=============「須磨アルプス~高取山」=============






山行時間=山歩き 約7時間20分 (休憩含む) 

情  報=おトイレは須磨浦公園駅に 須磨浦公園に おらが茶屋に 高取山縦走路分岐にありました。
ルート=山陽 須磨浦公園駅(8:10)…旗振山(8:52)…鉄拐山(9:17)…おらが茶屋(9:50)…栂尾山(10:40)…須磨アルプス馬の背(11:30)…東山(11:50-12:05)…妙法寺(12:35)…高取山分岐(12:55)…高取山荒熊神社(14:07)…高取神社(14:20)… 長田小学校近くへ下山(15:20)…バスで神戸駅(16:00)

全体に 階段 丸太階段多い。須磨アルプスではザレているので スリップ つまずき注意。




高校時代の友人から 山歩きのリクエスト。前回は一年前だったかな。 雨で流れました。
彼女がスマホデビューしたので 連絡が取りやすく 再度リクエストがありました。
「ねぇねぇ おすみさん 須磨アルプス連れてって、って私行けるかなー?」
旧姓の ニックネームで 呼ぶのは彼女ぐらい。(⌒∇⌒)
「大丈夫かな?歩けるかな?」彼女は足は強いほうなので 「ゆっくり歩けば 大丈夫だよー。」

9月5日は当初 雨でしたが 晴れになった!バンザーイ! 
山陽「須磨浦公園駅」で8時に待ち合わせでした。


1)山陽「須磨浦公園駅」で待ち合わせ

海釣り公園です。

おトイレでUターン。

「よーっ、2年ぶり」「コロナで 逢われへんね。元気そうでよかったっ!」

山と高原地図のコピーを渡して 行程の説明。
4時間ほどのコースですが 休憩を入れて、5時間6時間かけて歩きましょう。
「では 体操をして 出発しよう」「えつ! なに 体操するのん?」とご主人。
「はいっ! 体をほぐして 怪我無いように」。

足首 手首 まわして、、、首も回して、、膝をぐりぐり、、アキレス伸ばす、、
ご主人様は 6つ上。今時のとしよりは 元気だわ。彼は 仕事もしておられます。

では いこつかぁー、、、。

近況報告しながらの 山歩きとなりました。




4)売店前は左へ。

ここは右折 標柱あり!

海が見えます。

ともかく 階段に整備された道を ひたすら上ります。
ところどころ 須磨の海の展望があるのがうれしいです。



7)展望所は展望なしに、、

ロープウエー乗り場。

旗振山への縦走路を選択。

展望広場は木々が伸びて 展望がみにくい、、、。残念。
鉢伏山山頂には向かわず、旗振山へとまっすぐ進んだ。


10)旗振茶屋が見えてきた=!!

(8:42)変わらぬ絶景です。

須磨の海。いつでも何度見てもいい景色。
旗振茶屋前では いつも ハイカーが休憩してはりますね。
ほんとに いい景色です。

お二人も 景色に感動してくれました。(⌒∇⌒)
階段も 脚力問題なし。山と高原地図上では 所要30分。休憩入れて42分で登れた まずまずです。よかった。


13)旗振茶屋 閉じてました。

西側の景色。



ここはどこ? 地図を指さすと「えーつ まだここなんだー!!」
ここから 鉄拐山までは なだらかやから 大丈夫
ウバメガシが群生する 中を進んでいきます。両サイドに チラチラ展望が見えます。

16)(9:17)鉄拐山トウチャコー。

奥須磨の景色。







19)舗装階段になると おらが茶屋が近い。

おらが茶屋でWCお借りしました。

高倉山の標石





22)街へと下りまーす。





まっすぐに進めば 栂尾山への登山口 200段階段に到着できます。
道路をまたぐ橋を何度か通過。


25)

目の前が栂尾山かな

200段階段! 手ごわいでっす。

最後栂尾山嶺に突き当たる。
山裾につけられた道を 北へ 左へ進むと やがて200段階段にトウチャコ


28)

ひやーーーつ!

登って行くと 淡路島も 見えてきた。

登っては 踊り場で休憩 登る、休憩、登る、休憩です。
振り向き 景色を眺める。だんだん自分が高い位置に、なっていきます。
先ほど歩いた 旗振りが おら あそこに見える!「いいなぁ」



31)岩場もあります!(o^―^o)



展望台から眺めてみた!

栂尾山頂 展望台に 先客がおられ 写真は無し。
展望台を登ってみた。


34)





アップダウン 尾根を回避するわき道など 小さな難所を超えて、進む。



37)明石大橋が再び見えた。

そして 横尾山頂だっ!







40)

これが現れたら いよいよクライマックス。



「このコースは風化がはげしく、、」の標識が出ました。「いよいよ 須磨アルプスですよー」
「やっと 着きましたか!」おおー!これはすごいわー。とご主人。
初めて歩いた時 私もそうだったな、、と思いながら 歩きました。



43)

44)激くだり!

45)あそこをくだったんやねー! と友達。

「わあー あの岩のとこ 登ってはるけど、、私登れるかなー?」
「大丈夫、大丈夫、手がかり 足がかりがあるから 大丈夫よ。」
「ほんとー! 大丈夫かなー?」




46)離宮公園への道は ロープで閉鎖されてますね。

47)岩を超えて、、。

馬の背ですーー。
おそいな、戻ると 御主人のアシストで岩を登ってた。
「怖かったー」「がんばったーー!!」と 友人もトウチャコ 
しばし 立ち止まり 馬の背からの景観を楽しみました。
他のハイカーさんも 景色を楽しんで張ります。

「須磨アルプスって 意外と短いね」と 御主人。




49)細い所は、友人にストックを渡し、歩いてもらいました。

50)

51)

馬の背を過ぎ 最後の登りを エッチラ こっちら 東山到着でした。
しばし ランチ休憩でした。


52)(11:50-12:05)

東山からの 南の展望。

祖父母と小学生のパーテイー。

アベックさんが ベンチを譲ってくださった。
「ありがとう。板宿へと下るのね。」「えつ 私たち 妙法寺へ。」
「あっ それでは あっちの縦走路とある標識を進んでください。」
「わぁ ありがとう。また間違えたー」でした。お役に立ててよかった!



55)







孫におやつをいただいて、妙法寺へ下りました。



59)





妙法寺です。

私は 高取山へ 足を伸ばすね、、と 妙法寺駅前でお別れでした。
「次は 青谷道 お願いします。」でした。「では上野道登り 青谷道へ下り 静香園でおちゃしましょうか」


63)直進。

交差点に標識があります。





標識に従い 阪神高速神戸山手線を超えて トンネルと進んでいくと  妙法寺です。
お寺は 少々荒れた感じ。さらに進むと 交差点。石柱があります。ここは直進。標識があります。


67)







標識に従い進むと 畑沿いになり やがて 高取山山麓に取り付けます。
九の字の山道を 約一時間で荒熊神社トウチャコ。お参りして 高取神社へと進む。


71)







高取神社にトウチャコ 石段を登り まずはお参り。
振り返り 紅い鳥居さんとの絶景を堪能


75)(14:25)これが いい眺めよね。

右手に須磨の山がチラリ。



加藤文太郎さんの 単独行の 始まりに出てくる  高取山です。
須磨アルプスに来たので この景色が見たくて 寄ってみました。
しかし 暑くなり 8月あまり歩けてなくて 足も疲ればてました。



78)



縦走路分岐です。おトイレ拝借。

センニンソウ





82)お店は閉まってました。



摩耶山が見えた。

(15:13)ついたー道路に到着!

下りは 長く感じましたが 1時間弱だったのね。最後の傾斜の道に 住宅があるあたりから、ながかった、、。



78)長田神社に下りたいけど、、

(15:23)バス停発見!

(16:00)神戸駅

(16:20)ただいま 摩耶駅からの摩耶山

えーっと 長田神社にくだりたいけど、、、あれバス停が あら神戸駅行だ。飛び乗りました。
もう 帰ったも同然。人を避けながら 立ったり座ったりで 摩耶駅へ戻りました。



帰路はやはり 乗り物は ちょっと混みますね。
なるべく人がいないところに 立ち 座り している間に 摩耶駅でした。
友人と久しぶりに会うのが 何と山歩きでびっくりでした。
この年で 山歩きに目覚めたのね! (o^―^o)ニコ
彼女は 早く結婚したので ご主人が出張の時 泊まりに行ったり、
赤ちゃんのおむつを替えたりしましたね~。

気を使わなくていいです。また 歩こうね。
連絡まってるよー。山さん 今日もありがとうさんでした。

摩耶山さん歩  ほがらか掲示板  2021年山行記録