==========雲海はすこしの、亀岡市「行者山」==========



山行時間=山歩き約1時間 街歩き約50分 林道歩き 1時間30分 

情  報=おトイレは 千代川駅に 並河駅にありました。

ルート=阪急嵐山駅(7:30)…山陰線嵯峨嵐山駅(7:50-52)…山陰線 千代川駅(8:20)…国道9号線(8:24)…京都縦貫道(8:40)…行者山登山口(8:52)…行者燈(9:10)…石の祠(9:11)…鳥居(9:20)…大岩(9:27)…大明神(9:31)…行者山山頂(9:34) …堂徳山(9:25)…林道で会い(10:00)…千手寺(10:10)…展望箇所(10:19-45)…千手寺(10:55)…参詣道くだる…参詣道の石碑(11:15)…京都縦貫道(12:10)…並河駅(12:34)1時29分京都行にのる。


■登りは 大岩の箇所まで広い道です。大岩の上部が、細ーくなってるので注意でした。
千手寺へ林道が合流しますが 下りの参詣道は もう一段 長ーい石階段を 下った個所にあります。




M2さん かおりさん と 大先輩が 京都は亀岡の「行者山の雲海」を楽しまれました。
戯れに 等高線地図を 切り取りコピー 駅探をするうちに、行きたくなってきました。
亀岡は行ったことないし、行ってみよう。主人に相談すると OK 朝5時起きでした。


1)7:30 阪急嵐山駅トウチャコ―

さっそく「愛宕山」のお出迎えです。



十三で京都線に乗り換え。さらに 桂で 嵐山線に乗り換え。
阪急嵐山に着いたのが 7:30でした。

そこから JR山陰線 嵯峨嵐山駅に 徒歩でトラバースです。

なぜ? 交通費が安くなるからで~~す。、嵐山界隈も見物できる 特典付きですしね。(⌒∇⌒)


4)わーい 先日行った「愛宕山」だよ。

嵐電 嵐山駅 華やかです。

JR嵯峨嵐山駅。


嵐山駅を降りて 東へと進みますと渡月橋です。わたり そのまま東へ。途中「JR嵯峨嵐山駅」の標識があります。




保津川下りHPです。以前はツアーで行ったので、
嵯峨嵐山駅の隣に トロッコ嵐山駅があると知りませんでした。
参考までに

嵯峨嵐山駅 7:52分発 「園部行き」に乗りました。

7)車中の景色 霧が濃いです。雲海が楽しみです。

8:20 千代川駅 

駅を振り返って。



地図(1)です。
駅から等高線地図を片手に 西へと進みます。登山口には 水タンクが4基あると、ネットで知る。


10)9号線は地下道を歩く。
横断歩道はありませんでした。

11)ここは左へ曲がるでした。


登山口の貯水タンクが見えた!


11)の箇所で迷いました。直進すると 登山口の水タンクが見えました。が、
もどり 左へ。橋を渡り直進コースのほうが 分かりやすい。

13)田んぼが広がる景色です。

いい感じだなー。

15)あっ 雲海が見えます。





16)トンネルが見えてきた。

京都縦貫のトンネルを通過します。

18)いいなぁ 大根畑だ!





19)おっ!水タンクだ。

8:52 ありました登山口!

ありがたい 標識です。

千代川駅から 32分で登山口でした。(⌒∇⌒)
標識もあり 安心 さて 登るぞーー♪


22)







25)石の球形テーブル?



9:10 行者燈でした。

広い登山道でした。10分ほどで「行者燈」に着いた。


28)岩の祠がありました。

岩から元気な木が育ってます。

行者山の表示が?




32)鳥居さん 静寂の中にスクッと、、

道が細くなりました。

「あっ!」 「大岩かな」



35)大岩に祠です。



上部より。

大岩の元に 祠があります。すごーい 大きな岩です。 「す、て、き」




こちらは休憩小屋かな。

上部の道が細い箇所。

なかなか 印象的な 見どころが多い山ですね。(⌒∇⌒)


41)



大岩の上部が、行者山山頂でした。



44)

山頂標識。

黄葉が、きれいです。

堂徳山へは 広い道をなだらかに下り 再び登る。
こ広い箇所にピークの表示がありました。


47)







50)堂徳山で「パチリ」(⌒∇⌒)







53)







56)合流か所

見上げる千手寺 

おー! 亀岡の景色が見えます。



59)両サイドに 仁王様がおわします。

境内に右手に

石段があり 展望箇所の案内がありました。



62)展望箇所です。






展望箇所に 先客さんお二人、「まだ 間に合いますよ 少し残ってます」と 言ってくださった。
「どこから?」「神戸です」「おお 遠い所ようこそ=(^^♪」でした。


65)





かおりさんの 景色には 遠いですが これが限界の時間なので 満足でした。
はつ 亀岡で ばんざーいです。

ベンチで 菓子パンをいただきました。


68)




境内へ下ると また 素晴らしい景色です。銀杏の落ち葉があたりを黄色く染めていました。
「わぁー きれいーーすてきーー」と独り言ちました。


71)





74)門からの 景色にまた感動です。

門を出て

石階段を少し下って



77)傍らの紅葉がすばらしいです。



階段下り 見上げる。

地図を見ると 千手寺合流点から さらに下った個所から 並河駅への 参詣道がありました。




80)駅まで 舗装道路でした。

11:15 千手寺参道の石柱。

以前は藁屋根かな。

参詣道は 舗装されていて 駅まで 1時間半 舗装道路歩きに 脚が疲れました。

地図にはたくさんのため池が載っています。数個確認しましたが どれもあまり水が溜まっていませんでした。


83)篠山に似た景色だ。

12:10 京都縦貫をくぐる

12:34 並河駅トウチャコ―。


86)並河駅発 13:29 に乗る。

嵐山渡月橋の混雑です。

阪急嵐山駅。

里山らしく 地図上の道意外に 里へ下る 尾根道が沢山ありました。
等高線地図で 方角を確認しつつ、標識で確認でした。標識が要所にあり 助かりました。
雲海は 今ひとつでしたが、時間的にしかたなし、満足とします。
行者山には 見どころ多く 飽きません。行者燈、石の祠 鳥居 大岩の下部に 祠には感動でした。

千手寺の 雲海はもちろんですが 銀杏 紅葉の美しさが よかったです。
これぞ 日本の秋でした。帰路は 舗装道路が長かったですが ため池を確認しつつ、京都縦貫をくぐると
迷うことなく 並河駅に着けました。
先輩のレポをたよりに 初亀岡終了しました。ありがとうございました。
山さん ほんとにありがとう。充実をありがとうございました。


摩耶山さん歩  新掲示板  2022年山行記録