治承四年(1180年)

.
治承四年(1180)以前の概略年表へ      翌・治承五年(1181)の吾妻鏡へ

左フレームに目次の表示がない場合は こちら から、どうぞ。   できれば、WINマシン+I E.8以降 での閲覧がベストです。
.
伏見版 吾妻鏡 の詳細画像(別窓) を追加しました。 写本(別窓)をクリック→ 当月の冒頭部分を表示します。
.
指定なしの青文字 はサイト内の移動、下線付き青文字 はサイト内の別窓表示、wiki・公式サイト・地図 などの表示は外部へのリンクです。
.
西暦・天皇
和暦・月日
吾妻鏡に記載してある内容の意訳、関連する情報、補足事項など
西暦1180年
.
80代 高倉
治承四年
.
4月9日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
既に出家していた源三位頼政は兼ねてから 平清盛を討つべきと考えていた。しかし清盛を討つだけでは成功の目処が立たないため、今夜子息の伊豆守源仲綱などを伴って以仁王の三條高倉御所を訪ねた。
.
頼政は頼朝など各地の源氏を誘って平家を討伐する計画を考え、散位宗信に令旨を発行させた。 折から京にいた為義の末子である(陸奥義盛)がこの令旨を持って東国へ向かい、まず頼朝に連絡してから他の源氏に伝えるべく八條院後白河法皇の妹)の蔵人に任じ、名を行家と改めた。
.

.
  ※令旨: 天皇発行の文書は宣旨と綸旨。皇太子・太皇太后・皇太后・皇后・女院・親王が発行する文書が令旨。
以仁王は親王宣下を受けていないから親王ではないが、命令の正当性を高めるため令旨を僭称した、と思われる。頼政挙兵の詳細を参考に。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
4月22日
.
大極殿が火災から復旧されていないため、紫宸殿で安徳天皇(生誕は治承二年(1180)11月2日)が即位した。父は高倉天皇、母は平清盛の娘徳子(後の建礼門院)。
.

.
  ※大極殿: 公式行事の場所だった大極殿は平安時代中期から焼失を繰り返し、安元三年(1177)の大火で
焼け落ちてからは再建されなかった。以後の儀式は内裏の紫宸殿が主として使われていた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
4月27日
.
行家の携えた高倉宮の令旨が頼朝の寄寓している伊豆国の北條館に到着した。
頼朝は衣服を改め、先ず石清水八幡宮(公式サイト)のある男山を遥拝し、謹んで令旨を開いた。行家は甲斐・信濃の源氏に触れるためすぐに出発した。
.
頼朝は平治の乱で藤原信頼に連座して去る永暦元年(1160)3月11日に伊豆に流され、以後20年を過ごしている。その間に平清盛は天下を我が物にして賞罰を独占した上に後白河法皇を鳥羽の離宮に閉じ込め悩み苦しませている。そんな情勢の最中に令旨が届いたのは将に正義の兵を挙げる良き機会である。
.
北條四郎時政は上野介平直方から5代目の子孫。伊豆の優れた豪傑であり、頼朝を婿として忠節を尽す人物である。従ってまず最初に彼を招き令旨を披露した。令旨は源三位頼政の嫡男源仲綱の名で発行された。平家の悪事を並べ、討伐に決起せよ、協力しなければ相応の罪に問う旨が書かれている。
.

.
  ※北條時政: 北條氏の系図は信憑性が乏しく、ほぼ捏造に近い。
.
諸系図に共通の「平直方から5代目、祖父は北條時家、父は時方(または時兼)」も鵜呑みにはできない。
.
「伊豆の優れた豪傑」云々」は、吾妻鏡が北條氏に関して書いた最初の曲筆と言える。
.
     右画像は韮山の北麓にある北條館跡周辺の鳥瞰(クリック→拡大表示)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
5月10日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
下河邊庄司行平が頼朝に使者を派遣し、三位頼政が挙兵の準備をしている旨を報告した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
5月15日
.
高倉宮以仁王を土佐に配流せよとの宣旨が下った。平家追討の令旨を発行した事が露見したためである。
.
戌刻(20時前後)に検非違使の兼綱と光長らが手勢を率いて三条高倉御所に出向いたが、以仁王は既に頼政の連絡を受けて脱出しており、捜索しても見つけられなかった。
.
兵衛尉長谷部信連(以仁王の近臣)が太刀を取って戦い、光長の郎党数名を傷つけた後に取り押さえられた。
.

.
  ※検非違使兼綱: 頼政の弟頼行の子で頼政の養子。彼は以仁王と頼政が合議して行動しているのを知っている
のだが、この時点の平家側は頼政の反逆に気付いていない。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
5月16日
.
今朝、検非違使の役人が再び以仁王の御所を包囲し捜索したが見つからない。しかし以仁王の息子(生母は八條院 の女官三位局である高階盛章の娘)が八条院邸にいたため池中納言平頼盛(清盛の弟)が兵を率いて出向き、六波羅に連行した。このため京の町は大騒ぎになった。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
5月19日
.
以仁王は去る15日に密かに三井寺(公式サイト)に入った。僧たちは寺域の別院・法輪院に以仁王の御所を構えたらしい。頼政は近衛河原にあった屋敷(京都御所から鴨川を渡った東側(地図)・現在の京大付属病院辺り)を焼き払い、一族郎党を率いて三井寺の以仁王に合流した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
5月23日
.
三井寺の衆徒は堀を深くして防御線を構え平家追討の論議を重ねた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
5月24日
.
源三位頼政の持仏堂や山荘が焼失した。(頼政と以仁王の連携が露見して焼き払われたのだろう)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
5月26日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
早朝に以仁王は奈良に向って出発。僧兵の少ない三井寺(公式サイト)を出て奈良の衆徒を頼るためで、頼政一族と三井寺の僧兵が従った。
.
平知盛平維盛など清盛の一族が2万騎の官兵を率いて追い掛け宇治付近で合戦となり、 頼政と子息の源仲綱・兼綱・仲宗および足利判官代義房(足利義康の四男で義兼の次弟)らが討たれ首を晒された(頼政の首は偽との噂あり)。
.
以仁王は光明山の鳥居前で討たれた。御年30歳と。
.

.
  ※光明廃寺: 山城町の天神川上流(地図)にあった真言宗→天台宗
の山岳寺院、現在は一部礎石が残るのみ。
.
平安時代末期には東西5km×南北2kmの寺域に堂塔僧坊が120以上あったと伝わる。以仁王は奈良街道(府道70号)沿いの鳥居前で藤原景家(宗盛の乳母父)の軍勢に討たれたらしい。500mほど北の高倉神社境内に陵墓がある。
.
右画像は中京区菱屋町30の高倉宮跡碑(クリック→拡大)。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
5月27日
.
平家の軍勢は宇治の御室戸(三井寺支院の三室戸寺・公式サイト)を焼き払った。これは三井寺衆徒が武装して立て籠ったためである。またこの日、諸国の源氏と興福寺・園城寺(三井寺)衆徒で令旨に応じた者は全て攻め滅ぼすべき旨の命令が法皇御所から出された。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
6月2日
(史料)
.
清盛の独断決裁により摂津国福原(神戸市・御所は現在の兵庫区雪御所町一帯・地図)への遷都が行われた。
.
高倉上皇と平家一門は反対したが清盛は当時の貿易港だった大輪田泊(現在の兵庫区和田宮通一帯・地図)を整備して宋との交易を拡充し、瀬戸内海の海運を利用した海洋貿易による国家の建設を試みた、と言われている。
ここは平家が主力とする兵力の大部分を失った寿永三年(1184)2月の須磨一ノ谷の合戦の舞台になった。
.
福原は土地の狭さにより計画が行き詰まった事、後白河法皇が京を離れなかった事、相次ぐ源氏の挙兵に対応する必要があった事、などにより計画が頓挫して11月には放棄され、同月23日に平安京還幸となった。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
6月19日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
散位三善康信の使者(弟の康清)が北條館に参着、静かな部屋で頼朝と対面した。以仁王の令旨を受け取った源氏を追討する命令が出され、頼朝殿は源氏の正統のため最も危険だから早く奥州へ脱出するべきである、と。
.
この康信は頼朝の乳母の妹の子で源氏に心を寄せており、以前から京の政治情勢を月に三度づつ、使者を介して報告していた。今回は特に重大なので弟の康清と語って(病欠と称し役所を休ませ)伊豆へ向わせたものである。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
6月22日
.
散位康信が京へ帰るにあたって頼朝は祐筆の大和判官代邦道(藤原邦通)に功績を褒める文書を書かせ、署名して花押を加えた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
6月24日
.
頼政敗北の後には諸国の源氏を追討するという康信の話は重大なので、逆に平家を追討する方策を検討した。
まず書状を書き、累代の御家人を招集する使者として安達籐九郎盛長を派遣、 小中太光家を同行させた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
6月27日
.
三浦義澄千葉胤頼常胤の六男)が北條館に参向。5月に大番役を終え、直ちに京から東国へ戻る予定が頼政事件のため差し止められていたものである。頼朝と両名は他の者を入れずに長時間話し合っていた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
7月5日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼朝は走湯山(伊豆山権現)の僧・覚淵(加藤景廉の兄)を招いた。法華経千部を読む筈だったのに未だ八百部を終えたのみである、と。覚淵は「千部に満たずとも仏の加護に変りはない、(先祖の)源義家に倣って東国の勇士を従え清盛の一族を滅ぼすように」と諭した。頼朝は感激し、藤原邦通を介して布施を贈った。
.
夜になって覚淵が退出する時に呼び戻し、蛭島を更なる布施として贈ると述べた。覚淵は喜んで伊豆山に帰った。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
7月某日
.
伝承・・・頼朝の愛人だった伊東祐親の娘八重が北條館を訪れたが頼朝に会えず絶望、守山南麓の真珠ヶ淵で入水
自殺し満願寺に葬られた。満願寺は遠い昔に廃寺となり、遺品の一部や石塔などは古川に沿った真珠院に移されている。同行した侍女6人は伊東に帰る途中の田中山で殉死、女塚として悲劇を今に伝えている。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
7月10日
.
使者の任を終えた籐九郎盛長が北條に戻って報告。相模の波多野義常首藤経俊は召集に応じないうえに暴言を吐いた、と。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
7月23日
.
佐伯昌助という者は元は筑前国住吉社の神官で去年の5月3日に伊豆国に流罪となり、それ以前の治承二年(1178)1月3日には同じ神社の神官だった昌守もまた、伊豆国に流されていた。
.
昌助の弟の住吉小大夫昌長が初めて頼朝に拝謁、また伊勢神宮神官の子孫で最近は波多野義常の許に滞在していた永江蔵人大中臣頼隆も共に拝謁した。最近になって義常と疎遠になって北條を訪れた者である。
この二人は普段から源氏に尽くす立場を守っており、神職として頼朝の祈祷に任じる意思を抱いている。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
8月2日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼政挙兵事件で関東への下向を禁じられていた相模の大庭景親ら東国の武士たちの多くが関東に戻ってきた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月4日
.
平兼隆(前の廷尉、山木判官を名乗る)は父信兼の訴えによって伊豆国の山木郷に流された者である。
時が経つと共に清盛一族の威光を利用し近隣に権威を振りかざしている。従って国敵として、更には私的な意趣遺恨もあるので最初に兼隆を討つべき、と頼朝は考えていた。
.
兼隆の館は要害の地にあり、攻めるのも退くのも人馬ともに難儀するだろうから、地形の図面を描くために前もって内密に藤原邦通を差し向けた。この人物は京下りの遊客で、仔細があって安達盛長の推挙により頼朝の元に留まっていた。
.
邦通は理由をつけて兼隆を訪問し酒宴や音曲で機嫌を取り数日滞在する間に館とその周辺を細かく絵図に写し、今日戻ってきた。
.
頼朝は時政を呼んで絵図を見ながら軍兵の攻めるべき道や進退のルートなどを指示した。絵図はまるで現場を見ているように見事な出来栄えだった。
.

.
  ※藤原邦通: 6月22日に登場した大和判官代邦道に同じ、後に頼朝の右筆を務めている。
右画像は北條館と山木館周辺の鳥瞰(クリック→拡大)
.
  ※私の意趣: そのまま解釈すれば「個人的な遺恨」だが内容は不明、何かのトラブルがあった可能性がある。
この文言が「兼隆との婚姻を嫌った政子が、云々」の風説に発展する最初のキーワード。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月6日
.
邦道・昌長らを呼んで頼朝の前で占いが行われ、17日の早暁に兼隆討伐を決めた。その後に工藤茂光土肥實平岡崎義實宇佐美助茂天野遠景佐々木盛綱加藤景廉など源氏の恩を知り命も惜しまない勇士を個別に呼び「誰にも秘密だが、お前だけを頼りにしているから」と前置きして計画を知らせた。
.
それぞれは自分だけが頼りにされていると思い勇み立ったが、本音は北條時政と二人だけの密事である。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月9日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
相模の渋谷重国に寄宿している佐々木秀義定綱らの父)が大庭景親に頼朝の動向を聞かされた。曰く、長田忠致からの書状には時政と比企掃部允らが頼朝を担いで謀反する計画があると書いてあった。
.
貴殿の子息定綱らは頼朝側なので(謀反の)準備をしているだろうが五男の義清の妻は私(景親)の娘だからこの情報を教える、と。秀義は心此処に在らず、急いで館に戻った。
.

.
  ※比企掃部允: 頼朝の乳母の一人比企の尼の夫(頼朝の乳母父)。
掃部允は頼朝が伊豆流罪になった平治の乱(1160)より前に比企郡司として赴任していたが、頼朝挙兵よりも前に死没したと考えるのが定説。謀反に加担した、云々情報の正確な出処は判らない。
.
比企尼は男子を産まなかったが長女の夫安達盛長を頼朝の側近とし、次女は武蔵国の豪族河越重頼に嫁し、三女は伊東祐親の次男 祐清に嫁して各々が側面から流人頼朝を援助していた。
.
乳母を含む近親者は流刑地に近寄る事が許されず、比企尼は函南の高源寺を中継地として衣料と食料の供給に努めていた。
.
       右画像は参道に残る比企尼の供養墓。画像をクリック→高源寺の詳細へ(サイト内リンク・別窓)。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月10日
.
佐々木秀義は嫡男定綱(通常は宇都宮だが今は渋谷にいる)に命じて昨日大庭景親が語った内容を伝えた。
.

.
  ※佐々木定綱: 秀義の嫡男で挙兵当時は38歳。宇都宮一族の娘(不詳)を妻にした婿入り婚あるいは通い婚
だったらしい。単純に考えると150kmも離れているから、通い婚ならば「超遠距離婚」だ。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
8月11日
.
佐々木秀義の嫡男・定綱が北條に参着して大庭景親と父が話した内容を報告、頼朝に喜ばれた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
8月12日
.
岡崎義實と嫡子の義忠に連絡。兼隆討伐を17日に決まったから土肥實平を伴って決行の前に参着せよ、と。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
8月13日
.
定綱は甲冑を用意すると言って相模へ帰宅。頼朝は13日には必ず来る様に命じ、渋谷重国宛の手紙を託した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月16日
.
明日の合戦に備え祈祷を行った。佐々木兄弟が未だ到着せず、渋谷や佐々木は平家との関係が深いために計画が露見したのではないか、信用して打ち明けたのは失敗だったか、などと頼朝は後悔して悩んだ。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月17日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
三島大社神事のため安達盛長が使者として参拝し、神事が始まるのを待たず北條に帰着した。午後2時頃に酒匂川の増水でが遅れた佐々木兄弟が到着、頼朝は遅参の不満を述べ、挙兵は一日順延となった。
.
午後8時頃、頼朝の命令で盛長の下僕が下女の元に通って来ていた山木兼隆の雑色を捕らえた。兼隆に挙兵準備が露見するのを危惧した頼朝は即座の討入りと館への放火を命じ、更に祈祷をした住吉小大夫昌長の同行を指示した。 佐々木盛綱加藤景廉は宿直としてそばに控えさせた。
.
北條時政が申し出た。「今日は三嶋の神事で、参詣する者が者が多数歩いている。牛鍬大路を行けば怪しまれるから、蛭嶋通りを行くべきだろう」と。それに答えて武衛(頼朝)「その通りではあるが、事の草創だから閑路は使いたくない。また蛭嶋通りは騎馬には適さないから、堂々と大道(牛鍬大路)を行け。」と命じた。
.
討ち入りの一行は茨木を北へ進んだ肥田原(地図)で時政は馬を止め「兼隆後見の堤信遠の館が山木の北にある。武勇の優れた男なので佐々木兄弟は彼を討ち取ってくれ。案内を付ける」とした。
.
討手は雑色籐太の案内で館の裏へ、佐々木経高が前庭で平家追討の最初の矢を放った。経高は太刀で信遠と斬り合って郎党の矢で負傷したが、佐々木定綱佐々木高綱が応援に加わり信遠を討ち取った。
.
時政の一隊は兼隆の館前の天満坂に進んで矢を放った。兼隆の郎党の多くは三島神事に参詣のため手薄だったが留守居の武者は必死で戦い、佐々木兄弟が加わった後も戦いは決着しない。
.
頼朝は宿舎縁先で放火の合図を待ったが煙が見えず、舎人を樹に登らせても確認できないため、留守居役の加藤景廉 佐々木盛綱堀親家らを呼び「急ぎ山木へ行って合戦を遂げ兼隆の首を持ち帰れ」 と命令し景廉に長刀を与えた。一行は徒歩で蛭島通を走り、討ち入って兼隆と郎党を殺した。
.
その後は指示の通り館を焼き払い暁に戻って庭先に群居。頼朝は縁先で兼隆主従の首級を確認した。
.
     右画像は香山寺の兼隆供養墓。画像をクリック→香山寺の詳細へ。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月19日
.
兼隆の親戚・史大夫知親は伊豆蒲屋御廚で非法を行い領民を苦しめる振舞いが多かったため権限を停止する下知を出した。関東に於ける頼朝が発布した最初の政令である。
夜、御台所(政子)は走湯山(伊豆山)の文陽房覚淵の坊に移った。情勢が落ち着くまで密かに匿うためである。
.

.
  ※史大夫知親: 姓は中原、太政官(行政機関)を経て摂関家に仕えた文官(四等官の「史」)。兼隆と同じ目代の
資格で蒲屋御廚(伊勢神宮の神領・下田市南部から青野川一帯)を管理していた。
権限停止の主な理由は非法ではなく、平家との縁戚関係を嫌ったのだろう。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月20日
.
合流する筈の三浦義明の軍勢が嵐により舟が使えず陸路を進んだため到着の予定が遅れた。頼朝は伊豆と相模の御家人だけを率いて伊豆を発ち、相模国土肥郷(現在の湯河原町・地図)に向かった。
.
従う者..北條時政宗時義時安達盛長平六時定工藤(狩野)茂光親光宇佐美助茂土肥實平遠平土屋宗遠義清と忠光、岡崎義實義忠佐々木定綱経高盛綱高綱天野遠景と政景、宇佐美政光と實政大庭景義、豊田景俊、新田忠常、加藤景員と光員景廉、堀親宗と助政、天野光家、中村景平と盛平、鮫島宗家と宣親、大見家秀、近藤七国平、平佐古為重、那古谷頼時、澤宗家、義勝房成尋、中四郎惟重、中八惟平、新藤次俊長、網代小中太光家ら。いずれも家を忘れ親を忘れ命令に従う、と。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月22日
.
三浦義澄義連、大多和義久と義成、和田義盛と義茂と宗實、多々良重春と明宗、津久井義行らがそれぞれ精兵を率いて三浦を出発した、と。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月23日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
早暁4時、頼朝は北條親子・安達盛長・工藤茂光・土肥實平らを300騎を率いて雨の石橋山に布陣し(以仁王の)令旨を横上に取り付けた旗を中四郎惟重が掲げた。
.
平家方は大庭景親俣野景久河村義秀渋谷重国、糠谷盛久、海老名季員、曽我助信(祐信)滝口経俊、毛利景行、長尾為宗と長尾定景、原景房と義行、熊谷直實ら平家に臣従する3000騎が谷を隔てて布陣した。
.
    右画像は頼朝側から見た谷越えの平家陣側。
    画像をクリック→石橋山合戦の詳細へ(サイト内リンク・別窓)

.
平家方の中で飯田家義だけは頼朝側に加わるつもりが景親の行軍沿いのためやむを得ず景親の陣に加わっていた。伊東祐親率いる300騎は頼朝軍の背後に布陣し攻撃準備を整えた。
.
日暮れ近くになって三浦軍は丸子川(著者注:酒匂川の旧名。石橋山の北約8km)に到着し景親与党領の民家に放火した。
この煙を見て三浦勢の接近を知った景親は軍議して「明日になれば三浦一党が到着し面倒になる、今夜中に決着させよう」と考えて攻撃を開始。
寡兵の源氏軍は死を賭して戦ったが、雨中の乱戦で真田義忠・武藤三郎・郎従の豊三家康らが討死した。
.
敗れた頼朝軍は夜明けになって激しい風雨の中を土肥椙山方向へ逃れたが景親軍は激しく追撃した。飯田家義が手勢の6騎を引き連れて景親と戦い、その隙に頼朝は何とか逃げおおせた。
.

.
  ※景親与党領: 原文は「燒失景親之党類家屋。其煙聳半天。」 石橋山から酒匂川対岸の平家領民家を焼く煙が
見えたのなら、曽我祐信が荘官を務める曽我荘(領家(荘園領主)は不明)だと思う。
隣接する二宮郷中村宗平四男の二宮友平(土肥實平の弟)の所領で、彼らは頼朝側。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月24日
.
頼朝は土肥椙山の山裾・堀口に布陣し、景親勢は更に追い迫った。加藤景廉大見實政が防戦している間に頼朝は後方の山へ逃げ込み、景廉が父の加藤景員を・實政が兄の大見政光を気遣って馬を止め矢を放った。
.
加藤光員佐々木高綱・天野遠景・同光家・堀親家・同助政らも馬が射られて倒れる中で轡を並べて防戦し、頼朝も馬を廻して弓を取り多勢を射殺した。やがて矢が尽き、景廉が馬を引いて山に逃げ込んだが景親の兵が迫ったために高綱・遠景・景廉らが戻って矢を放った。
.
北條時政宗時義時の親子三人も共に防戦したが疲れ果てて頼朝に従えず、その後は分散して椙山に逃げ込み山道の上で合流した。
.
     右画像は土肥郷堀口合戦場周辺の鳥瞰図(クリック→拡大)
.

.
  ※堀口合戦余話: 土屋義清岡崎義實の二男・後に宗平の三男・土屋
宗遠の養子)が堀口合戦を語った内容。
出典は忘れてしまったが、これは何となく理解できる。詳細は堀口の合戦で。
.
敵の主力は大庭景親俣野景久兄弟だけで、他には本気で戦うつもりの武者は居なかった。こちらが考えた作戦は、岡崎義實が頼朝を守りながら後退して敵を誘い込み、北條時政が正面で防戦している時に中村と土屋が敵の側面を衝いて壊滅させるつもりだったが、臆病風に吹かれた時政が頼朝を守る振りをして逃げてしまった。
.
これが堀口合戦で敗北した原因で、北條は全く許せない一族である。
.

.
一行は土肥實平の意見に従い分散して落ち延びた。北條時政と義時は箱根を経て甲斐を目指して落ち延びた。
.
時政嫡男の北條宗時は桑原(現在の函南)に下り平井郷まで逃げたが早河の近くで伊東祐親の兵に囲まれ小平井名主紀六久重の矢を受け討ち死に、同行の狩野茂光は歩行困難のため自殺した。
.
   右画像は宗時と茂光の墓が残る宗時神社。
     画像をクリック→茂光と宗時の墓所へ(サイト内リンク・別窓)

.
景親は頼朝の行方を探し回った。軍勢の一人・梶原景時が頼朝の所在を知りつつ「この山に痕跡なし」として景親を別の峰に導いた。
.
頼朝は髷の中の正観音像を取り出し岩窟(しとどの窟、か)に隠した。實平が仔細を尋ねると「討ち取られて景親に首を見られた時に源氏の大将に相応しい所業ではないとされる。私が三歳の時に乳母が清水寺に参詣して将来を祈った時に夢のお告げでこの二寸の銀の像を得た経緯がある」と。
.
夜になって北條時政が頼朝に合流した。筥根山(箱根権現)の別当僧・行實が弟の僧・永實に食料を持たせて頼朝一行を捜し、まず時政に逢って安否を尋ねた。時政は「景親の包囲から逃げられなかった」と語ると永實は「将が亡んだなら、貴方も此処にいない筈」と応じ、時政は笑って、行實を頼朝の前に連れて行った。
.
   右画像は頼朝一行が隠れた伝説の残る「しとどの窟」。
    画像をクリック→「しとどの窟」周辺の詳細にリンク(別窓表示)

.
持参の食料は実に貴重な差し入れだった。實平は「世が落ち着いたら永實を筥根山の別当に抜擢すべき」と申し出た。頼朝もこれを了承し、永實と共に筥根山に向った。行實の宿坊は参詣人が多く、隠れるには適さないため永實の房に入った。
.
   源平盛衰記などには頼朝を匿った地蔵堂の僧・純海の逸話などが載っている。真偽は解らないが土肥郷と
    箱根山の中間には地蔵堂の旧跡が残っているから面白い。詳細は小道地蔵堂の旧跡で。

.
行實の父・良尋は為義義朝(頼朝の祖父と父)の時に多少の縁があり、その縁によって父から筥根山別当職を譲られた者である。為義は行實に下し文を与え東国の関係者に告知した。義朝の下し文にも「駿河・伊豆の者は行實の求めに応じるべし」としている。頼朝が北條にいた頃から祈祷を受け持っていた。石橋山敗北の知らせを受けて驚いたが何時までも嘆いてはおられず、数多くの弟子の中から永實を選んで派遣したのである。
.
   右画像は敗残の頼朝が死を覚悟した「自害水」。
    画像をクリック→「自害水」周辺の詳細へ(サイト内リンク・別窓)

.
三浦の軍勢は24日早朝に丸子川を渡ろうとしたが頼朝が敗北した事を知り撤退した。帰路の由比ガ浜で畠山重忠率いる平家軍と遭遇して合戦し多々良重春と朗従の石井五郎が落命、重忠側も50余人の戦死者が出て双方が兵を引き、義澄勢は三浦に引き上げた。
上総廣常と弟の金田頼次が70余騎を率いて義澄の軍に加わった。
.

.
  ※早河: 函南周辺に早河の名称はない。冷川の間違いか石橋山
に近い早河の間違いだろう。
.
  ※丸子川: 小田原西部を流れる酒匂川の古名、石橋山へ8km。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
平家物語
.
(長門本)

小坪合戦
.
丸子河から撤退した三浦軍は夜明けに小坪の浜で畠山軍と遭遇した。三浦の侍大将和田義盛は総大将の三浦義澄に「鐙摺(葉山)の城に入り給え、私はここで一戦してから合流します」と言って先行させた。
.
赤旗を輝かした畠山重忠の500余騎は稲瀬河に布陣して使者を送り、「三浦の衆に遺恨はないが父の重能と叔父の小山田有重は平家に従って六波羅に奉公している。重忠軍陣の前を源氏が素通りすれば叱責を受けるから参上した。こちらへ出向くか、或いはそちらに出向こうか」と申し入れた。
.
和田義盛は實光(これ誰か判らん!)を使者に立て「承った、確かにその通りではあるが重忠殿は三浦義明の孫(重能の正室は義明の娘、つまり重忠の母)であり、祖父に弓を向けるのが本意とは思えぬ」と答えた。
.
重忠は「元より意趣はない、父と叔父の立場に配慮して出陣したのである。重忠も引き上げるから各々も三浦に帰り給え」と答えて双方が面目を保ちつつ合戦を回避した。
.
これで済めば良かったのだが、義盛の下人が早とちりして父・椙本義宗から継承した義盛の弟義茂が守っていた椙本館に駆け込み「由比ヶ浜で合戦!」と報告したものだから、義茂は兄の危機を救おうと由比ヶ浜に駆け付けた。
.
義茂が犬懸坂(名越の南側)を駆け下ると甲冑の武者4〜500騎が見えたため、大声で叫びながら突入した。それを見た畠山勢は「和平は嘘か、援軍を待つ口実か」と攻め掛かり、義盛勢も「義茂を討たせるな、戦え」と押し寄せ、鐙摺に入った三浦義澄も小坪浜に取って返した。
.
畠山勢は「三浦勢に加えて上総・下総も加わった、多勢に囲まれては不利だ」と考え、防戦しながら退いた。三浦軍は勢いに乗って攻めかかり本格的な合戦になってしまった。       右画像クリック→拡大表示
.

.
   ※稲瀬河: 江ノ電の長谷駅近くで由比ヶ浜に流れ込む小川。小坪まで約1.5km(地図)。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月25日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
大庭景親は頼朝の逃げ道を塞ぐため軍兵を各地に配置、弟の俣野景久は駿河目代の橘遠茂と合流し甲斐源氏を攻めるため北進、富士山北麓に野営した24日の夜に100張以上の弓弦が鼠に食い切られた。
.
甲斐源氏の安田義定工藤景光と子息の行光・市河行房らは石橋山合戦の仔細を知って出陣し、波志田山で景久軍と遭遇して大半を討ち取ったが景久は逃走した。
.
箱根権現に隠れていた頼朝土肥實平らの案内で土肥郷に下り、北條時政は合戦の経緯を伝えるため甲斐国に向って出発した。
.

.
  ※波志田山: 河口湖と西湖の間のやや南側にある足和田山と推定
される(地図)。かつては甲斐九筋の一つ・若彦路がここを通って駿河に南下していた。
           右画像をクリック→拡大表示
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月26日
.
畠山重忠は平家への忠節と由比ヶ浜合戦の報復のため河越重頼と連携して三浦を攻めようとした。重頼は秩父家次男の系だが家督を継いでいるためである。更に江戸重長も加わった。
.
三浦は衣笠城に入って陣を整え、東の大手口は義明の嫡男三浦義澄と弟の義連、西側は和田義盛と金田頼次・中央は長江義景・大多和義久が守りを固めた。朝8時頃に数千の軍勢を迎えた義澄らは良く戦ったが一昨日の由比ヶ浜合戦で疲れており矢も尽きたため城を捨て逃げ去った。当主の三浦義明を伴おうとしたが義明は80歳過ぎの老齢を理由に残留を主張、義澄以下は涙を流しつつ命令に従って衣笠城から退去した。
.
大庭景親は渋谷庄司重国を訪れ佐々木兄弟の妻子の拘留を申し出たが、重国は石橋山合戦に際し末子 義清を従えて景親側に加わった功績を主張して納得させた。
.
夜になって佐々木三兄弟(定綱・盛綱・高綱)が阿野全成(頼朝の弟)と共に箱根から渋谷の館に入り、次男の 経高も無事である旨を報告。重国は頼朝の安否を確認するため、各方面に郎党を派遣した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月27日
.
朝8時、一人衣笠に残っていた三浦義明(89歳)は寄せ手に討ち取られ、衣笠から逃げた義澄らは舟に乗って安房国を目指した。北條時政・義時・岡崎義實らは 土肥の岩浦から舟で房州へ向う途中で三浦の一行と出会い互いの無事を喜び合った。
.
大庭景親は軍兵を率いて三浦に攻め込んだが義澄らが既に舟出した後だったためむなしく引き上げた。
加藤景員は箱根から伊豆山に入って出家し、子の光員景廉は分散して伊豆から甲斐を目指した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
8月28日
.
光員と景廉の兄弟は駿河国大岡牧(時政後妻の実家)で再会し富士山麓に隠れた。
.
頼朝は土肥の岩浦から小舟で安房国を目指し、土肥遠平(實平の嫡子)が頼朝の無事を知らせるため政子が匿われている伊豆山権現に向った。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
8月29日
.
頼朝は土肥實平と安房国平北郡の猟島に上陸、時政以下が揃って出迎えた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
.
治承四年
.
9月1日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼朝は上総廣常の許に行こうと考え、最初に旧知の安西三郎景益に書状を届けさせた。令旨を確認し国府の役人と共に参上せよ、また都から来た者は全て捕らえよ、との内容である。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月2日
.
政子は頼朝の安否を確認できないまま伊豆山から秋戸郷に移った。
夕刻に頼朝から使いの土肥遠平が到着し仔細を報告したが乗船後の消息が判らないため悲喜こもごもである。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月3日
.
頼朝は小山朝政下川辺行平・豊島清元・葛西清重らに書状を送り参向を促した。上総廣常の館へ向ったが、日が暮れたため民家に止宿した。長狭常伴なる者が宿舎を襲撃する計画を察知して三浦義澄が彼らを討伐した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月4日
.
安西景益が安房国府の役人3人と一族を伴って参上した。長狭常伴のように命を狙う者がいるかも知れないので先ず上総廣常に使者を送り、迎えに来る様に命じる方が良いと言上した。頼朝は景益の屋敷に移り、和田義盛を廣常の許へ、安達盛長千葉常胤の許へ使者として派遣した。
.

.
  ※景益の屋敷: 安房国府があったと推定される三芳村府中地区(地図)の付近か。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月5日
.
頼朝は洲崎明神(房総半島西南端、現在の州崎神社、安房国一宮を称す)に参詣。昨日派遣した二人の使者が任務を果たして無事に戻れば謝礼の寄進を行なう旨の請願をした。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
9月6日
.
夜になって義盛が帰着し「上総廣常千葉常胤と相談して参上すると答えた」との報告をした。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月7日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼朝挙兵の情報を聞いた木曽義仲(帯刀先生源義賢の次男)も呼応しようと計画したところ、平家に与する小笠原頼直(中野市笠原の豪族)が兵を率いて義仲を襲おうとした。
.
義仲に与する村山義直(信濃源氏)と栗田寺別当範覺がそれを聞いて善光寺裏(現在の長野市若里・地図)に進出、市原合戦となったが日没を迎え、矢が尽きた義直は義仲に援軍を要請した。義仲の大軍の威勢を恐れた頼直は越後に逃走し城長茂の軍に加わった。
.

.
   ※市原合戦: 木曽義仲が初めて史料に登場したのがこの市原の合戦
(別名を善光寺裏合戦)。翌年6月には義仲と越後平氏の城助職(長茂)が横田河原の合戦で衝突する。      右画像は木曽義仲挙兵からの行動地図(クリック→拡大)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月8日
.
北條時政が使者として甲斐国に出発した。甲斐源氏と共に信濃へ向かい帰伏する者を従え奢る者を討てとの厳命を受けての行動である。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月9日
.
安達盛長が千葉常胤邸から戻って報告。頼朝の挙兵を喜ぶと共に、現在滞在している場所は要害でもなく先祖に所縁の場所でもない。早く鎌倉に向うべきであり、そのために常胤が迎えに参上する、との伝言を持ち帰った。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月10日
.
甲斐源氏の武田信義一條忠頼は石橋山合戦の情報を聞いて頼朝に合流するため駿河を目指すのを考えたが、まず信濃の平家方の追討に向った。伊那郡大田切郷の城(駒ヶ根市・地図)を落とし、神託に従って近在の平出郷・宮所郷など(いずれも現在の辰野町)を諏訪大社に寄進した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月11日
.
頼朝は丸五郎信俊に案内され丸御厨(現在の南房総市石堂一帯)を巡見した。
ここは先祖の頼義が蝦夷を討伐した際に最初の恩賞として得た土地であり、また頼朝の父義朝が継承した後に頼朝の官位昇進を祈って伊勢神宮に寄進したという来歴のある地でもある。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
9月12日
.
頼朝は洲崎明神に神田を寄進した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月13日
.
頼朝は精兵300余騎を従え安房から上総に向ったが、上総廣常は兵を集めるため遅れるとの連絡があった。
千葉常胤は一族を率いて参上した。その前に兵を送り、平家に与する目代の館を襲撃して焼き払い首を取った。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月15日
.
甲斐源氏の武田信義と一条忠頼は信濃の平家を討伐して昨夜甲斐に戻り逸見山に宿泊した。北條時政も今日到着し頼朝の意向をそれぞれに伝えた。
.

.
   ※逸見山: 八ヶ岳南麓の北杜市大泉の谷戸城(サイト内リンク・別窓)に比定されている。

.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月17日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼朝は上総廣常の参入を待たず下総国に向った。千葉常胤は6人の男子(太郎胤正次郎師常三郎胤盛四郎胤信五郎胤道(胤通)六郎胤頼)と嫡孫の成胤ら300騎を従え下総国府(現在の市川市国府台・地図)で頼朝を迎えた。
.
頼朝は「常胤を父とも思う」と述べ、常胤は一人の若者を頼朝に引き合わせた。
.
平治の乱の折に比叡山北部の龍華越で僧兵に襲われた際に義朝の盾となり、悪僧の矢を受けて討ち死にした陸奥義隆義家の七男で所領は相模の毛利庄・愛甲郡一帯)の子・毛利頼隆である。義隆討死の50日後に産まれ、乱に連座し同年2月に下総に流され常胤の庇護を受けていた源氏の血筋である。
.
頼朝は頼隆を近くに招き、常胤よりも上座に座らせた。
.

.
   ※龍華越: 平治の乱に敗れて京を逃れた義朝主従は比叡山から琵琶湖畔
に降る途中の龍華越で比叡山僧兵の襲撃を受けた(地図)
.
ここでは頼朝の異母兄朝長の太股に矢を受け負傷している。
.
        右画像は義朝主従の京都脱出ルート(クリック→拡大)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月19日
.
上総廣常は領国の武者2万騎を率いて隅田川の岸に参上したが、頼朝は遅参を厳しく叱責した。
.
国中が清盛の意中にあるのに一介の流人に過ぎない頼朝が挙兵した、更に自分の率いる大軍を見て感激するどころか遅参を叱責されてしまった。器に欠ける場合には討ち取る意図を持っていたのに、これは大将軍の器量と感じた廣常は心服し、従うことを誓った。
.

.
  ※廣常の心服: この手の逸話は将門の乱の際にもあった、相手は藤原秀郷平貞盛が忘れたけど。
吾妻鏡編者の脚色だろう。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月20日
.
武田信義ら甲斐源氏宛の使者として土屋宗遠を甲斐国に派遣した。安房・上総・下総の武士は全て頼朝に従った。更に上野・下野・武蔵の精兵を引き連れて駿河に向かい平家軍を迎え撃つつもりである。時政を先達とし、急いで黄瀬川(沼津市)に来るように、と。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
9月22日
.
左近少将平維盛は源氏と戦うため東国に出発する運びとなった。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月24日
.
時政と甲斐源氏は逸見山を出発して石禾の御厩(現在の笛吹市石和町)に投宿した。頼朝の使者土屋宗遠が到着して頼朝の意向を伝え、武田信義や一条忠頼らは駿河に結集する件を評議した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月28日
.
頼朝は江戸重長に使者を送り参上を促した。石橋山では敵となったが令旨に従うべきで、畠山重能小山田有重が在京しているため重長が実質的な棟梁として頼りにする存在である。武蔵国の武士と共に参加せよ、と。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月29日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼朝に従う軍勢は2万7千余騎、甲斐源氏や常陸・下野・上野の武士を加えると5万騎にもなる。もしも江戸重長が従わないようであれば誘い出して討ち取るべきの旨を葛西清重に命じた。
.
また佐那田余一義忠の母親に使いを出し、大庭景親らが幼い遺児に危害を加える恐れがあるから、安全を確保できる下総に送るように伝えた。
.
またこの日、小松少将平惟盛を総大将とした軍勢が平忠度、平知度らを従えて関東に向った。大庭景親からの飛脚が8月28日に関東を発って9月2日に着いたため、その報告に対処したものである。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
9月30日
.
新田義重八幡太郎義家の嫡孫(次男義国の嫡子)を理由に頼朝挙兵の前から源氏嫡流として自立の気配が見られ、今回頼朝が参加を促す書状を送ったのに返事をしない。更に上野国の寺尾城で兵を集めている。
また足利俊綱は平家に味方し、上野国府(前橋市元総社町)で源氏に味方する者の家を焼き払った。
.

.
   ※寺尾城: 高崎市寺尾町と太田市寺井町の二説ある。高崎市の方は烏川西岸の尾根(地図)に築いた寺尾城
で新田本領から約30km西に離れており、後に義重の二男山名義範が相続した山名郷の北に隣接している。もう一ヶ所の太田市寺井町の方は現在は和食レストラン新田乃庄本店が建っている場所(地図)で、概ね義重の本拠地に近い。個人的には(妻との初デートの場所でもある)新田乃庄説に賛成、兵を集めるには適しているからね。
.
   ※足利俊綱: 義国の子孫である源姓足利氏の所領だった足利荘
は平治の乱での義朝敗死後に平重盛の所領となり、家臣の藤姓足利俊綱の管理下にあった。
.
この時の源姓足利氏当主は義康、嫡男の義清と次男の義長は木曽義仲に従い備中水島合戦で戦死(寿永二年・1183)しており、三男の足利義兼が新田義重の補佐を受けながら惣領を継いでいた。
.
足利の善徳寺に重盛の墓と伝わる巨大な石塔がある(右画像。クリック→拡大・詳細は鑁阿寺の末尾で)。
.
この由来が長く気になっていたが、足利俊綱は1170年頃に犯した罪を許されて平重盛に仕えていた、という経緯がある。
.
従って、重盛病没の治承三年(1179)閏7月から治承五年(1181)閏2月の野木宮合戦で滅亡するまでの間に、重盛慰霊のため俊綱が建立したと考えれば辻褄は合う。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月1日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
甲斐国の源氏が精兵を率いて進んでくるとの情報が駿河国に伝わり、目代の橘遠茂は軍兵を奥津(現在の静岡県興津)の付近に集結させて合戦に備えた。
.
一方で石橋山合戦の後に分散を余儀なくされていた頼朝の兵力の大部分は鷺沼(現在の習志野市役所付近)の頼朝宿営地に集まった。同じく醍醐禅師(頼朝の異母弟今若丸・後の阿野全成)も修行を装って醍醐寺(公式サイト)を抜け出して駆け付けたため頼朝は感涙を流した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月2日
.
頼朝と千葉常胤上総廣常の軍勢三万余騎は太井川(現在の江戸川)と墨田川を渡って武蔵国に入った。豊島清元と葛西清重が参上し、更に足立遠元も前の命令に従い迎えに来る予定である。
.
また頼朝の乳母で故八田宗綱の娘(小山政光の後妻)が宿営地を訪れて昔話を楽しんだ。同伴した(政光の)末の息子(14才)を召し抱えて欲しいとの望みを聞き、烏帽子親になって小山宗朝(後の結城朝光)の名を与えた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月3日
.
千葉常胤が子息と家臣に厳命を発して上総に派遣した。ここで伊北庄司常仲(伊南新介常景の子)らを追討させ、嫡男の千葉胤正が手柄を挙げた。この常仲は(去る9/3に)頼朝を襲おうとした長狭六郎常伴の外甥である。
.

.
   ※伊北・伊南; いずれも外房の勝浦一帯。上総興津駅の近くに合戦場の字名が残っている。

.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月4日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
畠山重忠河越重頼江戸重長が長井の渡(隅田川沿いの浅草)に参会した。三浦義明を討った輩であり、その後に功績を挙げた嫡子義澄らの敵方でもあったが、今後も続く戦いには秩父平氏一党は欠かせない勢力である。
.
忠節と協力が欠かせない事を双方に言い含めた。三浦一族にも異論はなく、目を合わせて同列に着座した。
.

.
   ※畠山氏の動き: 重忠の父・重能はこの後も平家の武者として各地
を転戦、都落ちの際は同行を申し出ている。
.
重能と源氏の接点は大蔵合戦(1155)から平治の乱(1159)までの4年間のみで、平家の恩の方が遥かに大きかった事、重能が源氏の力を過小評価していたらしい事が挙げられる。
.
頼朝に合流を決めた重忠が「平家の恩は一代、源氏の恩は重代」と判断した(源平盛衰記?)のは重忠の忠義心を強調する脚色で、実際には平家との関わり合いが遥かに大きくて長い。
.
東国武者は損得を冷静に判断したのだろう。
.
   右画像は川本の畠山郷に残る伝・重能の墓石(リンク先に拡大画像あり)。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
10月5日
.
(軍勢の通過に伴う)諸般の雑事を在庁官人や郡司に指示して置くように江戸重長に申し付けた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
10月6日
.
頼朝畠山重忠を先陣、後陣に千葉常胤を従えて相模国に到着(鎌倉に入った)。軍勢は幾千万とも知らず、居館の造営が間に合わないため頼朝は民家に宿営した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月7日
.
まず八幡宮(現在の元八幡神社を遥拝した。次いで故義朝が住んだ亀谷の旧邸跡(後に 政子壽福寺を建立した地)を訪れて館を建てようと考えたが、地形が狭い上に岡崎義實が義朝の菩提を弔って建てた堂宇が既に建っていたため、計画を中止した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月8日
.
足立遠元安達盛長の甥)は日頃から忠勤に励んでおり、今回の挙兵に際しても早くから協力したため所領(足立区〜浦和の一帯)を安堵する旨の命令を下した。<
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月9日
.
大庭景義を奉行として頼朝居館築造の作業が始まった。急がれるため山内(北鎌倉の巨福呂谷)にあった屋敷を移築した。正暦年間(約190年前の西暦990〜995年)に建てられた屋敷だが、安部清明の守護札が貼ってあるため災害を受けていなかったものである。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月11日
.
早朝、大庭景義の出迎えを受けて御台所(政子)が鎌倉に入った。昨夜のうちに伊豆阿岐戸(秋戸)郷伊豆阿岐戸郷から到着したのだが吉日を選び稲瀬川(江ノ電長谷駅のすぐ東側で由比ヶ浜に注ぐ)の民家に泊まっていた。
.
頼朝の仏典の師・走湯山(伊豆山)の住僧専光坊良暹も以前の約束に従って到着した。
.

.
   ※阿岐戸郷: 伊豆山権現の神域だが急傾斜の海沿いにあり、往来は舟だけなので安全と判断されたらしい。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月12日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
早朝寅の刻(4時前後)に小林郷の北山に社殿を造り専光坊を当分の別当職(長官)として鶴岡宮をここに遷し、大庭景義が実務の管理を取り仕切った。頼朝は色々と迷った末にこの場所を決め、飾りなどを省いて取り敢えず茅葺の宮を建てた。
.
この八幡宮は後冷泉院の時代に源頼義(頼朝の五代前)が勅命を受けて安倍貞任らを征伐した康平六年(1063)の8月に密かに(非公式に)石清水八幡宮(公式サイト)を勧進して由比郷に祀り(今は下若宮と呼ぶ)、永保元年(1082)の2月に源義家が修復を加えた。
今また(その子孫が)小林郷に遷して祀るものである。
.

.
   ※下若宮: 元鶴岡八幡宮として存続する。ここの古い地名が鶴岡。
現在の鶴岡八幡宮休憩所の裏手に「由比若宮遙拝所」が設けてある。
      右画像は現在の鶴岡八幡宮境内(クリック→拡大)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月13日
.
木曽義仲は亡父帯刀先生義賢の旧跡を訪ねるため信濃国を出て上野国に入った。ここは足利俊綱(藤姓足利氏)の支配地だが私に従えば恐れる必要はない旨の指令を民に出した。
.
甲斐源氏と北條時政義時親子は駿河国に入り大石の驛に止宿。戌の刻(夜8時前後)、駿河目代が長田入道の策に従って北上して来る旨の報告が入ったため、途中で迎撃する軍議が決まった。
.
武田太郎信義と子の次郎忠頼(一條)と三郎兼頼(板垣)と有義安田義定逸見光長、河内義長、伊澤信光らが富士北麓若彦路経由で南下、石橋山合戦の後に甲斐国に逃れていた加藤光員景廉らを伴って駿河に向った。
.

.
   ※義賢の旧跡: 1145年頃〜1153年頃に義賢が住んだ多胡館跡(群馬県吉井町・地図)
   ※大石の駅: 静岡県富士宮市の日蓮宗大石寺(地図)付近。ここには律令制の「驛(うまや)」があった。
   ※駿河目代: 伊予国(愛媛県)を本拠とした越智氏の一族である橘遠茂。
   ※長田入道: 知多半島の野間大坊で敗走した義朝を謀殺した長田忠致と推定される。
   ※若彦路: 酒折宮を起点とする甲斐九筋の一つ。富士山西麓を経て富士宮に至る。

.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月14日
.
甲斐源氏の一行は神野と春田路を経て正午前後に鉢田に着いた。駿河目代の軍は狭い道で突然遭遇したため動きがとれず、防御に努めたが長田入道と子息の二人は討ち取られ橘遠茂は捕虜になった。後続の兵は悉く逃げ去り、午後6時前後には富士裾野の伊堤に討ち取った首を晒した。
.

.
   ※鉢田: 合戦のあった場所は確定していない。鉢田山は愛鷹山の古名なので、その山裾か。
   ※伊堤: 伊堤・井出の地名は多数あって不明確。後に阿野全成の所領となる沼津市井出と考えられる。
.
   ※経路: 吾妻鏡の記述を現代の地名に当てはめると、白糸の滝付近から富士市原田を経由し愛鷹山麓で戦い、
沼津市の井出(富士市との境界)に首を晒し、東進して18日に黄瀬河で頼朝と合流した、となる。
白糸〜22km〜原田〜10km〜井出〜10km〜黄瀬河〜21km〜富士川合戦場。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月15日
.
頼朝は鎌倉の邸宅に入った。大庭景義が奉行した山内の屋敷移築が完成したためである。

   ※邸宅: 最初の政庁(頼朝居館)は雪ノ下の清泉小学校角に大蔵幕府跡の碑が残る。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月16日
.
頼朝の意向で鶴岡八幡宮の終日読経が始まった。法華経・仁王経・最勝王経・大般若経・観世音経・薬師経・寿命経などである。八幡宮住僧が勤行し、相模国桑原郷(小田原市北部の酒匂川東岸)を御供料として寄進した。
.
今日、(頼朝の軍勢が)駿河に向かって出陣した。平惟盛が率いる平家軍数万騎が13日に手越の駅(静岡市駿河区・地図)に到着した旨の報告が届いたためである。
.
夜になって相模国府六所宮(大磯)に到着、ここで箱根権現に早河庄(小田原市の早川河口付近。石橋山合戦場の北側)の寄進を保証する下文に自筆の手紙を添えて別当の行實に送った。
.

.
   ※六所宮: 現在の六所神社一帯に当時の国府があった。平安時代中期に相模国内の
有力神社五ヶ所の分霊を国府近くの社に勧請して六所宮とし、祈願所と定める習慣が定着した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月17日
.
波多野義常を討伐するため兵を送ったところ義常は討手の下河邊行平らが到着する前に松田郷で自殺。嫡子の有常は大庭景義の元に居たため災難を逃れた。義常の叔母(義通の妹)は源朝長の母であり、その好意を受け当初は義朝に仕えたが後に不和となって保元三年春に波多野郷に戻っていた。
.

.
   ※松田郷: 東名高速の大井松田IC付近。松田惣領・松田庶子(地名)などが合併し現在の松田町になった。
   ※義常の叔母; 尊卑分脈は朝長の母は別人、としている。「典膳大夫久経の子」と書かれているので朝長の乳母
だった可能性もある。朝長が義朝後継から外れたため疎遠になっていた、という事か。
.
   ※波多野郷: 藤原秀郷の子孫佐伯経範が領有して波多野を名乗ったのが最初。
現在の秦野・松田・山北・南足柄・小田原北部を含む酒匂川沿いの地域。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月18日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
大庭景親は千騎を率いて平家軍に合流するため出発しようとしたが、頼朝が20万騎の精兵を従えて足柄を越えたため前途を塞がれて河村山に逃げ込んだ。
また、伊豆山からの急使が来て「軍兵が聖地を往来して狼藉が心配されるため配慮を願いたい」との事、頼朝は「伊豆山は私の祈祷所でもあり、無闇に立ち入ってはならない」旨の下文を送った。
.
日暮れになって黄瀬河に到着し来る24日を矢合せ(開戦)と定めた。甲斐・信濃の源氏と北條時政が二万騎を率いて到着、(去る9月10日に)大田切郷の城を落とし神託に従って諏訪大社に寄進した旨を語り頼朝を喜ばせた。
.
次に駿河目代との合戦の話になって捕虜18人を召覧。加藤光員が目代橘遠茂を討ち取って郎党1人を生け捕り、加藤景廉が郎党2人を討ち1人を生け捕ったと報告した。
.
また工藤景光が波志太山俣野景久と戦った、などを報告し恩賞に値するとの言葉を受けた。
大庭景親に味方し頼朝に逆らった者は後悔で魂を消す思いだろう。荻野俊重・曽我祐信らは降伏して参上した。
.
夜になって土肥實平土屋宗遠らは酒肴の支度を整えた。北條時政親子と伊豆相模の武士らは各々馬や直垂を褒美として受け取った。
.
その後土肥實平を使者として派遣し、亡き異母兄の朝長が育った松田の屋敷を修理するようにと中村宗平に指示した。
.

.
   ※河村山; JR御殿場線の山北駅南にある河村城址。平安末期に
波多野遠義の二男河村秀高が築城した。秀高の子義秀は石橋山合戦で平家に与して所領を没収されたが建久元年(1190)に鎌倉で流鏑馬の妙技を見せ本領を回復した、と吾妻鏡にある。
.
   ※波志太山: 河口湖の南西にある足和田山(地図)に転訛したと考
えられる。甲斐九筋の一つ・若彦路が河口湖と西湖の間を通っていた。
.
   右画像は河口湖と足和田山と若彦路の鳥瞰(クリック→拡大)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月19日
.
伊東祐親平維盛の軍に合流するため伊豆鯉名(南伊豆の小稲)から舟を出そうとしたが天野遠景が捕えて黄瀬河の宿所に連行した。頼朝は処分を決めるまで娘婿の三浦義澄に身柄を預けた。
.
去る承安三年(1173)に祐親が頼朝に討手を向け、祐親二男の祐清(吾妻鏡は祐泰と記載)が急を知らせて難を逃れた。その功績に報いるため恩賞を与えるべく呼び出したが、祐清は「父の祐親が罪人として囚われており、その子が恩賞を受ける謂れはない」として釈放を願い、平家軍に加わるため上洛した。信義を重んじる美談である。
.
その後に甲斐源氏の加々美長清(翌・治承五年に上総廣常の娘婿になった頼朝お気に入りの人物)が京都から到着。平知盛に仕えていたが母の病気を理由に帰国を願って許され、戻る途中で病を得たため手間取ったが甲斐を経て駆けつけたというのが経緯である。
.

.
   ※伊豆鯉名: 頼朝が平兼隆討伐の直後に「目代・史大夫知親の権限停止」を布告した蒲屋御厨のある南伊豆。
祐親は土地勘とコネのある地から駿河に渡ろうとしたのだろう。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月20日
.
頼朝軍は駿河国賀島に到着。平維盛薩摩守忠度・参河守知度ら(の率いる平家軍)は富士川西岸に布陣した。
.
夜になって武田信義が作戦を立てて平家軍の背後を襲おうとしたところ富士沼の水鳥が一斉に飛び立ち軍勢の攻撃のように思えたため、平家軍は浮き足立った。
.
次将の上総介藤原忠清らが相談し「東国の兵は全て頼朝に従っている。京都を離れた地で包囲されては逃げられないから、早く戻って作戦を立て直そう」と。知度以下はその言葉に従って夜明けも待たずに撤退してしまった。
.
飯田家義と子の太郎が渡河して平家軍を追い掛けた。引き返した伊勢国の住人伊籐次郎が太郎を射取り、伊籐次郎は家義によって討ち取られた。印東常義は鮫島(富士市の田子の浦港の西)で討たれた。
.

.
   ※賀島: 富士市の岳南鉄道本吉原駅近く。
現在の富士川本流から約7km東だが、平家越えの地名が残る。平安末期には富士川の河口に近い湿地帯だったと推定される。
.
   ※次将: 大将軍は象徴としての指揮官、次将は軍事面の指揮官。
.
   ※撤退: 平家物語に拠れば、維盛が従軍していた斎藤實盛に東国
武者の様子を尋ね、實盛が「親子の屍を乗り越えても戦う」と勇猛さを語ったため戦意を失った、と書いている。   右画像は和田川の橋際に建つ「平家越え」の碑(リンク先に拡大画像あり)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月21日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼朝は維盛軍を追撃して京へ向かう命令を下したが千葉常胤・三浦義澄・上総廣常らがこれを諌めた。
.
常陸の佐竹義政と秀義らが数百の軍勢を率いていながら未だに頼朝側に加わっておらず、更に秀義の父の隆義は平家に従い在京している。他にも油断できない者が多いから先ず関東を平定し後に関西に向うべき、と。
.
頼朝はこれを聞き入れて黄瀬河の宿舎に戻った。安田義定に遠江国の守護、武田信義を駿河国の守護として統治・防衛に当たらせる指示を与えた。
.

.
   ※佐竹: 隆義は佐竹二代当主、長男が義政で二男が嫡子の秀義。千葉・上総氏とは所領を接して敵対する関係
だから、上洛を目指すより転針して佐竹を滅ぼす方がメリットが高い。
.
   ※指示: 原文は「被差遣」だが、この時点の甲斐源氏と頼朝は対等の関係であり、軍事力にも大きな差はない。
指示或いは命令するような関係ではないから「差し遣わす」は吾妻鏡の脚色だろう。更にこの時点では統治下に入っていない両国の守護任命権は頼朝にはなく、吾妻鏡編者の曲筆と考える説が多い。
.

.
今日一人の若者が宿所の入口に立ち頼朝に会いたいと申し出た。
.
土肥實平土屋宗遠岡崎義實らがこれを怪しんで取り次がなかったが頼朝が聞きつけ、年令から察すれば奥州へ逃れた九郎かも知れない、早く会って見ようとなった。實平が招き入れると果たして義経だった。
.
  右画像は頼朝と義経が語り合ったと伝わる対面石(真偽は疑問)。
  更に詳細は画像をクリックして清水八幡神社の詳細ページへ。

.
御前に進んで過ぎた日々を語り合い懐旧の涙を流した。昔祖先の義家が奥州合戦(前九年の役)で苦戦したる時、弟の 義光は朝廷警備の職を辞して兄の軍陣に駆けつけ敵を滅ぼした、その旧例に同じである、と。
.
義経はまだ赤子だった平治二年(1160)に父の義朝が死に、その後は
継父の一條大蔵卿長成に庇護され、出家のため鞍馬山に預けられていた。会稽の思いで自ら元服し、藤原秀衡を頼って奥州に居たものである。今回頼朝挙兵の報を聞いて加わるため出発しようとしたが秀衡が押し止めていた、隠れて出発を試みたため秀衡も止められず、家臣の勇士・佐藤継信忠信の兄弟を付き添わせた。
.
夕刻、体を清め三嶋大社に参詣。挙兵の願いが成就したのは神社の加護を得た結果なので伊豆御園河原谷長崎(三島市南部の狩野川沿い)を神領として寄進した。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月22日
.
飯田家義が平家の武者伊藤次郎を討ち取った合戦の様子と子息が討死した様子を報告した。昨日は頼朝の三島大社参拝の日だったので遠慮した、と。石橋山の合戦でも景親と戦って功績を挙げており、頼朝は「家義は無双の勇者である」として賞賛した。周辺にも異論はなかった。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月23日
.
相模国府に到着し最初の論功行賞を行った。
.
北條時政武田信義安田義定千葉常胤三浦義澄上総廣常和田義盛土肥實平安達盛長土屋宗遠岡崎義實工藤親光・佐々木四兄弟(定綱経高盛綱高綱)・宇佐美祐茂・市河行房・加藤景員大見實政大見家秀・飯田家義らが従来の領地を安堵され、或いは新領を得た。
三浦義澄は三浦介(守の次の官位)に、下河邊行平は従来通り下河邊の庄司に再任された。
.
大庭景親はついに投降して出頭し上総廣常に預けられた。長尾為家は岡崎義實に、長尾定景は三浦義澄にそれぞれ預けられた。 河村義秀は所領の河村郷を没収され大庭景義に預けられた。滝口経俊は山内庄を没収され土肥實平に預けられた。その他にも石橋山の合戦で敵となった者はいたが、死罪にされたのは10人に1人程度だった。
.

.
   ※工藤親光: 狩野茂光の四男で狩野介、文治五年(1189)の阿津賀志山合戦で戦死している。
河津の伝承では曽我兄弟の生母満江御前の父親とされているが、異説もある。
.
   ※實政と家秀: 大見と書くべきか宇佐美と書くべきか悩む。元々中伊豆大見郷が本領だが宇佐美姓と大見姓の
の使い分けが曖昧で、その上に同一人物もいるためだ。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月25日
.
松田に造作した邸に入った。中村庄司に修理を命じていたもので、侍25間の萱葺きである。
.

.
   ※松田邸: 兄の朝長が育った屋敷を修理するよう10月18日に命じていたもの。侍25間の意味だが、間は長さ
ではなく柱間の数を表すのが一般的。「侍」は「主人の家政を取り仕切ったり身辺を警護する従者の詰所」の意味もある。それらの部屋が25ある意味では広すぎるか?要するに判らない。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月26日
.
大庭景義に囚人河村秀義を斬罪に処する指示を行った。また、今日固瀬川で大庭景親を斬罪にし首を晒した。
景親の弟俣野五郎景久は今も志が平家にあり、密かに逃れ平家との合流を目指して上洛した。
.

.
   ※景親斬首: 投降後に頼朝が兄の景義に「助命を願うか」と訊ね、景義は「お心の儘に」と答えた。これは景義の
清廉さを伝える説話(源平盛衰記だったかな)だが、保元の乱(1156年)で為朝の鏑矢に左膝を砕かれ落馬した景義を景親が担いで救出した、その恩義もあったと思う。
.
この傷によって歩行困難になった景義は景親に家督を譲るのだが、当時の景親は26歳で父の景宗も存命していた。相続のトラブルが尾を引いて兄弟の仲を裂いた可能性もありそうだ。
.
長男景義と次男の豊田景俊の生母は横山隆兼(愛甲季隆の父)の娘、三男景親と四男俣野景久は異腹(生母不詳)である。異腹の兄弟が源平に分かれ、更に助命を願う事もなかったのは円満な関係ではなかったから、かも知れない。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
10月27日
.
佐竹秀義追討のため常陸国に向け出発した。周囲ではこの日が運勢の衰微する日取りなのを心配したが、東国を掌握する契機となった令旨が届いたのは4月27日だった。従ってこの様な場合は27日を使うべきである、と。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
.
治承四年
.
11月2日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
平惟盛以下の将兵は何の手柄もなしに京へ戻ってきた。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月4日
.
頼朝の軍勢が常陸国府に到着。佐竹一族は領地の外まで勢力範囲を広げて郎従も国中に多勢いるから拙速に行動せず良く作戦を立てて攻めるよう、千葉常胤上総廣常三浦義澄土肥實平以下の宿老が軍議をこらした。
.
まず彼らの出方を見るために縁戚である上総廣常を派遣したところ佐竹義政(庶長子)はすぐに参上すると返答。義政より兵力の多い嫡子秀義は父の隆義が京で平家に従っているため参上できずと答え、金砂城に引き籠った。
.
義政が上総廣常の誘いに従って大矢橋まで来たとき頼朝は義政だけを橋の中央に招き廣常に命じて殺させた。とても早い行動だったため従う者は対応できず、降伏したり逃げ去ったりした。
.
その後に秀義への攻撃を開始、下河邊行平と政義・土肥實平・和田義盛・土屋宗遠・佐々木定綱と盛綱・熊谷直實・平山季重ら数千の強兵が競って攻めたが佐竹軍は城壁を築いて守りを固めて決着せず、膠着状態のまま夜を迎えた。
.

.
   ※常陸国府跡: 現在の石岡市総社の石岡小学校周辺(地図)。
石岡市のサイトを参考に。
.
   ※金砂城: 地図はこちら、常陸太田市上宮河内町の西金砂神社が
城跡(参考サイト)。2014年9月の旅行では間違えて「東金砂神社」に行ってしまった。帰ってから気が付くとは、私は何という阿呆なんだろ。
.
   左奥の頂上が金砂城址、鳥居から細道を1.2km(クリック→拡大)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月5日
.
早暁に土肥実平と土屋宗遠たちが頼朝に使者を送り、「佐竹秀義の金砂城は人の力では落とせない要害で、一騎当千の兵が籠っているため熟慮して攻めるべきです」と報告した。
.
宿老の意見を求めると、上総廣常が「秀義の叔父佐竹義季は智謀も欲心も優れた男なので恩賞を約束すれば秀義を滅ぼす計略を巡らすでしょう」と言ったのでそれを許し、廣常は急いで義季の元を訪れた。
.
「関東武者のほとんどは頼朝に従っており、秀義だけが敵対している。貴方は頼朝に拝謁し秀義を討ち取る手配をして彼の領地を得るべきだ」と。義季はすぐに承知し、廣常や兵と共に金砂城の裏手に回り大声を上げて城の中に響かせた。秀義と家臣は防御も忘れ慌てふためき、更に廣常らの攻撃によって逃げ去った。秀義は行方をくらました。
.

.
   ※佐竹義季: 落城後に義季は頼朝の御家人となった。秀義も後に投降して許され御家人に列している。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月6日
.
早暁、上総廣常は秀義逃亡の跡に入り城壁を焼き払った。その後軍兵を方々に送り秀義を探したが山に入って奥州の花園城に向ったとの噂である。
.

.
   ※花園城: 現在の北茨城市華川町の花園神社を中心にした要害(地図)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月7日
.
上総廣常らが頼朝の宿所に戻り合戦の詳細と秀義の逃亡や城を焼き払った事などを報告した。中でも熊谷直實と平山季重は危険を顧みずに先頭を進み敵の首を多く獲ったため、勲功は他に勝っているとの言葉があった。
また佐竹蔵人(義季)が参上し家臣に加わる願いを申し出て、功績があったためそれを許された。
.
この日、志太義廣十郎行家が国府を訪れ頼朝と面談した。
.

.
   ※志太義廣と十郎行家: 共に頼朝の叔父(為義の息子)で義廣は三男(義朝・義賢・義廣の順)、行家は十男。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月8日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
秀義の所領常陸国奥七郡と太田・糟田・酒出などを没収し勲功の褒賞とした。また、逃亡した佐竹の家臣10人ほどを上総廣常と和田義盛に捕えさせ庭先に召し出した。害心を持つ者が居るか否かを顔色を見て判断したところ、紺色の直垂を着た男が頭を垂れ涙を流すのを見て理由を問いただした。
.
男は「主人の佐竹義政が殺されたのを考えると身の置き所がない」と。「では何故その時に戦って死ななかったのか」の問いに「橋の上で主人一人が殺されたため後日の事を考え逃亡した。いま出頭したのは武士の本懐ではないが拝謁のついでに言いたい事があるためだ」と。更に言葉を続けて、
.
「平家追討を後回しにして同族の佐竹を滅ぼすのは理解できない。敵に対しては国中の勇士が力を合わせるべきである。平家追討は誰に命じ、子孫の守護は誰に委ねるのかを良く考えるべきである。今は皆が貴方を恐れているだけで心から帰伏しているのではない。子孫に禍根を残すものである」と語った。
.
頼朝は無言のまま奥へ入った。上総廣常は「あの男は謀反を計画するに違いないから早く殺すべきである」と言った。頼朝はそれを否定して家臣に加えた。これが岩瀬與一太郎である。
.
今日、頼朝は鎌倉へ帰った。その途中で小栗重成の所領である小栗御厨八田館に入った。
.

.
   ※小栗重成: 小栗氏は常陸平氏大掾氏の庶流で重成は常陸から頼朝挙兵に参加した唯一の武士。
八田館は現在の茨城県筑西市の小栗周辺(地図)。小貝川西には「八田」の地名も残っている。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月10日
.
武蔵国丸子荘(大田区丸子)を葛西清重に与え、彼の家に宿泊した。清重は頼朝を楽しませるため、青女(未婚の若い女性)に饗応させる名目で妻女を夜伽に差し出した。
.

.
  ※妻女の夜伽; 当時は貴人の接待には珍しくない風習だったらしい。葛西清重は応保元年(1161)頃の生まれ
だから妻女は20歳弱ほどだろう。若い人妻は魅力的(垂涎)、か。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月12日
.
武蔵国に至り、日頃は供として従えていた荻野俊重を斬罪に処した。功績があった様に見えるが、石橋山合戦では大庭景親に味方していた。いま処罰しなければ同じ事をした他の者の罪科を罰する事ができないからだ。
.
  ※荻野俊重: 治承四年10月18日に投降した武士。所領の萩野(地図)は没収し(同族の)荻野景員と景継に
与えた。投降した武士は多いが、約一ヶ月も過ぎて斬首するには他に理由があったのだろう。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月14日
.
土肥實平が武蔵国の寺社に向った。これは寺社の領域に諸人が入って狼藉を行う旨の訴えがあったため、これを止めさせる命令を下すためである。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月15日
.
武蔵国の威光寺は源氏代々の祈祷所であるから院主増圓の管理する寺領は従来通り租税を免じられる、とした。
.

.
   ※威光寺: 既に廃寺だが、川崎市多摩区のJR南武線宿河原駅に近い妙楽寺(参考サイト)一帯が旧跡らしい。
地図はこちら、下記19日に載っている長尾寺=妙楽寺=威光寺らしいが、本坊と僧坊が盛衰を繰り返したのだろうか。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月17日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
頼朝は鎌倉に帰還した。今日、曽我祐信は(石橋山合戦で平家に加わった)罪を許された。
.
また和田義盛が侍所別当に任ぜられた。これは去る8月の石橋山合戦の後に舟で安房へ向う時にまだ今後の安否が判らない中で義盛がこの職を望んで許された経緯による(上席の者を越えての)任命である。
.

.
   ※侍所別当: 平安時代末期までは皇族や摂関家を警備する武士の詰所を意味し、鎌倉時代には行事の警備・
御家人の招集・罪人収監などを担当する侍所司となった。その長が侍所別当、和田合戦(1213)で義盛が滅亡した以後は代々の執権が任じている。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月19日
.
武蔵国の長尾寺は頼朝の弟・阿野全成に与えられた。住僧はそのままで従来通りの祈祷を続けるよう申し付けるため、慈教坊僧圓・慈音坊観海・法乗坊辨朗を召しだした。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月20日
.
大庭景義波多野義常の子息・有常を連れて参上し赦免を願い出たため、暫く預かるように申し付けた。義常の遺領のうち松田郷は景義が拝領している。
.

.
   ※波多野義常: 追討の兵を向けられ10月16日に自刃、本領の波多野荘は義景(義常の庶兄または従兄弟)
が名跡を継いだ。義常の妻が大庭景義の妹だから有常は甥にあたる。景義が預かった有常は文治四年(1188)4月の八幡宮流鏑馬で弓馬の妙技を見せて頼朝の賞賛を受け、景義が管理していた松田郷の相続を許されて松田氏の祖となった。
.
大庭景義は承元四年(1210)に82歳で死没、3年後の和田合戦(建保元年・1213年5月)の和田側戦死者名簿の中に大庭小次郎(景義の嫡子景兼)と共に松田小次郎(有常)など一族の多くが含まれている。恩のある大庭氏に従って縁戚関係にある和田氏に殉じたのだろう。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
11月26日
.
山内経俊を斬罪に処す内示があった。経俊の老母(頼朝の乳母の一人)がこれを聞き泣きながら助命を願い出た。
.
八幡太郎義家様に仕えてから代々忠義を尽くしており、経俊の父俊通は平治の乱で義朝様に従って戦い、死骸を六条河原に晒しています。石橋山で景親の側に加わったのは平家を憚ったやむを得ずの行動で、同様に景親に従った大勢の武士が恩赦を受けているのに、なぜ経俊には先祖の功績を配慮してくれないのでしょうか。」と。
.
頼朝は黙って土肥實平に自分の鎧を持ち出させた。これは石橋山合戦の際に経俊の放った矢が袖に刺さったもので、瀧口三郎藤原経俊と書かれている。頼朝が自らそれを読み聞かせると老母は涙を拭って退出した。
本来は許し難い罪ではあるが老母の悲嘆に免じ、また先祖の功績も考慮に入れ死罪は許された。
.

.
   ※山内経俊: 山内首藤氏は現在の大船から戸塚にかけての広大な山内荘一帯を領有していた。
吾妻鏡の本年7月10日に「相模の波多野義常と首藤(山内)経俊は召集に応じないばかりか暴言を吐いた」と使者の籐九郎盛長が報告している。
.
許された経俊は頼朝に臣従し転戦、伊勢国と伊賀国の守護に任じたが、元暦元年(1184)の三日平氏の乱の鎮圧に失敗して解任された。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月1日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
平知盛が数千の軍勢を率いて近江に入り 山本義経と弟の柏木義兼らと合戦。義経は命がけで戦ったが軍兵の数に勝る平家軍は屋敷に放火して廻り、山本山城に籠った義経らは対抗できずに逃亡した。これは去る8月に頼朝の挙兵を聞き、京の近くにも拘らず関東に味方し平清盛の権威を傷つけたため攻撃されたものである。
.

.
   ※山本山城: 浅井長政で知られた小谷城の西約5km、琵琶湖を見下ろす山本山(324m)の山頂付近にある。
詳細は 参考サイトで。2009年の秋、小谷城に登るつもりで麓まで行ったのだが「熊出没注意」の看板にビビって撤退した。君子危うきに近寄らず、だ。
.
   ※柏木義兼: 本領は甲賀市水口町の柏木荘。義兼は出家して甲賀入道を名乗っている。建久年間に頼朝が
鶴岡八幡宮を勧請して分霊を祀り(現在の柏木神社・紹介サイト)新田を寄進している。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月2日
.
平重衡と淡路守清房(清盛の八男)と肥後守直能らが東国に向って出陣した。東国の源氏を攻めるためなのだが、途中から京に戻ってしまった。
.

.
   ※出陣と帰還: 玉葉は「近江の反乱軍を鎮圧」と書いている。「東国の源氏を攻める・途中から京に戻った」
吾妻鏡の間違った解釈で、「近江を鎮圧して帰還した」が正しい。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月4日
.
安元元年(1175)に上総に流されていた阿闍梨(高僧)の定兼が鎌倉に呼ばれた。仏法の知識が深いと評判があり、鎌倉には見られない人材なので上総廣常に命じて召し出し、鶴岡八幡宮の供僧に任命された。
.

.
   ※阿闍梨定兼: 大和国出身の真言宗高野山学僧で流罪の経緯は不明、3年後に死去している。供僧は管理の
業務を兼任する僧で、神官よりも上の地位にあった。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月10日
.
山本義経が鎌倉に入った。土肥實平を通じ「志を関東に向けているのが平家に露見して衝突し去る1日に城を攻め落とされたため当初の意志に従い参上しました。平家追討の日には必ず一方の先陣を命じて下さい」と申し出た。
.
頼朝は「早々と参向したのは立派なので家臣に加わるように」と言った。この義経は義光の子孫で、弓馬の芸に秀でている事で知られた人物である。平家の讒言により安元二年12月30日に佐渡に流され、去年赦免されたのだが再び所領を追われてしまった。平家への遺恨は間違いない、と。
.

.
   ※玉葉に拠れば: 山本山の落城は16日で、鎌倉に到着した10日はまだ交戦中だった。そう言われれば平家軍
の出陣は2日だから、1日の落城と10日の鎌倉参着は確かに疑わしい。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月11日
.
平清盛重衡園城寺(三井寺・公式サイト)に派遣し寺の衆徒と合戦した。この寺の僧が去る5月に以仁王に与したからである。南都(東大寺・興福寺)も攻め滅ぼされるだろう。この件はずっと処理されないままだったが、頼朝が関東で挙兵したため衆徒が同調するのを警戒した清盛の思慮によるものである。
.

.
   ※南都を攻撃: 4月に発行した平家追討の令旨は5月初旬に露見、平時忠が300騎を率いて捕縛に向ったが
以仁王は辛うじて園城寺に脱出。後に頼政が合流し、25日には平家軍を避け千騎を率いて興福寺の僧兵と合流するため(奈良)を目指し、宇治で追いつかれて共に戦死している。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月12日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
夜10時頃に新造の館に移転の儀があった。大庭景義が奉行し去る10月から大倉郷に建てていたものである。頼朝はその時刻に上総廣常の家から水干を着し石禾栗毛(毛色の名)の馬に乗り新邸に入った。
.
先頭は和田義盛加々美長清が左、毛呂季光が右、北條時政・同義時足利義兼山名義範千葉常胤・同胤正・同胤頼・籐九郎盛長土肥實平岡崎義實工藤景光宇佐見助茂(祐茂)・土屋宗遠佐々木定綱・同盛綱が続き、畠山重忠が最後尾を務めた。
.
頼朝が寝殿に入った後、供の者は十八ヶ間の侍所で二列に対座し、和田義盛がその中央に着座した。この日に出仕した人数は311人、御家人たちは御所と同じ様に周辺に住居を構えたり宿を確保したりした。東国の者はこの有り様を見て頼朝が鎌倉の主だと改めて認識した。
.
鎌倉は辺鄙な地で漁師や百姓の他には住む者も少なかったがこの時から道路を整備して地名を決め、屋根や門が連なるようになった。
.
今日、平家の軍勢が園城寺(三井寺・公式サイト)を焼き払った。
金堂以下、堂塔も廟所も経典など全てが灰燼に帰した、と。
.

.
   ※水干: 狩衣の一種で公家や高位の武士が平常時の私服として
用いていた。詳細は wiki を参考に。
.
    右画像は清泉小学校西北端に建つ大倉幕府跡の碑。すぐ左に頼朝墓所がある。(クリック→拡大)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月14日
.
武蔵国の武士が代々支配してきた土地は従来通りに継続して管理・使用させる旨の通知が発行された。北條時政と土肥實平がこれを差配し、藤原邦通が文書に書き下した。
.

.
   ※藤原邦通: 頼朝の初期の祐筆(秘書役の文官)。挙兵直前に兼隆邸内部を偵察し報告した人物。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月16日
.
鶴岡若宮(鶴岡八幡宮)に鳥居を建てた。また、終日(鎌倉の安泰を祈る)最勝王経の読経を続けさせた。頼朝は水干を着用し龍蹄に跨って登御した。
.

.
   ※龍蹄: 背の高さ4尺(約121cm)以上の馬。当時も5尺(約152cm)程度の大型馬もいたらしいが一般的には
4尺ほど。現在乗馬クラブなどの馬は150〜170cm、147cm以下はポニー種の範囲、現在は子供用や愛玩用なのでイメージが崩れる。ポニーに跨った甲冑武者、か(笑)...
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月19日
.
橘公長が子息の公忠・公成を伴って鎌倉に参着した。平知盛の家臣だったが去る2日に重衡が東国を攻めるため出発した時に宗盛の進言で同行した者である。武芸に優れているのみならず智謀にも長けている。
.
しかしながら、平家の体たらくを見て運が傾いていると判断した。更に粟田口源為義の家臣だった斎藤實盛・片桐大夫らと喧嘩した時の為義は裁判沙汰になる恐れもあったのに、實盛らを叱りつけて自分を許してくれた。この恩が忘れられず志も源氏に傾いたため重衡に仕えるのを嫌い、縁者を探し遠江を経て鎌倉に来た。
かつて一緒に知盛に仕えていた加々美長清を通して仔細を上奏し、御家人に加わるのを許された者である。
.

.
   ※橘公長; 後に義経に従って平家追討に転戦した。捕虜の宗盛を近江国篠原宿で(義経の命令により)斬首、
更に重衡が南都の僧に斬首された様子を頼朝に報告するなどしている。平家物語は「人々が公長の変わり身の早さを非難した」と記している。
.
   ※粟田口: 三条口とも(地図)。「京の七口」の一つで大津〜山科〜三条大橋に至る東海道からの入口。
ちなみに残りの六口は東寺口・丹波口・鳥羽口・鞍馬口・大原口・荒神口を指す。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月20日
.
新築の館で三浦義澄が椀飯(饗応の食事)を献上、その後に弓始めが行われた。これは前からの予定ではなく、公長の息子たちが弓の名手と聞いて酒宴の折に腕前を見たいと、椀飯の際に頼朝が言い出されたことである。
.
   射手一番  下河邊行平 vs 愛甲季隆
   射手二番  橘公忠 vs 橘公成
   射手三番  和田義盛 vs 工藤行光
.
その後の御行始め(外出始め)に安達盛長の甘縄邸へ。盛長は馬一頭を献上し、佐々木盛綱が手綱を引いた。
.

.
   ※甘縄邸: 長谷観音に近い甘縄神明宮(リンク先末尾に記載)の山裾で、頼朝も政子も幾度となく訪れている。
宝治元年(1247)に盛長の子景盛が25年ぶりに高野山を降りて三浦討伐の兵を率いた宝治合戦の際にも、安達勢は甘縄邸から出陣している。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月22日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
新田義重が呼び出されて参上したが、安易に鎌倉に入るのを禁じられ山内(大船一帯の山内荘)に留められた。
これは兵を集め上野国寺尾館に引き籠ったとの噂が伝わったため、安達盛長に命じて呼びつけたものである。
.
義重は「異心はありませんでした。戦になったと聞いた家臣が城から出るのを止めただけの事です。その後に呼び出しを受けて大変恐縮しております。」と。盛長がこれを強調して取り次いだため、それ以上は追及されなかった。
.
また、新田義重の孫の里見義成が京都からやって来た。今までは平家に従っていたが源氏の繁栄を伝え聞き参上した、と。その思いは祖父と異なるので早速近くに仕えるのを許された。
.
義成が言うには「石橋山合戦の後に平家は源氏一族を悉く攻め滅ぼす考えを巡らしていたため、関東に行って頼朝を襲うと述べたら喜んで許可した。駿河国の千本松原で行き会った斎藤實盛と瀬下廣親らと「関東の武士は皆が頼朝に従い、その結果頼朝は数万騎を率いて鎌倉に入った。我ら二人は平家の恩があるため上洛する」と語っていた。そのため自分は更に急いで参上した」、と。
.

.
   ※上野国寺尾: 頼朝挙兵を知った新田義重は単独での平家討伐を
を考えて寺尾に兵を集めた、と伝わる。
.
寺尾の位置には二説あり、太田市新田(義重の本領)と高崎市寺尾(義重の庶子・義範(山名氏の祖)が領有した山名郷の近く)だが、特定されていない。
.
   ※千本松原: 現在の沼津市。旧東海道に沿って富士市の近くまで、
約10kmも松林が続いている。惟盛の息子・六代にかかわる遺跡六代松もある。
.
   ※平家の恩: 瀬下廣親は上野の武士だと思うが詳細は判らない。
何かと理屈をつけて平家を見捨てる打算的な武士が続出する中で、旧恩に報いる斎藤實盛と瀬下廣親の姿勢は美しい。
.
             右画像は駿河湾に沿って沼津から富士市まで続く千本松原(クリック→拡大)
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月24日
.
木曽義仲は上野国から信濃国に引き上げた。単独で(平家と)戦う意思があり、更に父源義賢所縁の多胡荘に入ったのだが、ここが既に頼朝の勢力範囲となっていたためである。
.

.
   ※多胡荘: 群馬県吉井町。約100m四方の多胡館跡には土塁や堀の痕跡が少しだけ残り、全体の雰囲気は
鎌形の義賢下屋敷跡(班渓寺と鎌形八幡の末尾に記載)に少し似ている。
多胡館跡の地図はこちら、 有名な多胡碑まで4km弱だから併せて見学を。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月25日
.
石橋山合戦の時に岩窟に置いてきた正観音の小さな像を、走湯山の専光房阿闍梨良暹の弟子が閼伽桶(墓参用の手桶)に納め鎌倉に持参した。先月に(捜索を)命じられ、数日間山の中を探してその岩窟を見つけて奇跡的に探し出した、と報告した。頼朝は手を合せ直接受け取って祀り、更に信仰心を強くした。
.
この日、平重衡が清盛の命令を受け数千の軍兵を率いて奈良東大寺と興福寺の衆徒を攻めるために出陣した。
.

.
   ※正観音像: 堀口合戦後の8月25日に景親に追われた際に岩窟に隠した二寸の銀の像。ひょっとしたら今も
残っているしとどの窟に隠したのかも。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月26日
.
佐々木義清が囚人として兄の盛綱に預けられた。早河合戦の際に渋谷庄司重国に従って矢を射たためである。
.

.
   ※早河合戦: 渋谷重国は石橋山合戦と堀口(湯河原)合戦で(不本意ながら)頼朝軍に矢を放っていた。
吾妻鏡が早河合戦と書いているのは北條宗時狩野茂光伊東祐親の手勢に襲われて戦死した場所で、重国も義清も加わっていない。伝聞情報による編纂が多い吾妻鏡の欠陥部分だね。
.
西暦1180年
.
81代 安徳
治承四年
.
12月28日
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
出雲の時澤が雑色の長に任命された。毎日仕えている雑色は数多いが合戦に際しての功績が他の雑色より優れているためである。
.
またこの日、平重衡が南都(奈良)を焼き払った。東大寺と興福寺の寺域にある堂宇は全て焼かれ、仏像や経典も同様の被害を蒙った。
.

.
   ※雑色: 雑役担当の下級家臣。舎人より下、小舎人・走衆と同じ。
.
   ※南都焼き討ち: 東大寺の場合、西隅の転害門と東隅の二月堂・
三月堂(法華堂)を残して殆どの堂塔が灰燼に帰した。  (右は鳥瞰画像 クリック→拡大)
.


「吾妻鏡を読む」のトップページへ戻る       翌・治承五年(1181)の吾妻鏡へ