==========摩耶山「天上寺 アサギマダラ飛来」==========




山行時間=歩き約4時間 山頂部3時間 

情  報=おトイレは 掬星台にありました。
ルート=自宅…神戸高校前(7:05)…上野道(7:22)…B展望台(7:26)…13丁石(7:39)…虹の駅(8:14)
…摩耶花壇(8:20)…天上寺跡(8:48)…掬星台(138回目 9:07-10:35)…天上寺(10:50-11:25)…
摩耶自然園(11:33-44)…掬星台(12:00)…上野道(12:05)…青谷道分岐(12:27)…行場(13:00)…水場(13:05)
…静香園(休憩)(13:20-13:55)…登山口(14:09)…自宅


特に注意する箇所はありません。

家族と土日の計画を調整。なんと 土曜日にやまへいけることになりました。
権兵衛さん情報の「天上寺にアサギマダラが飛来」をいただき、見に行くことにしました。
先週は「笠置キャンプ」だったので 遠出はヒンシュクかと、気を使い 近場に、、(⌒∇⌒)




1)神戸高校登山口

神戸高校

観音さんが立っておられます。

138回目の摩耶山登山です。なんとなーーく 神戸高校側登山口へいっちゃった
相変わらず 柵が設置されてますが 通れます。


4)数年前の台風被害から土嚢がつまれたまま

堰堤の階段。



土嚢が積まれた箇所は 青谷道第二尾根道の 分岐です。

7)左は「青谷道第三尾根道」へ、右に進む。

上野道合流です。

B展望台でカシャー☆



10)B展望台、ぼやーとガスってます。

かっこいい木です。



早朝登山の方が 結構下ってこられます。
日の出はどうだったかな?

13)十三丁石でENAGY 休憩! 

鉄塔がある展望箇所。

15)





16)

虹の駅だよ。

ここの展望もガスってます。

キャンプ場受付の廃屋を過ぎて、水平道、 そして虹の駅です。



19)摩耶花壇です。

柵ができましたね。

お地蔵さん前 赤い船をズームで、、





22)青谷道合流点。

山門。いよいよ石階段だっ!!

いつも思うけど、ながーい。





25)着いた! 天上寺跡。

いつもの風景だ。

記念に一枚 カシャ。





28)アキチョウジです。いい色ですね。

やれやれ 山頂部に着いた。

掬星台。早いので登山者も少ないです。

ちょっとごみ拾い。ベンチで お湯を固形燃料で沸かす。
コーヒを作ります。


31)変わらずガスってますね。



固形燃料で湯を沸かしました。





34)いただきまーす。お弁当もいただく。

ちょっと読書。



昨日の焼き鳥の残りを焼いて持参。おにぎりと戴きました。



37)オテルド摩耶 営業停止しました。

天上寺 入り口。

山内

では 天上寺へと進みます。お寺は 山内と思っていましたが 境内でもよいそうですね。



40)





参拝の後、フジバカマ園へ 下る。



43)





沢山飛来していました。大勢来られてました。皆さん楽しそう。
マーキングをしておられる方も。


46)





)







51)名前が、、えーっと

山門を出て

舗装道路から掬星台へ。

長峰から下ろうかと 考えたのですが 掬星台でカギを拾っていました。
星の駅が まだ開いてなかったので、ポケットへいれてました。
鍵を駅へ届けよう では 青谷道を下り 静香園に寄ろうと なりました。

54)行くはずだった 長峰山









戻る途中 摩耶自然園に下りました。ツリフネソウの群生が見事で びっくりでした。
以前見たのは せいぜい 数輪でしたが、200は 咲いていた。すごいね、、


59)



上野道から下ろう。

星の駅へ 鍵を預けて、上野道を下ります。
まだまだ登ってこられる方々と 出会いました。


62)旧天上寺跡。

山門

青谷道分岐を直進です。

以前 若夫婦に連れそられた ご婦人に出会いました。
行場で2,3、日すごされる 信者さんでした。3日後また 若夫婦が迎えに来れるそうでした。
「 帰りにより! コーヒー入れるよ」と言われましたが、寄らずでしたね。


65)



橋を渡れば、、

ひたすら階段状に整備された 登山道を黙々と下る。



68)行場です。 布団が干してあります。

すぐに水場。

へぇー。松の木が倒れそう 長居無用





71)静香園に着いた。営業されてた!!(^▽^)/



「いただきまーーす。(⌒∇⌒)」

気さくなご夫妻が 迎えてくださいました。今日から 営業再開だったそうで、「lucky」でした。
主人に お茶の葉 孫に飴をみやげに 買いました。


74)お茶の花です。

静香園のステキな景色です。

登山口 お疲れさまでした。

「お茶の花」がテーブルに飾られていました。奥様がおしえてくださいました。
椿の様とおもいましたら、お茶の木は 椿科だそうです。

やがて 登山口へトウチャコ―。今日も摩耶山にお世話になりました。
山へ足を運ぶと デトックス 元気がいただけます。
アサギマダラに会えたし、群生したツリフネにも会えたし 静香園にもよれた!!
よかったー。
「今日も!ありがとうさん (⌒∇⌒)」


摩耶山さん歩  新掲示板  2022年山行記録