======== 京都市「愛宕山」保津峡→表参道合流→黒門→愛宕神社→表参道→清滝========




山行時間=歩き約5時間  

情  報=おトイレは 保津峡駅に 愛宕神社にありました。。
ルート=…阪急嵐山駅(7:26)…JR嵯峨嵐山駅(7:52)…山陰線 保津峡駅(7:56)…鉄橋渡り右登山口へ(8:11)…荒神峠(9:14)…表参道道合流(10:00)…水尾の分かれ(10:10)…黒門(10:40)
…愛宕神社(11:05-20)…黒門(11:30)…表参道下る…清滝(13:25)…バス停(13:33-50)…
京都バスにて 阪急嵐山…桂…十三で神戸線にて帰宅(17:18)

特に危ない箇所はありません。表参道は 階段が多いので 注意。


かおりさんが 愛宕山に行かれました。
ブログを拝見しているうちに、「黒門「が、見たくなり 「15年ぶりに行ってみよう!」
家族と調整、主人は土曜日に 明石へ釣りに行く。私は土曜は 冷蔵庫に食材補充dayに!
コロナが落ち着いてる今がチャンス 日曜日 5時53分の電車に乗りました。

かおりさん M2さん しーちゃんが歩かれた 「保津峡からの道を歩いてみよう。」
前日 等高線地図をコピーアウトし、電車乗り継ぎを調べた。
すると、阪急利用で行くと JRに比べて半額で行けるじゃん。
「これはいい」 作戦を立てます。まずは阪急で嵐山へ。そこから、徒歩で「JR嵯峨嵐山駅」に移動。
JR山陰線に乗ると 一駅で 保津峡駅です。






1)阪急嵐山駅 7:19 トウチャコ。

「愛宕山」に雲がかかり、幽玄です。

桂川支流

阪急嵐山駅から JR嵯峨嵐山駅まで 歩きます。



4)きれいだなー。

「渡月橋」から「愛宕山」

標識がありました。



7)25分かかり「JR嵯峨嵐山駅」です。

7:52分に乗り 7:56保津峡駅着です。

駅からの保津川 一度川下りをしたことがあります。



10)先行者さんについていく。

なるほど JRの高架下を渡るのか。

駅前から「水尾」へのバスが出てるのね。

赤鉄橋を渡る。

駅に降り、眺めると 赤い鉄橋が見えた。見渡すとこちらしかない
先行者さんについていく。JRの高架下を通過して 自動改札を出ました。
水尾へのバスがでてる。これで行くと 愛宕最短で登れますね。

帰路は かおりさんに習って 水尾へ下る予定。

14)カーブの先に

15)8:11えっー!これが登山口?

16)間違いない!ありがたい看板でした。

赤鉄橋を渡ると 右へと学習済み。右へ進んだ。
等高線地図によると カーブの先に 登山口があるはず、、
「えーっ これなの?」さりげない登山口に 行きすぎそうになった。
表示もテープもありませんが 他にそれらしきものはなく、登ってみた。するとすぐに 狩猟禁止の看板があり 地図が添付されていた。
「まちがいない!」ありがたかったです。



17)8:16 露岩多し地図にある壁岩でしょうか。 汗

18)西にチラリ見えるのは??

19)8:23ベンチでパン休憩でした。

登り始めは とても急登でした。フーフー登るとベンチが。
ありがたく 朝食パン休憩しました。


8:26 標高180ぐらいから 穏やかに

8:48 ベンチ2

8:59 ベンチ3

15分ほどで 穏やかな道になりました。
灌木の下シダの茂 感じの良い道を ちいさなup downを数度繰り返す。


杉林の向こうに 表参道尾根かな?

少し下ると、、

9:15 「荒神峠」

荒神峠(こうしんとうげ)は、水尾まで1.8K 落合まで2K
ここか 庚申峠とも言われ、かつては 峠の茶屋があり 地蔵を祀る 祠もあった。
杉の植林もなくて 見晴らしも良く、ここから京都の町が見えたという。などと記されていました。

ここは 登山道の交差点で 東西の道は「米買い道」と呼ばれたと ネットで知りました。


荒神峠 登山道の交差点

少し登ると「雲海」が!

雲海の下は水尾の町でしょうか。

雲海に見とれていると 後続登山者さんが 到着された。
「雲海がきれいですねー」とお声かけすると、「へ―, 今の季節はね!」と 見ることもなく 進まれた。
慣れておられるのね、笑




何個目かの丸太ベンチでDars休憩

表参道に合流だっ!(o^―^o)ニコ

10:03 分岐の看板には清滝→とある。

荒神峠以降は 再び登りがきつい。等高線地図を見ると 2度ゆるくなると 表参道と合流だ。
休憩しつつ がんばりました。荒神峠から45分で 保津峡から 約2時間で表参道に合流でした。
保津峡からの道では 出会ったのは お二人。参道の登山者を見ると なんだか うれしい。あはは


10:10水尾の別れ

31/40 山頂も近いね。(⌒∇⌒)

10:17 花屋跡。

10:21京都市内 遠望があった。








10:43 あっ! やっと黒門が見えましたぁー!

掲示板に 「京口惣門とも呼ばれた。白雲寺の京都側の惣門。
慶応4年 神仏分離令により 白雲寺は破却。門のみ 残っている」そうです。


シャッターをお願いしました。



2007/2/11に主人と行った写真です。




左に社務所、休憩所< WC




11:05やっと 本宮です。





本宮でお参りしました。火伏の神様だそうです。
阪神間では 清荒神が一般的で お札をおまつりしてます。ので お札かわず。
せっかくなので 令和の 改修の寄付をしました。


50)景色をながめつつ、、

11:21 おにぎり休憩。

社務所横に自販機です。


おにぎり休憩をしていると 汗が引き 寒くなりました。
さあ、、くだりましょうか。


53)11:31 再び黒門

水尾の別れ、




水尾の別れで 熊の話をしていました。
水尾に下る予定でしたが なんとなく 怖くなり 参道を下りました。



12:24 五合目

13:12 雷?




前回2度とも 雪の季節です。愛宕は雪の季節がいいな。階段がおおいし、ゴロゴロで歩きにくいし、
ぶつぶつ、、単調やし、、ぶつぶつでした。笑


階段が続きます。

13:21ケーブルの遺構

清滝に下りました。





13:27 右 道路の坂の上部がバス停でした。

13:33 右手がバス停でした。



清滝バス停時刻表。13:50に乗った。

14:57桂湯@490




登山口から バス停が意外に遠い。時間が間に合いよかったです。
阪急嵐山から 桂へ。桂で降りて 東へ5分で 桂湯でした。
磁石を出して 運東間違いなし。グーグル地図ですぐにわかりました。
いい湯でした。さっぱりしました。(⌒∇⌒)


15:45桂駅前で アイス!

車中から「愛宕山」

17:18ただいま 「摩耶山」

桂駅前7・11で アイスGET! 桂で大阪行き特急にのる 十三で神戸線に乗り換え。
ふつーで 帰宅でした。嵐山も混んでましたね。もうアフターコロナなのかな?
マスクは健在でした。山歩きで 久しぶりの遠出で 楽しかったです。

銭湯にもよれて 最高。家族にありがとう。そして山さん ありがとうございます。

阪急 @530×2=1060 JR@190 バス`230 合計@1480

摩耶山さん歩  新掲示板  2022年山行記録