安貞二年(1228)

.
前年・嘉禄三年(1227)の吾妻鏡へ       翌年・安貞三年(1229)の吾妻鏡へ

左フレームに目次を表示するには 吾妻鏡を読む のトップ頁 で。    勝手ですが、WINマシン+I E.8以降 での閲覧を希望します。
.
指定なしの青文字 はサイト内の移動、下線付き青文字 はサイト内の別窓表示、wiki・公式サイト・地図 などの表示は外部へのリンクです。

西暦・天皇
和暦・月日
吾妻鏡に記載してある内容の意訳、関連する情報、補足事項など
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月1日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。相模守北條時房による椀飯あり。将軍家(藤原頼経)が出御され、御剣は駿河守北條重時(束帯)、御弓箭は大炊助 北條有時(狩衣)、御行騰沓は左衛門尉結城朝光。献上の御馬は五疋。
.

.
   ※椀飯(おうばん): 饗応のための献立、その食事を摂る儀式、行事も意味する。大判振る舞い、の語源。
   ※行騰(むかばき)と沓: 乗馬の際に着ける袴カバーと靴。画像(wiki)を参考に。
.

.
   ※年令: 北條時房は53歳・ 北條泰時は44歳・ 北條朝時は35歳・ 北條時氏は25歳・ 北條政村は23歳・
三浦義村は62歳ほどか・ 三浦泰村は44歳・ 足利義氏は39歳・ 小山朝政は78歳・
結城朝光は60歳・ 四代将軍藤原頼経は10歳11ヶ月・後堀河天皇は14歳8ヶ月。(全て満年齢)
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月2日
.
吾妻鏡
.
.
快晴。武蔵守北條泰時による椀飯あり。御剣は前出羽守中条家長、御弓箭は左衛門尉大須賀胤秀、御行騰沓は左衛門尉土屋宗光。献上の御馬は五疋。
.

.
   ※大須賀胤秀: 千葉氏の実質的初代常胤の四男大須賀胤信の二男。
父から現在の千葉市南部の多部田城(地図)を相続して本拠とし一帯を支配している。
.
   ※土屋宗光: 中村宗平の三男・土屋宗遠の嫡子。建暦三年(1213)
5月の和田合戦で多くの中村党が滅亡した中で土屋氏は北條に味方して辛うじて滅亡を免れ、更に足利→武田→徳川と主家を替えて存続している。
.
宗遠は承元三年(1209)5月に梶原家茂(梶原景時の孫)を理由が判然としないまま斬殺した件で吾妻鏡に記載されているのが最後の登場となった。
.
右画像は土屋宗遠の館跡と伝わる平塚郊外の大乗院。
     画像をクリック→ 土屋宗遠の館跡と周辺の風景へ。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月3日
.
吾妻鏡
.
.
晴。越後守北條朝時(狩衣)による椀飯あり。御剣は駿河守北條重時(狩衣)、御弓箭は陸奥四郎北條政村、御行騰沓は陸奥五郎北條實泰。献上の御馬は五疋。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月7日
.
吾妻鏡
.
.
晴。戌刻(20時前後)に急に空が曇り南の方角で雷鳴が数回。但し雨は降らなかった。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月8日
.
吾妻鏡
.
.
快晴。椀飯の後に心経会(般若心経を詠む法要)を行った。武蔵守北條泰時以下、人々の出仕は通常通り。
今日は鶴岡八幡宮に年始の御奉幣を行なう予定だったが、延期となった。日中に御行始め(外出始め)の儀があり、将軍家(藤原頼経)武州泰時邸に入御、太刀持ちは駿河守北條重時、御弓箭は狩野籐次兵衛尉為光が任じた。
.

.
   ※狩野為光: 狩野茂光の三男、後に為佐と改名した。寛元四年(1246)に宮騒動に連座して評定衆を罷免、
建長五年(1253)に引付衆に復帰した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月9日
.
吾妻鏡
.
.
周防前司中原親實の差配により、新年の二所詣への奉幣について検討した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月10日
.
吾妻鏡
.
.
御弓始めの儀あり。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月13日
.
吾妻鏡
.
.
将軍家(藤原頼経)が二所詣の奉幣使として出発せよと駿河前司三浦義村に指示があった。義村はすぐ承知したがその後に変更があり、奉幣使の派遣を止め自らが直接詣でる旨を決定した。
.

.
   ※二所詣: 藤原頼経は間もなく満11歳、二所詣を行うべきだと考えたか。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月19日
.
吾妻鏡
.
.
将軍家(藤原頼経)の御前で二所御奉幣の日時を定めた。陰陽師の親職・晴賢・文元らが加わり来月14日の御進発を選定したが安倍泰貞が「四は外出の忌日に当たる」と申し出たため更に泰時義村中条家長らが加わって協議、更に卜占を行なって2月25日の進発と定めた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月23日
.
吾妻鏡
.
.
晴。午刻(正午前後)に将軍家(藤原頼経)が狩衣で輿に乗り竹御所邸に入御された。越後守北條朝時・駿河守北條重時ら数人が供奉、武蔵守北條泰時が前もって接待の場に控えた。夜になって還御された。
.

.
   ※竹御所: 寛喜二年(1230)12月9日、数え年28歳の竹御所は間も
なく満12歳になる頼経と婚姻する。
天変地異が続き内紛の危機も予感される中で泰時の政治は未だ安定せず、形として源氏の血筋を継承して北條氏が実質支配する幕府の威信を高める意図があった。
.
頼経の竹御所邸訪問はこの後も何回か繰り返されているから、泰時らの胸中では何とも無神経なこの年の差婚が既に既定路線だったに違いない。
.
右画像は妙本寺墓地の奥にある竹御所の墓碑。
       画像をクリック→ 妙本寺 比企一族滅亡の跡(別窓)へ。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
1月29日
.
吾妻鏡
.
.
将軍家藤原頼経の二所詣について、今年は延期するとの沙汰があった。従来の通り奉幣使として参詣せよとの指示が今日、三浦義村に指示が下された。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月3日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。将軍家藤原頼経が御浄衣で鶴岡八幡宮に参拝、まず散位晴賢(衣冠)が廊下の車寄せに進んで御身固め(お祓いの加持祈祷)を行い、石山侍従教定が陪膳役(給仕)を務めた。その後に騎馬で南門から出御した。
.
供奉人は武蔵守北條泰時・越後守北條朝時・駿河守北條重時・大炊助北條有時・駿河前司三浦義村・出羽前司中条家長・民部大夫町野康俊・御剣役は左衛門尉後藤基綱・弓箭役は兵衛尉狩野為光(1月8日参照)・他に左衛門尉藤原定員・左衛門尉結城朝光・左衛門尉土屋宗光(1月2日参照)・佐々木判官信綱ら(各、狩衣または浄衣)。
.
また六位の20人が直垂で帯剣し将軍家の左右を列歩した。これは去る建保七年(1219)正月に右府将軍実朝が参拝の際に今回と同様の警固が無くて事件が起きた。対応して以後は前もっての準備が定められた。
.
また、伊豆国走湯山の専使が鎌倉に到着し、昨夜の子刻(深夜12時前後)に伊豆山権現の講堂・中堂・常行堂が失火によって焼け落ちた。俗躰は取り出せず、建物と共に灰燼に帰した。一昨年の12月29日に焼けた常行堂は相模守北條時房の寄付により着工したものだが、孫の死没などがあって延び延びになり、完成を見ないうちに再び焼けてしまったのは尋常ではない、と。
.

.
   ※御浄衣: 神事や法会などの宗教行事の際に着ける清浄な衣服。
普通は白色・無紋で狩衣の形。
.
   ※藤原定員: 京都から頼経に同行した近臣で将軍御所を奉行した。
.
   ※俗躰: 明治維新までの伊豆山権現は山岳信仰と修験道と天台宗
などが習合した神仏習合の神であり、本地仏(神の姿を借りて現れている仏)は千手観音・阿弥陀如来・如意輪観音。
        本地垂迹(wiki)を参照されたし。
.
箱根権現にも概ね同様の信仰があり、満願上人は苦行の末に三所権現(法躰・俗躰・女躰)を感得した。法躰は文殊菩薩の垂迹、俗躰は弥勒菩薩の垂迹、女躰は観世音菩薩の垂迹とされる。文面通りに読めば「弥勒菩薩の俗躰(仮の姿)像は焼けてしまった」となるが、それらの俗躰像の詳細は判らない。
.
右画像は伊豆山権現の男神像と大磯の高来(高麗)神社収蔵の男神と女神。
  画像をクリック→ 詳細にリンク(別窓ではないため、リンク先からは「戻る」ボタンでお帰り下さい。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月4日
.
吾妻鏡
.
.
今日、故下野大掾小山政光入道の妻(後妻)の尼(網戸尼・寒河尼)が死没した(91歳)。八田武者所宗綱の娘で左衛門尉結城朝光の母であり、故右大将軍(頼朝)並びに禅定二位家(政子)が特に重用した女性である。
.

.
   ※寒河尼: 頼朝の乳母を務めた女性の一人。挙兵直後に敗れて安房国に逃れた頼朝が大軍を率いて隅田川を
渡り武蔵国に入った治承四年(1180)10月2日、14歳の朝光を連れて宿館を訪れたのが吾妻鏡に現れた最初。彼女の存在があったから結城一族の繁栄があったとも言える女傑である。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月7日
.
吾妻鏡
.
.
申刻(16時前後)、将軍藤原頼経の御衣に鳶が糞を掛けたための卜占あり。病気に注意とのこと。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月8日
.
吾妻鏡
.
.
二所詣の精進が始まった。将軍家の御参詣も検討されたのだが走湯山の火災などで取り止めになった。
また走湯山火災の復旧については今朝から様々の評議が始まっている。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月13日
.
吾妻鏡
.
.
晴。今朝、駿河前司三浦義村が二所奉幣の御使として鎌倉を出発した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月14日
.
吾妻鏡
.
.
御所で御酒宴あり。信濃法印・大進僧都ら数人が参席し、延年などが演じられた。
.

.
   ※延年: 神楽から派生したとも考えられている芸能、主として舞楽。
石橋山合戦に続く堀口の合戦に惨敗して土肥の椙山に逃げ込んだ頼朝主従が大庭景親勢の撤退を確認して山を下ると、焼き討ちを受けた土肥館が焼き落ちていた。
.
土肥實平は剽軽に「焼亡の舞」を演じて敗残の武者を勇気づけた、と源平盛衰記は伝えている。これも「延年」の一つ。
.
悦び開けて照らしたる 土肥の光の貴さよ
我屋は何度も焼けば焼け 君だに世に立たまはば
土肥の椙山広ければ 緑の梢よも尽じ 伐替々々造らんに
更に歎にあらじ 不如 君を始て万歳楽 我等も共に万歳楽

.
右画像は土肥郷の鎮守五所神社。画像をクリック→明細(別窓)へ。
    併せて土肥一族の菩提寺である萬年山城願寺も参考に。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月18日
.
吾妻鏡
.
.
駿河前司三浦義村が二所詣から帰還した。往復とも風雨の影響は受けず天候は順調だった、と。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
2月19日
.
吾妻鏡
.
.
御所の南庭で二十番の相撲勝負を催した。その中で左衛門尉葛西三郎清重が出場させた力士の芝俣(柴又の古名)平次三郎は特に強く、将軍家は周防蔵人を介して御衣を下賜した。
.

.
   ※周防蔵人: 官職が周防守で蔵人なら中原親實だと思うが、周防蔵人と書くのは何か理由があるのか。
.
   ※中原親實: 明経道の中原忠順の子。藤原頼経の近習として鎌倉下向に同行し御所奉行を務めた。藤原氏系
の文官で親能などの同族にあたる。周防守護・安芸守護などを転任した後の寛元二年(1244)には在京の御家人として六波羅評定衆に任じている。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
3月3日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。鶴岡八幡宮の神事は通例の通り。将軍家(藤原頼経)が御参宮、武蔵守北條泰時が供奉した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
3月9日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)が初めて由比ヶ浜に出御された。途中の儀礼は省略して新たに設けた桟敷に入り犬追物を観覧、犬は30匹で駿河前司三浦義村が見分役を務めた。
.
     射手
       相模四郎北條朝直   駿河次郎三浦泰村  佐々木判官三郎
       城太郎安達義景   武田六郎信長(信光の嫡子)    左衛門尉大須賀胤秀(胤信の嫡子)
       小笠原六郎時長  佐原太郎経連  氏家太郎公長
       佐々木八郎信朝(加地信実の八男または九男)   原左衛門尉忠康   横溝六郎義行.

.
   ※犬追物: 承久四年(1222)2月6日の条に明細を記載してある。
右画像(クリック→拡大)と共に参照あれ。
.
   ※佐々木三郎: 佐々木信綱の三男泰綱で嫡子と近江守護を継承。
廃嫡された長兄の訴えで相続し所領の一部を割譲したが、家督相続はそのまま認められ、後の守護大名六角氏の祖となった。
.
   ※小笠原時長: 長清の四男で嫡子。信濃国伴野荘(長野県佐久市・
平賀氏没領を含む)を本領とした伴野氏の祖。
小笠原氏の家名は長兄の長経が継いでいる。
.
   ※佐原経連: 義連の五男。陸奥国耶麻郡猪苗代(現在の猪苗代町)を本領として猪苗代氏の祖となった。
野口英世博士は猪苗代氏の子孫とされる。
.
   ※氏家公長: 氏家氏には宇都宮氏傍流説と小山氏傍流説がある。更に系図には公長の名が見当たらず、太郎
を称しているにも拘わらず素性不明。そのうち判ると思う。
.
   ※原忠康: 千葉氏傍流で北條被官。横溝義行は承久三年(1221)1月7日の弓始めに名がある。
父(?)の五郎太夫は5月22日の承久の乱先発隊の中に名があり、北條被官から御家人に昇格した人物らしい。本領は相模国(相模原近辺か)。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
3月13日
.
吾妻鏡
.
.
晴。今日、讃岐国善通寺領の地頭職を更迭した。ここは弘法大師誕生の地であり、終日の祈祷を絶やす事のない古刹で自ら刻んだ釈迦如来像と薬師如来像を本尊としている。近年は地頭が補任されて寺を運営する費用に支障があるとの訴えがあり、地頭の更迭となった。
.

.
   ※善通寺: 公式サイトはこちら、弘法大師(空海)誕生の地であり、四国八十八ヶ所遍路の一番札所でもある。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
3月25日
.
吾妻鏡
.
.
晴。今夜は将軍家が御方違えのため下野入道生西(小山朝政)の宿所(御所の南方)に入御された。これは牛車の車庫建造に伴って王相方を避けるのが目的である。御方違えには相模守北條時房らが扈従した。
.

.
   ※王相方: 陰陽道で祀る王神と相神が示す方角。月毎に所在の方角が変わり、その方向は移転・建築を忌む。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月7日
.
吾妻鏡
.
.
.
酉刻(18時前後)に地震あり。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月16日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
将軍家(藤原頼経)が遊覧のため杜戸に渡御、武蔵守北條泰時・駿河前司三浦義村ら多数が供奉し夜になってから御所に還御された。
.

.
   ※杜戸: 現在の葉山町森戸(地図)。三浦義明の六男重行が長徳寺の付近に本拠を置いて杜戸六郎を名乗った
のが最初と伝わるが、異説も多数あり。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月21日
.
吾妻鏡
.
.
晴。御所に御車宿(牛車の車庫)を建てる運びとなり、今日上棟式を催した。左衛門尉後藤基綱の奉行による。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月22日
.
吾妻鏡
.
.
小雨。将軍家(藤原頼経)が江嶋明神に御参り。 還御の途中で駿河前司三浦義村の大庭館に立ち寄った。
.

.
   ※江嶋明神: 現在の江島神社(公式サイト)。頼朝が頻繁に参詣して
から人気が広まり、以後の隆盛を招いた。
.
   ※大庭館: 三浦館の位置も荘家の跡も既に不明だが、遺構とされる
大庭城址は引地川と小糸川に挟まれた要害の台地。大庭氏がここに本拠を置いたと考えても特に違和感はない。
.
大庭御厨の支配権は大庭景親懐島景義三浦義村を経て北條得宗家に移っていく。
.
右画像は東から見た大庭城址公園。(画像をクリック→拡大表示)
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月23日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家は午刻(正午前後)に(義村館から)鎌倉に還御された。
.

.
   ※百錬抄: 南都興福寺(公式サイト)の悪徒らが多武峯に攻め込み僧房六十余宇を焼き払う事件が起きた。
聖霊院(現在の談山神社・公式サイト)だけが被害を免れた。
また天台衆徒(比叡山)が清水寺(公式サイト)を焼くらしいとの噂がある。
  百錬抄とは?(wiki)
.

.
   ※多武峯: 起源は同じ藤原氏だが鎌倉時代は天台宗の神仏習合寺院で、同じ大和国の興福寺(法相宗)からは
敵対視され再三の抗争を繰り返していた。また法相宗の清水寺も天台宗の比叡山延暦寺に敵対視され、この時代の仏教界は抗争に明け暮れる惨憺たる状態だった。浄土宗・念仏宗・時宗などは起こるべくして起きた、と言える。 まぁ宗教が政治に関与するとロクな事がないのは現代も同じ。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月25日
.
吾妻鏡
.
.
晴。今夜、将軍家(藤原頼経)は五月節に伴う御方違えのため生西(小山朝政)の家に入御された。
.

.
   ※五月節: 二十四節気の一つ・芒種。旧暦では4月後半〜5月前半、太陽暦では6月6日前後。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月26日
.
吾妻鏡
.
.
曇。今朝、将軍家が御所に戻ろうとしたが生西(小山朝政)がこれを引き止め、一族から屈強なものを選び御前の庭で小笠懸や相撲の勝負を催した。夕暮れまで遊興した後に還御された。
.

.
   ※小山朝政邸: 若宮大路と車大路に面した辺りにあったらしい。車大路は六地蔵から若宮大路を横切って大町
大路と並行して東西に通っていた道だから、朝政邸は下の下馬橋の南付近(地図)か。
宇都宮辻子幕府の南端からは600m前後。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月27日
.
吾妻鏡
.
.
京都からの飛脚が鎌倉に入って報告。去る17日に南都興福寺の衆徒が多武峯を襲撃して合戦し放火した。比叡山延暦寺はこれを憤って集結、洛中は不穏な状態である。
.

.
   ※百錬抄: 右中弁親俊朝臣が関白の使者として南都に下向。これは先日に興福寺衆徒が多武峯の堂舎僧房を
焼き払い、再び狼藉に及ぶとの風評が伝わったためである。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
4月28日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)が遊覧のため六浦に渡御された。
.

.
   ※六浦: 現在の横浜市南部(地図)、当時の海岸線は現代よりも内陸部に入っていたらしい。「海路」との記載が
ないので今回の移動には朝比奈切通し経由の陸路を辿ったと思われる。
.
六浦荘には六浦郷・釜利谷郷・富岡郷・金沢郷があり、健保元年(1213)の和田合戦で関東御料(将軍領)となって北條氏が地頭に任じ、これを實泰が継承して後の金沢流北條氏に発展した。
始祖は北條義時の四男實泰だが27歳で出家引退したため実質的な初代は嫡子の実時とされる。
.
實時は三男の貞顕(15代の(10日間のみ)執権)に家督を譲って金沢郷に隠居してから学問に傾注し和漢の書籍を収集して後の金沢文庫の基礎を築いた。貞顕もまた、文献収集に力を注いだと伝わる。家格としては「得宗家>赤橋流>大仏流と金沢流」に位置づけられたと考えるのが通説。
.
一族の菩提寺は称名寺(wiki)、ここは小学校の遠足以来訪問していない。近いうちに、きっと...。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月1日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
将軍家(藤原頼経)が六浦から還御された。昨夜は六浦に宿泊である。
.

.
   ※百錬抄: 5月6日、興福寺別当の實尊僧正が寺務担当を罷免された。多武峯の事件による。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月7日
.
吾妻鏡
.
.
京都からの飛脚が鎌倉に到着して報告。先月25日に南都の悪僧らが再び多武峯に放火した。比叡山延暦寺も合戦の準備を整えているため朝廷は慰留に務めている、と。
.

.
   ※百錬抄: 多武峯襲撃によって比叡山衆徒らが蜂起した。興福寺の所領である近江国の荘園没収すると称して
占拠したため興福寺の衆徒は更に激怒している。洛中は危険な状態になっている。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月8日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)が御所東御門の馬場殿に出御し五番の競馬を観覧された。佐々木の加地三郎左衛門尉・印東八郎らがその勝負に挑んだ。今日の竹御所は体調不良で出御せず。
.

.
   ※加地三郎: 加地信実の三男時秀。子孫は新発田氏を名乗り上杉謙信に仕えている。
.
   ※印東八郎: 上総廣常の兄次郎常茂が印旛郡印東庄の庄司として印東を名乗ったのが最初。
八郎は嘉禎二年(1236)10月5日にも南都の騒動鎮圧で道路封鎖の任に当たり、「殊勝・勇敢・壮力の輩」と評されているが、本名は不詳。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月10日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)が再び同所に出御し、駿河次郎三浦泰村・小笠原六郎時長(3月9日を参照)・小山五郎長村らが流鏑馬を披露した。続いて五番の競馬の勝負あり。今日も竹の御所の姫君(竹御所)は体調不良で出御を見合わせ、相模守北條時房の沙汰として祈祷が始められた。
.

.
   ※小山長村: 小山政光朝政朝長長村と続く小山氏の四代当主(建保五年・1217年生れの少年)。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月13日
.
吾妻鏡
.
.
印東八郎(8日を参照)が御所で御厩の御馬(栗毛)を下賜された。昨日の競馬の技量に感動した結果である。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月14日
.
吾妻鏡
.
.
晴。姫君(竹御所)の病状回復に伴い、午刻(正午前後)に病の穢を落とす御沐浴の儀を催した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月15日
.
吾妻鏡
.
.
戌刻(20時前後)に大地震あり。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月16日
.
吾妻鏡
.
.
晴。巳刻(10時前後)に相模五郎北條時直 の室(佐原義連の三男家連の娘)が男子を平産した。
今日、左衛門尉後藤基綱が、先月29日に前右宰相中将(一条實雅卿が越前国で死没(30歳)と報告した。
去る元仁元年(1224)に越前配流に処されていた(伊賀氏の乱に関与)。基綱は越前の守護人である。
.

.
   ※北條時直: 永仁五年(1297)に鎮西探題に任じた弟の實政を補佐して鎮西に下り、周防・長門の守護を経て
長門探題に就任。元弘三年(1333)の後醍醐天皇の倒幕挙兵に伴う九州動乱を鎮圧するが後に敗北して孤立無援となり、降伏して間もなく死没した。
.
   ※時直の男子: この日に産まれた男子(上野四郎)は建武二年(1335)に建武政権に反乱・挙兵して死没。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月21日
.
吾妻鏡
.
.
晴。天文博士の安倍維範朝臣が地震祭(地震を鎮める祭祀)を催した。戌刻(20時前後)に御所の近くで騒ぎが起き、多くの御家人らが走り回った。武蔵守北條泰時が左近入道尾藤景綱と左衛門尉平三郎盛綱に命じて「特に事件ではないから退散せよ」と告知し、夜半になって鎮まった。誰かが追討されるとの噂による騒ぎだったらしい。
.

.
   ※天文博士: 律令制では中務省の陰陽寮に所属し、天文を観測すると共に10人の天文生を指導する職種。
必ずしも鎌倉幕府に同様の組織があった訳ではないと思うが...。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月22日
.
吾妻鏡
.
.
晴。(天変地異に対応して)祈祷が始まった。
.
    薬師護摩は大進僧都    一字金輪法は信濃法印
    八字文殊法は宰相律師    十一面護摩は加賀律師
    五大尊法は念行    北斗供は助法印珍誉
    本命星供は師法橋珍瑜    天地災変祭は親職
    螢惑星祭は国継
.
今日、六波羅の使者が到着して次の通り報告した。
先月17日と25日の二度、南都興福寺の衆徒が多武峯を襲って合戦し堂舎や塔廟を焼いた件について、朝廷の制止にも拘わらず鎮まらないため武家(探題を経て鎌倉幕府)に綸旨(帝による鎮圧命令)が下された。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月23日
.
吾妻鏡
.
.
晴。南都(興福寺)と多武峯と合戦について評定あり。出羽前司中条家長を使者として京都に申し入れを行う、と。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
5月28日
.
吾妻鏡
.
.
曇。午刻(正午前後)に千葉介胤綱(21歳)が死没した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
6月6日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
辰刻(朝8時前後)に御所の贄殿(厨房あるいは食料)の竈(釜)が音を立てた。
.

.
   ※百錬抄: 山門(比叡山)の衆徒が昨夜に日吉(現在の日吉大社・公式サイト)の神輿を延暦寺中堂(wiki)に
担ぎ入れ京都に向かう噂が流れ武士に命じて防がせた。原因は多武峯が焼かれた事件である。
.
   ※百錬抄: 6月9日、(日吉の)神輿が本社に還御し、派遣された武士は各々帰洛した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
6月22日
.
吾妻鏡
.
.
来る26日に将軍家(藤原頼経)が相模河の周辺を遊覧し駿河前司三浦義村の田村別邸に宿泊を思い立った。
しかし田村別邸は鎌倉御所の乾方(北西)で26日には太白の方向に当たると人々が言うため、安倍親職と晴賢等を呼んで確認させた。 晴賢は「行った事のない場所なので容易に結論は出せないが聞いた限りでは乾方ではないと思う」と述べ、親職は「戌方(西北西)である」と述べた。従って宿泊の件は支障なしと義村に伝えた。
.

.
   ※田村別邸: 地図はこちら、確かに西北西だ。更に詳細は貞応二年(1223)4月29日の項を参照
.
   ※太白: 陰陽道の方角神(金星の精)で兵事や凶事を支配する。日毎に遊行する方向をを変え、その方角への
外出などは凶とされる。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
6月23日
.
吾妻鏡
.
.
晴。辰刻(朝8時前後)に将軍家が行なう百日招魂祭の御撫物(依り代の人形・ひとがた)を鼠が喰い破った。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
6月25日
.
吾妻鏡
.
.
曇。将軍家(藤原頼経)は明日田村別邸に入御する予定だったが家主の三浦義村に軽服(軽い服喪)の事情が起きたため延期となった。他に遊覧に適した場所があるかを調べさせたところ、明日は延長年間(923〜938)に清涼殿が落雷の被害を受けた日である事が判明した。
.
籐内左衛門尉定員を介して降雨の心配があるかどうかを文書で陰陽師に問い合わせた結果、晴賢・泰貞・国継らは雷雨は起きないと、親職と晴職は降雨の恐れありと、また文元は夜になって小雨がある、と報告した。
.

.
   ※清涼殿落雷: 延長八年6月26日の夕方近くに南西の柱に
落雷して大納言民部卿の藤原清貫ら10人近くが死亡、更に惨状を目撃した第60代醍醐天皇も体調を崩し三ヶ月後に崩御した。
.
大宰府に左遷された菅原道真の動向を監視せよと藤原時平が藤原清貫に命じていた経緯から道真の怨霊が雷神を操ったとの伝説が生まれたと伝わる。
.
右画像は北野天神縁起絵巻の清涼殿落雷事件。左隅で太刀を構えているのが清貫か。
画像をクリック→ 拡大表示。私の図鑑に細密画像がないのが残念だ。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
6月26日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家が遊覧のため杜戸(森戸。4月16日を参照)に出御され遠笠懸し相撲などの勝負を観覧された。
.
  射手
    相模四郎北條朝直 vs 同五郎時直(朝直の次弟)
    越後太郎光時(朝時の嫡子) vs 小山五郎長村
    結城七郎朝広(朝光の嫡男) vs 佐原三郎左衛門尉家連(義連の子)
    上総太郎千葉秀胤千葉常秀の嫡子) vs 小笠原六郎時長(長清の四男で嫡子。詳細は3月9日)
    城太郎安達義景 vs 佐々木八郎信朝(加地信実の末子)
    伊賀六郎左衛門尉光重(朝光の五男・庶子) vs 横溝六郎義行(諸説あり、不明)
.
武蔵守北條泰時が椀飯を献じた。長江四郎らが御駄餉(外出先の食事・弁当)を整え盃酒の間に管弦が催した。
夜になって船で由比ヶ浜へ、そこから輿で御所に還御された。
.

.
   ※小山長村: 小山政光朝政 → 朝長 → 長村と続く小山氏の四代当主(建保五年・1217年生れの少年)。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
6月28日
.
吾妻鏡
.
.
御所の北庭(私邸の庭)で小格勤(近習の武士)を召し出して相撲の勝負を催した。武蔵守北條泰時も参席し、勝者には五明(扇)を与えた。
.

.
   ※格勤: 頼朝の時代には朝夕祗候人として載っている。領地を持たず御所に住み込みで仕える家臣。
一日当り玄米5升に該当する年俸を受ける。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
6月30日
.
吾妻鏡
.
.
御所に於いて、去る26日に杜戸(森戸)で催した遠笠懸の負け分を徴収、相模五郎時直らが献上に及んだ。
.

.
   ※負け分: この時代には既に貨幣経済が動き出しているが、賭けの代償は何かの物納だろう。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月5日
.
吾妻鏡
.
.
晴。越後守北條朝時は続いていた病状が回復に向かい、病の穢を落とす沐浴を行った。将軍家藤原頼経は籐次兵衛尉狩野為光(為佐)を使者に送って賀意を伝えさせた。
.

.
   ※狩野為光: 狩野茂光の三男・行光の二男。後に為佐を名乗り、文暦元年(1234)には評定衆に任じている。
寛元四年(1246)閏4月の将軍頼経失脚(宮騒動)に伴って解任されるが建長五年(1253)には引付衆に復帰している。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月8日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。馬場殿で競馬と相撲の勝負を催した。今日出仕した者の郎従らを呼び出して取り組ませた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月16日
.
吾妻鏡
.
.
晴・南の強風。 申刻(16時前後)に松童社付近から出火し東西四町(400m)の人家を焼き尽くした。
竹御所邸は一町(約100m)を隔てて類焼を免れ、武蔵守北條泰時も駆けつける騒ぎとなった。
.

.
   ※松童社: 大町の一画、現在の八雲神社らしい(旧くは松殿祇園社・
松堂祇園社・祇園天王社と呼ばれ、明治維新に八雲神社に改称)。旧い資料には以下の記載がある。
.
竹御所邸は現在の妙本寺の高みにあり、彼女の遺骸は敷地の奥にあった新釈迦堂に葬った。堂は既に失われ、釈迦堂須弥壇があった直下に墓標の自然石が置かれている。
.
「東西」の表記は理解しがたいが、「南の強風」ならば北に延焼し地図の「400m地点付近」まで焼失したのだろう。竹御所邸から400m地点までは少し距離があるが蛇苦止堂付近と考えれば「約一町」の範囲内だ。
.
右画像をクリック→ 地図を拡大。更に詳細は妙本寺 比企一族滅亡の跡で。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月18日
.
吾妻鏡
.
.
晴。御所の御厩は元々三ヶ間なのだが気に入った駿馬が増えてきたため二ヶ間を増築する運びとなった。
狩野籐次兵衛尉(7月5日を参照)が奉行を務める。
.

.
   ※三ヶ間: この場合の「三間」は必ずしも長さの5.4mではなく、「3スパン」つまり「柱4本分」を意味する可能性
が高い。ケース・バイ・ケースで使い分ける例が多いから厳密に受け取る必要はない、のかも。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月20日
.
吾妻鏡
.
.
駿河前司三浦義村の軽服(軽い服喪)日数は既に経過し、田村山庄に入御されるよう案内が申し出された。御所として新築した建物から門脇の水田まで渡り廊下を設け、多くの草花を東と南の庭に植えたとの事である。
.

.
   ※皇帝紀抄: 昨夕からの豪雨で賀茂付近の民家多数が流失した。永承(1046〜1052年)以来で最も大きな
被害となった。   皇帝紀抄は鎌倉中期編纂の歴史書で編者は不詳。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月22日
.
吾妻鏡
.
.
曇、南の風で時々小雨。明日、田村山庄(三浦義村の別邸。詳細は貞応二年(1223)4月29日を参照。)に渡御の運びとなった。今日の天気が不安定なので安倍泰貞を御所に呼び、籐内左衛門尉忠行を介して明日の降雨の有無について尋ねた。  「曇天ではあるが雨は降らず、外出には最適な日和である。」との占い結果が出た。
.

.
   ※籘内忠行: 延応二年(1240)3月12日の吾妻鏡に載っている海老名左衛門尉(当番を無断欠勤して8月まで
出仕停止処分を受けた)だと思うが、あまり確信は持てない。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月23日
.
吾妻鏡
.
.
曇。将軍家(藤原頼経)が秋の風情(太陽暦の8月24日)を楽しむため駿河前司三浦義村の田村山庄に渡御された。辰刻(朝8時前後)に水干姿で御輿を用いて御所を出発、金洗澤の付近から騎馬に改めて近習が陽除けの長柄傘を差し掛けた。供奉に漏れた宿老数人が昨夜と今夜に分かれて田村に向かっている。
.
  御出の行列
    先ず随兵十二騎(左右に分かれる)
       三浦次郎泰村    長江八郎師景(権五郎景政の曾孫、懐島景義大庭景親の従兄弟。長江氏を継承)
       結城七郎朝廣(朝光の嫡子)    上総太郎秀胤(常秀の嫡子、千葉氏二代当主)
       城太郎安達義景    小笠原六郎時長
       大須賀左衛門尉胤秀    左衛門尉佐々木太郎重綱
       足利五郎長氏    河越次郎重時(重頼の二男。河越尼を経て家督を継承)
       陸奥四郎北條政村    相模四郎北條朝直
.
    次いで御引馬三疋    次いで御弓袋差一人    次いで御鎧着一人    次いで御乗替二人
.
    次いで御駕(騎馬の将軍藤原頼経
.
       駿河四郎三浦家村(三浦義村の六男・御剣を持つ)    佐原十郎左衛門盛連(義連の嫡子・笠を持つ)
       佐原四郎光連(義連の庶子か)    高井次郎實茂
       多々良次郎通定    印東太郎常直
       遠藤兵衛尉(?)    土肥太郎實綱(遠平の曾孫)
       稲河十郎(?)    伊佐兵衛尉行政(?)
         以上左方に列歩す。
.
       大河戸太郎兵衛尉広行    下河邊左衛門次郎宗光(下河邊一族だろうが、系図に載っていない)
       梶原三郎景盛(系図に記載なし)    佐貫次郎(広綱の子?)
       波多野小六郎(?)  佐野小五郎宗綱(籘姓足利氏で戸奈良(本領は佐野市北部の戸奈良・地図)の祖)
       佐々木八郎信朝(加地信実の末子)  春日部太郎(大井実春の弟・実高、本領は現在の春日部市)
       海上五郎胤有(東胤頼−重胤−胤有(長子周辺を領有)と続く)
       阿保三郎(武蔵七党の一つで安保郷(埼玉県神川町・地図)を本領とした。)
       本間次郎左衛門尉信忠
         以上右方に列歩す。
.
       御調度懸け 長尾三郎為村
    御後(水干・野箭)
       越後守北條朝時    駿河守北條重時    陸奥五郎北條實泰
       北條有時    相模五郎北條時直    助教(大学寮での博士補佐)中原師員
       周防前司藤原親實    加賀前司遠兼(?)    三條左近大夫(?)
       駿河蔵人(?)    左近蔵人毛利親光(小山五郎長村の二男)    伊賀蔵人(?)
       左衛門尉結城朝光    小山五郎長村(政光朝政−朝長−長村と続く小山氏四代当主)
       修理亮北條時氏
       白河判官代八郎(?)    佐々木判官信綱    同三郎泰綱
       長沼四郎左衛門尉時宗(長沼(小山)宗政)    左衛門尉後藤基綱    伊豆左衛門尉頼定
       伊東左衛門尉祐時    宇佐美左衛門尉祐政(全国の宇佐美氏の祖・祐茂の嫡子)
       佐原三郎左衛門尉家連    宇都宮四郎左衛門尉頼業   伊賀四郎左衛門尉朝行(朝光の四男)
       同六郎左衛門尉朝長(朝行の弟?系図に記載なし)    土屋左衛門尉宗光   左衛門尉中條家長
       信濃次郎左衛門尉二階堂行泰    籐内左衛門尉定員    隠岐次郎左衛門尉佐々木泰清
       狩野籐次兵衛尉為光    天野次郎左衛門尉景氏    遠山左衛門尉景朝
       加藤左衛門尉行景    江兵衛尉大江能行    左衛門尉葛西清重    相馬五郎義胤
       東六郎行胤    三浦又太郎氏村(?)    足立三郎元氏(?)
       嶋津三郎左衛門尉忠直(嶋津忠久の末子・庶子)        氏家太郎公信(氏家公頼の長子)
       遠藤左近将監為俊(美濃の東氏系?)    海老名籐内左衛門尉忠行(横山党の末、系図になし)
       豊嶋太郎(朝経。葛西氏の系だが、系図が不明確)    長江四郎    三好太次郎左衛門尉(?)
.
    最末
       相模守相模守北條時房    武蔵守北條泰時    相模小太郎(?)
.

.
   ※小笠原時長: 長清の四男で嫡子。信濃国伴野荘(長野県佐久市・ 地図・平賀氏の没収領を含む)を本領とし、
伴野氏の祖となった。小笠原氏の家名は長兄の長経が継いでいる。
.
   ※大須賀胤秀: 千葉氏の実質的初代常胤の四男大須賀胤信の二男。
父から現在の千葉市南部の多部田城(地図)を相続して本拠とし一帯を支配している。
.
   ※高井實茂: 宝治合戦(1247)の三浦側戦死者(自殺を含む)の中に「高井實茂・子息三郎・同四郎太郎」の
名がある。三浦氏の系累なのは確かだが、その先が判らない。
.
   ※多々良通定: 仁治二年(1241)5月23日の吾妻鏡に「肥後国の御家人大町通信と大町庄(現在の佐賀県
杵島郡大町町)だから大内氏の系累で鎮西に本拠を置いた氏族か、或いは素直に三浦義明の三男(四男 説あり)で横浜市緑区鴨居を領有した義春の系累と考えるべきか。
.
   ※印東常直: 頼朝に誅殺された上総廣常の子孫。廣常の滅亡後は千葉氏の支配下に入ったが、共に宝治合戦
で滅亡することになる。
.
   ※大河戸広行: 小山政光の末弟重行の嫡子。本領は伊勢神宮の大河戸御厨(松伏町一帯・ 地図)。
.
   ※本間信忠: 大仏流北條氏の国守護代として佐渡を治めた武蔵七党横山党海老名氏流(本領は相模国の
愛甲郡依知郷本間(厚木市金田)・地図)の武士。
.
   ※長尾為村: 坂東八平氏・鎌倉党の武士で一族の本領長尾郷は現在の川崎市多摩区(地図)。
為村は建保七年(1219)1月に実朝を殺した公暁を(三浦義村の命令を受けて)討ち取った長尾定景の子孫(定景−景茂−景忠−景能−景為−景忠−三男為村と続く)。定景は石橋山合戦で 佐奈田義忠を討った武士で、その後は実質的に三浦氏の被官となった。
.
   ※北條時直: 相模五郎時直ならば、父の実時は安貞二年(1228)にはまだ4歳。何かの間違いだろう。
.
   ※藤原親実: 明経道の中原忠順の子で評定衆中原師員の叔父。将軍藤原頼経に仕え儀礼や祭祀などの奉行
を務めた。文暦二年(1235)年に厳島社造営を担当して周防守護から安芸守護に転任し厳島神社の神主に任じた。寛元二年(1244)には上洛して六波羅評定衆に転任。
.
   ※佐々木三郎: 佐々木信綱の三男泰綱で嫡子と近江守護を継承。廃嫡された長兄の訴えで相続し所領の一部
を割譲したが家督相続はそのまま認められ、後の守護大名六角氏の祖となった。
.
   ※伊豆(森)頼定: 源義家の曾孫。義家−七男義隆−三男頼隆(毛利・若槻)の次男で森氏の祖となった。
.
   ※伊東祐時: 工藤祐経の嫡子。富士の裾野で祐経を殺した曾我兄弟頼朝が許そうとした際に泣いて身柄の
引き渡しを求めた祐経の嫡子犬房丸(建久四年(1193)5月29日を参照)が成長して祐時を名乗り、伊東の家督を継承した。
祐経の最初の妻(伊東祐親の娘)は離縁させられて土肥遠平に再嫁、生まれた娘が祐時に嫁して祐朝を産み、祐朝が早川氏・長門伊東氏・安芸伊東氏の祖となった。
.
   ※佐原家連: 義連の三男らしいが、系図によって義連の子は盛連 ・政連・景連を記載している場合と、政連の
代わりに家連が入る場合がある。家連は貞応2年(1223)〜嘉禎三年(1237)の間は紀伊国守護に任じている。
.
   ※宇都宮頼業: 五代当主頼綱の二男で横田氏の祖。長男時綱と頼業の生母は共に 稲毛重成の娘、三男泰綱
の生母が北條時政の娘だった関係で家督は泰綱が継ぎ、長男時綱は三浦義村の娘を妻として三浦氏との関係を深め宝治合戦で滅亡、頼業は宇都宮南部の広大で肥沃な横田郷(現在の上三川町・地図)を相続して横田氏の祖となった。横田氏は鎌倉幕府滅亡後も繁栄を続けるが、宇都宮氏が22代国綱の時代に秀吉による改易を受けて没落、横田氏も運命を共にしている。
.
   ※土屋宗光: 中村宗平の三男土屋宗遠の嫡子。建暦三年(1213)5月の和田合戦で多くの中村党が滅びた中
で土屋氏は北條に与して滅亡を免れ、更に足利→武田→徳川と主家を替えて存続した。
.
   ※二階堂行泰: 行盛の子。建長元年(1249)引付衆、同五年(1253)政所執事・五番引付頭人、正元元年
(1259)評定衆に任じた。弘長二年(1262)に政所執事を嫡子行頼に譲ったが翌年に行頼が死亡、再任となっている。
.
   ※佐々木泰清: 佐々木兄弟の末弟義清の二男。建長二年(1250)嫡男の兄政義が無断で出家して所領と職掌
を没収されたため出雲と隠岐の守護を継承した。その後に六波羅探題評定衆・信濃守と順調に出世、11人の男子をもうけて参院に勢力を扶植した。
.
   ※狩野為光: 狩野茂光の三男、後に為佐と改名した。寛元四年(1246)に宮騒動に連座して評定衆を罷免、
建長五年(1253)に引付衆に復帰した。
.
   ※天野景氏: 遠景−嫡男政景−景氏と続く。
.
   ※遠山景朝: 加藤景廉の嫡男。美濃国遠山荘(恵那市と中津川市・地図)地頭を継承して岩村城(恵那市の紹介
サイト)に本拠を置き、遠山氏の祖となった。
.
   ※加藤行景: 上記・加藤景廉の末子景長の嫡子。
.
   ※大江能行: 廣元の系累ではなく京下りの公家から幕臣に転じた人物と推定される。大江氏系図には記載なし。
.
   ※相馬義胤: 千葉常胤の二男で相馬氏の祖となった師常.の嫡子。相馬氏の二代目として北條氏に協力した。 .
   ※東行胤: 千葉常胤の二男で東氏の祖となった東(六郎)胤頼−重胤と続く。嫡子に中務丞胤行がいるが、行胤
は東氏系図には見当たらない。
.
   ※長江四郎: 鎌倉党長江義景の長子明義。宝治合戦で三浦に与して死没、家名は弟が継いでいる。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月24日
.
吾妻鏡
.
.
曇。将軍家(藤原頼経)は田村邸に逗留して遠笠懸・小笠懸などを楽しみ、人々馬場の垣際で見物した。この時に三浦次郎泰村と左衛門尉佐々木太郎重綱が口論し互いに罵り合う状態になった。
.
笠懸の射手だった泰村は騎馬のまま馬場の垣内で弓に矢を番え、検分役の重綱は垣の外から歩み寄って左手に太刀を持ち雌雄を決する気配となったが、弓を引き絞ったり太刀を抜いたりする前に宿老らが双方を宥めて鎮静した。
.
    射手
       相模四郎北條朝直 vs 陸奥五郎北條実泰
       小山五郎 vs 相模五郎北條時直(北條実泰−実時−時直と続く金沢流)
       小笠原六郎 vs 筑後十郎(?)
       長江八郎(鎌倉党長江義景の二男で嫡子の師景) vs 伊賀六郎左衛門尉光重伊賀朝光の庶子
       佐々木判官三郎(時秀?)  vs  城太郎安達義景
       佐々木八郎信朝(加地信実の末子) vs 氏家太郎公信
       宇都宮四郎左衛門尉頼業 vs 三浦又太郎氏村
       三浦次郎泰村 vs 結城七郎朝廣(朝光の嫡子。
.
夜になって田舎なりの風情を楽しみ、舞女も数輩呼び集められた。
.

.
   ※小山五郎長村: 小山政光朝政 → 朝長 → 長村と続く小山氏の四代当主(建保五年・1217年生れ)。
.
   ※小笠原六郎: 長清の四男で嫡子の時長。信濃国伴野荘(長野県佐久市・平賀氏没領を含む)を本領に
伴野氏の祖となった。小笠原氏の家名は長兄の長経が継いでいる。
.
   ※長江八郎: 鎌倉党長江義景の二男で嫡子の師景。
.
   ※氏家公信: 宇都宮朝綱の二男公頼を祖とする氏家氏の二代目(異説あり)。本領は現在の氏家町(地図)。
.
   ※宇都宮頼業: 宇都宮頼綱の二男で横田氏の祖。本領の横田郷は現在の宇都宮市南側の上三川町(地図)。
.
   ※三浦長村: 駿河六郎。三浦義村の六男。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月25日
.
吾妻鏡
.
.
曇・晴。将軍家が(藤原頼経)が鎌倉に還御となり、義村が御引出物を献じた。御剣は陸奥四郎北條政村が、御冑(兜)は三郎左衛門尉佐原家連と遠藤兵衛尉が、御野矢弓(狩猟用の弓箭)は左衛門尉結城朝光が、御行騰は三浦次郎泰村が、砂金は城太郎安達義景が、各々献じた。
.
一の御馬(鴾毛・鞍置き)は駿河三郎三浦光村と同四郎家村(三浦義村の六男)が引き、二の御馬(葦毛駮)は佐原四郎光連(義連の庶子か)と高井三郎実泰が引き、三の御馬(黒)は上総太郎秀胤と稲河十郎が引いた。将軍家は灯りが点く時間の前に鎌倉に入御した。
.

.
   ※佐原家連: 義連の三男らしいが、系図によっては義連の子は盛連・政連・景連を記載している場合と、政連の
代わりに家連が入る場合がある。家連は貞応2年(1223)〜嘉禎三年(1237)間は紀伊国守護に任じている。
.
   ※高井実泰: 宝治合戦(1247)の三浦側戦死者(自殺者を含む)の中に「高井實茂・子息三郎(実泰)・同四郎
太郎」の名がある。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月26日
.
吾妻鏡
.
.
駿河前司三浦義村が御所で(田村山荘)訪問の礼を述べ盃酒と椀飯を献じた。武蔵守北條泰時らも宴に加わった。
今日、籐内左衛門尉定員(7月22日を参照)を介して御扇を(陰陽師の)安倍泰貞に与えた。今回の遊覧に当たり、降雨の気配なしと占った褒美である。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
7月29日
.
吾妻鏡
.
.
新調した牛車が京都から武蔵守北條泰時邸に届けられた。来月15日の鶴岡八幡宮放生会に使うつもりだが事前に試すべきかを泰時邸で検討して試すべきの結論に達し、陰陽師に日程の勘文(諮問に対する答申)を求めた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
8月2日
.
吾妻鏡
.
.
今日、新しい牛車を御所の車庫に納めた。左衛門尉後藤基綱がこの作業を差配する。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
8月5日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
牛車の乗り初めを行った。日程については大相国の計らいで 陰陽寮に諮問し賀茂在継が上申した2日を連絡してきたが将軍の意向に合わず、再び検討して今日と定めた。
.

.
   ※大相国: 太政大臣の唐名だが安貞二年は太政大臣が不在になっている筈なので他の人物だと思われる。
また、既に過ぎた2日を答申も理屈に合わないが...
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
8月11日
.
吾妻鏡
.
.
御所の南庭で放生会に催す相撲の内取(事前の練習を兼ねた取り組み)を行い、褒賞を与えた。差配は遠藤左近将監為俊(美濃国の東氏系?)、先例の有無を調べさせたが判明する前に勝負を決してしまった。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
8月13日
.
吾妻鏡
.
.
明後日の八幡宮出御の供奉人について、駿河守北條重時が名簿を作成し周防前司中原親実に渡した。概ね田村山荘に出御の際と同様で、将軍家(藤原頼経)からは「この人選を変えてはならぬ。但し、田村への随兵12人に8人を加えて前後の陣陣に分けよ」との仰せがあった。
8人とは、相模五郎北條時直 ・小山五郎長村・氏家太郎公信・左衛門尉伊東祐時・左衛門尉葛西清重・天野次郎左衛門尉景氏・東六郎行胤・足立三郎基氏である。
.

.
   ※北條時直: 永仁五年(1297)に鎮西探題に任じた弟の實政を補佐して鎮西に下り、周防・長門の守護を経て
長門探題に就任。元弘三年(1333)の後醍醐天皇の倒幕挙兵に伴う九州動乱を鎮圧するが後に敗北して孤立無援となり、降伏して間もなく死没した事になっている。相模五郎=時直では年代的に辻褄が合わない(1228年には父の實時が4歳)ので別人か、系図の齟齬の可能性あり。
.
   ※小山長村: 小山政光朝政朝長長村と続く小山氏の四代当主(建保五年・1217年生れ)。
.
   ※氏家公信: 宇都宮朝綱の二男公頼を祖とする氏家氏の二代目(異説あり)。本領は現在の氏家町(地図)。
.
   ※伊東祐時: 工藤祐経の嫡子。富士の裾野で祐経を殺した曾我兄弟頼朝が許そうとした際に泣いて身柄の
引き渡しを求めた祐経の嫡子犬房丸(建久四年(1193)5月29日を参照)。成長して祐時を名乗り、伊東の家督を継承した。祐経の最初の妻(伊東祐親の娘)は離縁させられて土肥遠平に再嫁、生まれた娘が祐時に嫁して祐朝を産み、祐朝が早川氏・長門伊東氏・安芸伊東氏の祖となった。
.
   ※天野景氏: 遠景−嫡男政景−景氏と続く。
.
   ※東行胤: 千葉常胤の二男で東氏の祖となった東(六郎)胤頼−重胤と続く嫡子に中務丞胤行がいるが行胤は
東氏系図には見当たらない。
.
   ※足立基氏: 遠元−長男基春−遠親−基氏と続く。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
8月15日
.
吾妻鏡
.
.
晴。鶴岡八幡宮の放生会。将軍家が御束帯・御車で出御、出立の前に安倍晴賢による御祓いなどの儀式を行った。
駿河守北條重時が補佐役に任じ、周防前司中原親実が進行の差配を行った。その後御車で南門より若宮大路に出て八幡宮に到着、北條重時が御剣を持ち、左衛門尉佐原三郎家連が弓箭を携えた。
.

.
   ※佐原家連: 義連の三男らしいが系図により義連の子は盛連・政連・景連を記載
している場合と、政連の代わりに家連が記載されている場合がある。家連は貞応二年(1223)〜嘉禎三年(1237)の間は紀伊国守護に任じている。
.

.
右画像は宇都宮辻子御所南門から八幡宮馬場道までのルート、地図計測で約600m、牛車に乗るほどの距離ではないのだが。ところで、この場合の牛車は段葛の中央を進むのだろうか、それとも東側の側道を進むのだろうか。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
8月16日
.
吾妻鏡
.
.
快晴。申(16時)以後に小雨が降り続いた。
将軍家(藤原頼経)は昨日に続いて御参宮・御奉幣を行った。馬場での流鏑馬などが終わって夕刻に還御された。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
9月8日
.
吾妻鏡
.
.
戌刻(20時前後)に地震あり。
.

.
   ※百錬抄: 9月16日、七條院が崩御。当今(現在の天皇)および斎宮の御祖母である。
七條院=藤原殖子は高倉天皇の妃で、後高倉院(守貞親王)と後鳥羽天皇の生母。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
9月18日
.
吾妻鏡
.
.
祈祷が行われた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
9月20日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
未刻(14時前後)に竹御所の寝殿南の格子の中に突然一匹の犬が現れて畳の上に伏した。女房(女官)がこれを不審に思って占わせたところ「火事と病気に注意が必要」との事である。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
9月23日
.
吾妻鏡
.
.
将軍家が御咳を病んでいる。最近はこの症状が流行っており場所と貴賎を問わず罹病している。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
9月26日
.
吾妻鏡
.
.
京都の使者が参着、去る16日に七條院が崩御された(72歳)と報告した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月7日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
降雨。戌刻(20時前後)から子刻(深夜0時)まで強風が御所の侍所・・中門の廊下・竹御所の侍所などを倒壊させ、その他数え切れない程の家屋が損害を受け、吹き倒れた家屋が道路に投げ出され多くの死傷者が出てしまった。
.

.
   ※皇帝紀抄: 神祇官(諸国の官社を総管する官庁)が倒壊、また陽明門内の樹木多くが倒れ、法勝寺九重塔の
九輪が更に北に傾き、珍皇寺(wiki・公式サイトはこちら)に新造した塔も倒れた。
.
      10月2日は西暦10月31日、京都と鎌倉の双方に被害が出ている事を考えると少し遅い台風か。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月8日
.
吾妻鏡
.
.
快晴。左衛門尉後藤基綱の奉行として御所の破損修理などについて武蔵守北條泰時邸で協議した。大風や洪水など自然災害の復旧に関しては状況を問わず取り掛かるべきと述べる者もいたが泰時は納得せず、安倍晴賢を呼んで確認させた。晴賢は「昔、木工寮の建物が風で倒れた事があり、最近では鳥羽離宮が洪水の被害を受けました。 共に修理に準じて復旧しましたが、柱や棟木(などの部分的な作業)ではなく倒壊した建物については日取りを選ぶべきでしょう。」と答えた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月9日
.
吾妻鏡
.
.
晴。政所に於いて竹御所邸の倒壊建物に関して協議し、信濃民部入道行然(二階堂行盛)がこの件を差配する。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月10日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)が御方違えのため小山下野入道生西(小山朝政)の家に入御するとの指示があった。
周防前司中原親實と左衛門尉土屋宗光がこの件を差配する。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月14日
.
吾妻鏡
.
.
今夜、竹御所が御方違えのため陸奥四郎北條政村邸(元の二位殿(政子)御所)に渡御、女房数人を伴っている。
.

.
   ※旧政子邸: 以前の記録には「大倉御所敷地の東」とあったと思ったが...。そう言えば(10日の)小山朝政邸
も確か車大路に面していたっけ。探し物が増えてしまった。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月15日
.
吾妻鏡
.
.
武蔵守北條泰時が御馬(黒駮)一疋を将軍に献じて御所に参上した。左衛門平三郎盛時が北側の御庭に引き出し、将軍家が出御され毛並みをみて特に喜ばれた。
仰せに従って泰時が騎乗して御覧に入れ、周防前司中原親實・信濃民部大夫入道二階堂行盛・駿河次郎三浦泰村・城太郎安達義景・土屋左衛門尉宗光・籐内左衛門尉藤原定員等らが庭に跪いてこれを眺めた。
.
今夕、将軍家は御方違えのため小山下野入道生西(小山朝政)の車大路の家に御輿で入御された。黒駮の御馬を御前に引かせ、土屋左衛門尉宗光が御剣を持ち佐原三郎左衛門尉家連が御調度(弓箭)を携えた。
.
  供奉人(騎馬、五位の者は水干、六位の者は立烏帽子に直垂)
.
     駿河守北條重時    大炊助北條有時    駿河前司三浦義村
     相模四郎北條朝直    同五郎北條時直(8月13日参照)    駿河次郎三浦泰村
     同三郎三浦光村    足利五郎長氏(7月23日参照)    周防前司中原親實(7月23日参照)
     加賀前司源遠兼    左衛門尉結城朝光    同七郎結城朝広
     左衛門尉後藤基綱    長沼左衛門尉時宗(7月23日参照)    左衛門尉宇都宮(横田)頼業 (同、左)
     三浦又太郎氏村    左衛門尉加藤(遠山)景朝 (7月23日参照)    左衛門尉葛西清重
     東六郎行胤(7月23日参照)   加藤左衛門尉行景(同、左)   信濃次郎左衛門尉二階堂行泰(同、左)
     隠岐次郎左衛門尉佐々木泰清(義清の嫡子)    嶋津三郎左衛門尉忠直(忠久の三男)
     天野次郎左衛門尉景氏(7月23日参照)    江兵衛尉能行   伊賀四郎左衛門尉朝行(朝光の四男)
     狩野籐次左衛門尉為光(7月23日参照)    遠藤左近将監為俊    左衛門尉中條家長
     佐々木左衛門尉重綱(佐々木信綱の長男)    佐々木泰綱佐々木信綱の三男)
   最後尾 佐々木判官信綱
.
小山邸に入御して三献(献杯)の準備中に相模守北條時房と武蔵守北條泰時が参上した。越後守北條朝時も続いて加わる、と。
.

.
   ※車大路: 当時の主要道「六大路」の一つ。極楽寺方面から東に進み六地蔵で南に分岐、若宮大路を横断して
閻魔橋を渡り、小町大路の南端と交差して安国論寺(wiki)の手前で大町大路に合流する。
横須賀線と交差する部分を除いて、現在でも古道の雰囲気を残すルートを辿ることができる。
.
右画像は車大路を中心にした周辺の古道ルート図(画像をクリック→ 拡大表示)
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月16日
.
吾妻鏡
.
.
将軍家は日中が過ぎて(小山朝政邸から)御所に還御し、生西(小山朝政)は御引出物を献じた。御剣・砂金・御弓・征矢(実戦用)・御行騰・御馬二疋(一疋には鞍を置く)などである。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月18日
.
吾妻鏡
.
.
昨日の午刻(昼前後)に筥根神社と仏殿が焼け落ちたと急ぎの連絡が届いた。開創してから現在に至るまで火災の被害が無かった聖域である。
.
この事件により御所の復旧工事を延期すべきか否か、助教の中原師員・駿河前司 三浦義村・隱岐入道行西(二階堂行村)・左衛門尉後藤基綱らが評議し、風による倒壊を修理する事には何も支障なしとの結論に達した。
.
侍詰所や中門の廊下が失われたため特に荒廃している様子があり、修理を急ぐべきとの意見がある。
.

.
右画像は箱根神社本殿の裏手にある万願上人(箱根権現の開創者)の奥津城(墓所)。単なる観光ではなく宗教の聖地として箱根を旅するのも悪くない。途中には見事な姫沙羅(俗名を「サルスベリ・百日紅」)の群生もあるし、所要時間も20分ほどだ。
  画像をクリック→ 箱根権現のレポート(別窓)へ。公式サイトはこちら
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月19日
.
吾妻鏡
.
.
晴。御所および竹御所邸の中門と廊下・侍詰所などを再建した。最初に建造の寄進を担当した者が工事に当たり、
左衛門尉後藤基綱が差配に任じた。竹御所邸再建は全て政所が担当し、信濃民部大夫入道行然(二階堂行盛)が差配している。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月25日
.
吾妻鏡
.
.
晴。去る22日に火星と土星が相互の軌道を犯した旨を天文担当が勘文(上申書)を献じた。周防前司中原親實
後藤基綱がこの内容を報告した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月26日
.
吾妻鏡
.
.
晴。天変の異変を鎮める祈祷を行なう旨の沙汰があり、三條左近大夫将監親實がその奉行に任じる。
今夜、竹御所が新調の御輿(牛車?)に初めて乗った。外出ではなく屋敷の庭のみである。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
10月30日
.
吾妻鏡
.
.
晴。祈祷を開始した。
.
     一字金輪法は大進僧都    八字文殊は信濃法印
     愛染王は若宮別当    薬師は宰相律師
     北斗は丹後僧都    土曜供は助法印
     天地災変は親職    泰山府君は泰貞
     螢惑星(火星)は晴幸    鎮星(土星)は晴賢
     太白星(近世)は重宗
.
周防前司中原親實と三條左近大夫親実が奉行を務め、面々の供料を差配し割り当てた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
11月9日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
筥根山の神社と仏閣の火災に関し、万巻上人が草創してから500余年の間に火災が起きた例がなかったにも拘わらず当代になって焼失した事を武蔵守北條泰時は深く悩み、今日潛かに解謝(神の怒りを鎮め謝する)の儀式を行い、更にまた願書を捧げた。
.

.
   ※万巻上人: 朝廷の命を受け山岳宗教を束ねるため箱根山に入った
のは天平宝字元年(757)と伝わるから、草創500余年は一割・40年ほど年代を誇張している。
.
上人の奥津城(神道での墓所)は10月18日に紹介したが、箱根山南麓の函南(文字通り函嶺の南)には「上人が愛した桑原の地に小筥根山新光寺(既に廃寺)を建てて菩提寺にした」との伝承が残る。
.
平安時代中期の薬師如来坐像と、併せて北條時政の長男北條宗時を葬った墳墓堂の跡や、宗時を弔って仏師實慶に彫らせた阿弥陀三尊像など、見るべきものは多い。
.
薬師堂の古い仏像群は新造の「かんなみ仏の里美術館」に移設されて千年の夢を語っている。
 ※ ファイルサイズのためか、このサイトはフリーズ例あり。Google Crome で開く方が無難かも。
.
右画像は薬師堂にあった頃の薬師如来像。画像をクリック→ 函南薬師堂と新光廃寺跡へ。
モノクロ写真しか残っていないが当時の仏像画像と詳細データは函南 桑原薬師堂の仏像群
宗時の墳墓堂跡は北條宗時と狩野茂光の不運
で。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
11月13日
.
吾妻鏡
.
.
晴。武蔵守北條泰時は特別の宿願があるため祈祷を始めた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
11月14日
.
吾妻鏡
.
.
晴。月蝕が明確に確認できた。月曜供は助法印珍誉、羅喉星供は師法橋珍瑜がこれを勤めた。
.

.
   星の動きなんて本来の精神世界と無縁だけど、九曜星を解説しているサイト「仏様の世界」を参照されたし。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
11月19日
.
吾妻鏡
.
.
南御堂(勝長寿院)に鎮守神社を建てる沙汰が下った。信濃民部大夫入道行然(二階堂行盛)がこれを差配する。
.

.
   ※鎮守の神社: 元々の鎮守とは凶の方角からの災厄を防いだり、寺などを建てる土地に宿る霊(地主神)の祟り
を防ぐため更に霊威の強い神(八幡神など)を勧請して地主神を服属させる目的があった。
勝長寿院にも鎮守社はあった筈だから、鎮守を追加したと考えるべきか。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
11月25日
.
吾妻鏡
.
.
晴。馬場殿の御所を西側に建てる縄張りをせよとの沙汰があった。
去る23日から武蔵守北條泰時が計画して申請し、左衛門尉平盛綱が奉行を担当する。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
11月28日
.
吾妻鏡
.
.
筥根社再建の上棟式を行った。周防前司中原親實が奉行に任じた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月1日
.
吾妻鏡
.
.
曇。日蝕だが、正しく確認できなかった。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月3日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。筥根社の再建に伴う臨時の遷宮について評議を行い、陰陽師が日取りを選び出した。上棟した先月28日は神社を建てるべき日ではなかったと主張する者もあり、驚いて陰陽師に確認すると「神社の行事として日時を選ぶ場合は問題なし」との回答があった。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月4日
.
吾妻鏡
.
.
晴。馬場殿を西方に曳いてから建て直した。同じく北西の切戸(潜り戸)を平門(二本の柱に平たい屋根を載せた門)に改築、武蔵守北條泰時がこれを確認した。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月6日
.
吾妻鏡
.
.
晴。午刻(正午前後)に地震あり。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月12日
.
吾妻鏡
.
.
晴、南風が続く。辰刻(朝8時前後)に由井ヶ浜近くの民家から出火し越後守北條朝時の名越亭背後の山裾まで、南北20余町※: (約2km)が燃え、午刻(12時前後)になって鎮火した。
.

.
   ※南北20余町: 名越邸は現在の材木座四丁目の谷と推定されている。
ここから南西の浜までは約500mで、2kmを想定すると滑川の河口を通り過ぎて長谷観音近くまで(南北ではなく東西)燃えた凄まじい大火になる。従って南北の場合なら「5町余」程度でないと計算が合わない。
.
右画像の四角が名越邸の推定位置、までの距離が約500m。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月19日
.
吾妻鏡
.
.
祈祷を更に増やして始められた。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月24日
.
百錬抄
.
.
前の摂政九条(藤原)道家が関白の詔を下された。氏の長者(藤原氏の筆頭)である。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月28日
.
吾妻鏡
.
.
筥根社の遷宮あり。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
12月29日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)から来年の二所御参詣についての沙汰があり、助教中原師員が書き出した供奉人の散状(名簿の回覧)および供物の数などの明細を御覧になった。供物などの手配は政所が担当して早急に整え、供奉人の散状は侍所の所司(次官)に渡して確認を済ませるよう仰せがあった。
.

.
   ※二所御参詣: 来年は頼経が行くのか、と思ったら1月7日に再び翻意して駿河守北條重時の代参となる。
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.
   ※:
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.
   ※:
.
西暦1228年
.
86代 後堀河
.
安貞二年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.
   ※:
.


前年・嘉禄三年(1227)の吾妻鏡へ       翌年・安貞三年(1229)の吾妻鏡へ