==========芦屋市「奥池…観音山…鷲林寺…バス停…阪急夙川駅」==========




山行時間=歩き約3時間 休憩1時間  

情  報=おトイレは 阪急芦屋駅前に  奥池にありました。
ルート=阪急芦屋川駅(10:00)…奥池バス停(10:21)…登山口(10:39)…観音山(11:51-12:50)…せせらぎコースへ戻る(12:56)…鷲林寺(13:30)…鷲林寺バス停(14:20)…阪急夙川駅(15:00)

特に危ない箇所はありませんでした。





友人に 日曜日に 奥池へ行った 写真をラインで送ると、「私もそこに行きたい」と 思わぬ返事でした。
[10/27木曜日が仕事が休みでいい] ということで 木曜日に設定。阪急芦屋駅発 10:00 「ハイランド行」に、乗ることに。


1)阪急芦屋川駅

奥池バス停

奥山貯水池

1台早い 阪急梅田行に乗れました。芦屋川駅前には ハイカーが平日ですが パラパラおられます。
10:00のバスに乗る。東おたふく山バス停で 数人ハイカーが下りられた。
奥池で降りたのは 私たちのみでした。静かな山歩きになりそうです。



4)いなかぎく?

登山口です。

ぼちぼち登ります。

友人とは 雪の叡山へ行ったのが最後の山行。なんと10年ぶりでした。
10年ひと昔と言いますが 過ぎると はやいなーー。感無量です。
いなかぎく?シラヤマギク?よめな?のこんぎく? 私は判別できまへんです。(><)


7)きゅいーーんと曲がった木。



岩場の手前の展望。

岩場の手前の初展望です。
大阪の街が 霞の下です。なかなか いい景色です。
金剛山の背後の 大峰の山々が クッキリと見えました。ブルーグレーがステキでした。


10)唯一のいわばです。





展望の後は お楽しみのいわばです。ゆっくり下りました。
「せせらぎこーす」を分けて 道なりに進めば 大展望の「観音山」です。


13)あらま。お派手なポーズだわ。(⌒∇⌒)

大阪平野 大阪湾の大展望。

15)

観音山の 大展望に 釘ずけでした。いつみてもすばらしい 大阪平野 大阪湾の大展望です。
背後の六甲は なぜか いまいちですが。

先客がおられ 隅っこで ランチでした。


16)岩場手前から「せせらぎコース」へ。



18)

先客さんに話しかけられた「私たちは 鷲林寺へくだりますが あなたがたは?」
奥池へ下ります。「あらそー 往復」 
ところが、、
せせらぎコース分岐で 友人が 「鷲林寺へくだってもいいよ 下れるよ」ということで 鷲林寺へ下りました。


19)サルトリイバラの実。

愛宕分社のよう。

鷲林寺の美しい「二重の塔。」

歩いてみて 「大丈夫」と思えたようで、よかったです。
初歩きには 穏やかで 短くて いいコースですl
せせらぎコースは思ったより ガラガラでしたが、、ゆっくり下山。
やがて 鷲林寺です。


22)へぇー 修験コースね。

「歩いてみたいね」と話しました。

お参りをして、、





25)おトイレお借りして、

山内の紅葉を楽しみました。

舗装道路を下る。





28)バス道と合流点の灯篭。

道路を渡り 右がバス停。

友人ザックの整理中。

バスがなんと 10分後にきます。1時間に一本なので 超ラッキー



31)バス停風景。

15:00 阪急夙川駅です。



駅の自販機で ジュースを飲んで打ち上げでした。


=====湿原の花達です。=====


33)





36)りんどうさんは 可愛いねー。



ウメモドキ?かなぁー?

39)オレンジ色なんだけど、写りが悪いです。

ミミカキグサ

ウメバチソウ

ミミカキグサですが

弱々しい見た目からは想像しづらいですが、 ミミカキグサは食虫植物です。食虫植物といっても 葉や花で虫を捕まえるわけではありません。 地下茎に捕虫のうという小さな器官を持っています。 この捕虫のうは1mmほどの大きさで、 湿地に住む微生物を捕まえて栄養を吸収します。 とても小さいため捕虫の様子を肉眼で見るのは難しいですが ルーペなどを使って観察することができます。とありました。



駅から スーパーマーケットへ。お互い鍋になりました。
積もる話もできてよかった。楽しかったです。ありがとうございました。

コロナでなかなか 会えないときもありました。平穏な日々にもどりますように
山さん ありがとうございました。


摩耶山さん歩  新掲示板  2022年山行記録