==========「六甲最高峰」住吉道…雨ケ峠…七曲り…六甲最高峰 往復==========


(ヤマジノホトトギスさんに 沢山 たくさん出会いました。(⌒∇⌒)

山行時間=歩き約7時間  

情  報=おトイレは 一軒茶屋付近に 住吉川公園にありました。
ルート=住吉山手(8:55)…五助堰堤(9:22)…池(9:25)…右岸道分岐(9:32)…雨ケ峠分岐(10:32)… 雨ケ峠(10:53)…ドビワリ(11:10)…七曲り…一軒茶屋(12:08)…最高峰(12:30-13:25) …ドビワリ(14:11)…雨ケ峠(14:37)…黒五谷分岐(14:59)…住吉道合流(15:23)…池(15:30)…住吉山手(16:04)

アクセス=JR住吉駅の南、商業施設「きらら」の南から 「くるくるばす」が出ています。
住吉台の登山口 近くの「エクセル東」終点で下車。@210 所要10分ほど。みなと観光バス

住吉道は 道幅狭く 削れている箇所がありました。ふみ抜き注意です。








★「ヤマジノホトトギスさん」が、沢山 待っていてくれました。 HAPPY--(^^♪


1)一株に30程咲いていました。









5)



ツルリンドウ発見★

あら「ママコナ」


孫たちは「フレストアドベンチャー 神戸六甲グリニア」にお出かけ。
主人は 明石へ釣りに、では 私は山に行こう。思案して久しぶりの六甲へ行こう。
準備に時間がかかり 8時半やっと 出発。

9)(8:55)登山口到着。

10)へぇー!落石注意なのね。

「ミゾソバ」

いつもお世話になる 登山口前 隅っこにバイクを とめさせていただく。
登山口にむかって、「深呼吸」なにやら wakuwaku です。(⌒∇⌒)
登山口がうすピンク色に染まってる 眺めると「ミゾソバ」でした。
可愛いちいさな 花ですね。


12)「ミゾソバ」の群生。

御影駅方面の分岐。

「アレチノヌスビトハギ」

五助堰堤への道は「アレチのヌスビトハギ」のピンクと「キンミズヒキ」の黄色で、
コントラストが とてもきれいで、楽しいでした。


15)石切道 打越山分岐

ゲンノショウコ

堰堤超え

ゲンノショウコは春の花かと思ってました。6月ー10月に咲くそうです。

堰堤付近の 崩落かとおもいましたが、形跡なく わかりませんでした。
ここは 狭く 避けようがないので 斜面をながめ 安全を確認して通過でした。


18)堰堤内の桟橋 すきだなー桟橋。

橋を渡ると、池です。

我が家では「五助の池」と呼んでる。

杉の中を進むと すぐに右岸道分岐、
落石のため今は閉鎖となっています 上部に分岐があります。
黒五谷道を分けて進むと、やがて丸太階段の急な登りになります。
登りきると ご褒美の景色。 西おたふく山が 谷の向こうに どーんと座っています。


21)右岸道分岐

黒五谷道は分けて進む。

やがて 丸太階段になる。

やがて 丸太階段の急登りになります。
休憩したいなと思う頃 水平道になり 西おたふく山の 雄姿が谷の向こうに見えます。
この景色 大好きです。

24)どーんと谷向こうに 「西おたふく山」が見える。

穏やかに下ると「大平岩分岐」

次に登り

 大平岩分岐。沢にある 丸太橋を渡り 対岸の斜面を登ると
西おたふくへの道 西滝が谷への道があります。


27)次に激下り、

オトギリソウ

ヤマトウバナ

「ヤマトウバナ」「イヌトウバナ」「トウバナ」とあるそうです。」



30)登山道は沢沿いになります。

西おたふく 右岸道 分岐です。

すると ヤマジノさんに遭遇!




「か」

「ん」

「げ」

「き」

「!」


大きな株が二つ、たくさん 花をつけていました。まだつぼみもあります。
こんな 大きな株は 初めて見ました。もう9月ですが 今年は遅いのでしょうか?
「か」「ん」「げ」「き」「!」です。


38)

暗くていつもぼけます。汗

小さい谷を渡りトラバース。




41)L字に曲がる。



細い道です。



トラバースして 住吉川の沢音が聞こえる 道になりました。
冬かと思いますが、対岸の 右岸道を歩く、登山者を確認したことがあります。
沢音が高く聞こえ 対岸が見えて いい景色の箇所です。

おお^^!! やまじのさんじゃん★(⌒∇⌒)

45)









でっかい木の 迎えに、、またまた、ヤマジノさんの 群生がありました。happy---happy--💛


50)雨ケ峠分岐を右へ。

ヒラタケ?

わかりませんです??

テングタケ?ガンタケ?


雨ケ峠への道で、以前「キッコウハグマ」を 見つけました。
寄ってみましたが、季節が違ったのかな ハグマはなくて、いろいろなキノコがいました。


56)(10:53)雨ケ峠

かっちょいい 「木」です。

六甲名物 飛び石

住吉道と合流

雨ケ峠の ベンチがなくなってました。先客がおられたので 標柱のみ激写でした。

上り下り、とっとと ドビワリへ、七曲りを えっちらおっちら登れば 「一軒茶屋」だ。


61)

右岸道分岐点。

左本庄橋へ進んだ。

本庄橋

本庄橋では 先客多く 看板をかろうじて 写せました。



65)





広くなったらドビワリ近し



69)七曲へと沢を渡ります。

ゲンノショウコ








七曲りを 約1時間かかりました。懸命にあるいてしまい、写真を忘れてました。 笑


74)

ツルリンドウ

ママコナ



路肩崩落 う回路へ着いた。



79)もうすぐだー!!

ついたーーー!!

(12:08)一軒茶屋についたーー(⌒∇⌒)



82)なにやら自転車談義?

最高峰への途中の展望。

高校生の部活かな?



83)ついたよー六甲最高峰!

(12:30)931Mにタッチ!

「ヤッホー摩耶山」



85)









ランチの場所を探してると なんと 東屋が空いていた。lucky
やはり 日頃の行いを 素敵にしておくといいことあるね!★!★
お湯をわかして カップそば、メステインで 半合炊きました。
山のご飯は おいしいでーーす。

90)






さて下ろう。13:30だから150分かかるとして 16:00だ。
晩御飯の用意をしてないのが 気になってきた。(><)
くだろう。


93)

ゴルフ場の柵。

右、黒五谷へと進む。


雨ケ峠へと進み ゴルフ場の先を右 黒五谷へと進みました。


96)黒五谷の展望地のベンチ



ただいま! 愛車★


登山口に16:00過ぎにつけました。途中 大叔父のお墓に参り、帰宅16:30でした。
主人がめずらしく「キス」を釣ったので 天ぷらに
あとは スーパーへバイクを走らせ お蕎麦+いなり、を買いました。
やれやれ 孫たちも帰宅 グリニアでの 活躍を聞きながらの 夕食となりました。
はぁーーー! こころ すっきりです。

山さん 今日も ありがとう!! 感謝 感謝でした。


摩耶山さん歩  新掲示板  2022年山行記録