山さん 今日もありがとうさんでした。


======出会った お花さんをご紹介します。======


「草イチゴの実」

「スイカズラ」

「ハルジオン」

まだ咲いていた「モチツツジ」

「コアジサイ」



「サクランボ」

「ハコネウツギ」

「ハコネウツギ」

「ヒトツバタゴ」


 

「モチツツジ」

「満天星つつじ」

「ナルコユリ」でした。



「ツクバネウツギ」

長々お付き合い、ありがとうございました。(⌒∇⌒)


摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2021年山行記録