当サイトは、9月から http://kamakura-history.holy.jp/index-aisatsu.html に一本化します。
.
8月末までは 従来のTOK2 サーバー も並行して使えますが、9月からは上記のみになります。ブックマーク変更を、お早めに!




寛喜三年(1231)

.
前年・寛喜二年(1230)の吾妻鏡へ       翌年・寛喜四年(1232)の吾妻鏡へ

左フレームに目次を表示するには 吾妻鏡を読む のトップ頁 で。    勝手ですが、WINマシン+I E.8以降 での閲覧を希望します。
.
指定なしの青文字 はサイト内の移動、下線付き青文字 はサイト内の別窓表示、wiki・公式サイト・地図 などの表示は外部へのリンクです。
.
西暦・天皇
和暦・月日
吾妻鏡に記載してある内容の意訳、関連する情報、補足事項など
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月1日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
相模守北條時房の沙汰により椀飯あり。剣の献上は駿河前司三浦義村
.

.
   ※椀飯(おうばん): 饗応のための献立、その食事を摂る儀式、行事も意味する。大判振る舞い、の語源。
.

.
   ※年令: 北條時房は56歳・ 北條泰時は47歳・ 北條朝時は38歳・ 北條政村は26歳・
三浦義村は65歳ほどか・ 三浦泰村は47歳・ 足利義氏は42歳・ 小山朝政は81歳・
結城朝光は63歳・ 四代将軍藤原頼経は13歳11ヶ月・後堀河天皇は17歳8ヶ月。(全て満年齢)
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月6日
.
吾妻鏡
.
.
強風。二所詣の御奉幣日程について協議した。中原師員中原親實がこれを担当した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月8日
.
吾妻鏡
.
.
御所で心経会(般若心経を読む法要)が催され、将軍家(藤原頼経)が臨席された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月9日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)鶴岡八幡宮に参宮。二條侍従教定が御車を寄せ、狩衣の式部大夫北條政村が剣持ちを務め、武蔵守北條泰時が狩衣で供奉した。従った近衛府判官は後藤基綱伊東祐時
.
将軍家は還御の後に相模守北條時房に入御した。この外出初めと弓初めは7日に予定していたが甲午であり、承久元年(1219)正月27日(甲午の日)に右大臣家(実朝)が八幡宮での御事(公暁による殺害)があった事から避けるべきとの意見があり、延期されていた。
.

.
   ※北條時房邸: 御所から若宮大路を隔てた西側にあった。詳細は嘉禄二年(1226)6月7日に記載した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月10日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)御方違えとして竹御所邸に入御された。去年の立春に御方違えを行ってから45日に相当するためである。
.

.
   ※立春の方違え: 寛喜二年(1230)閏1月29日にも同じ行動をしているが、意味が判らない。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月11日
.
吾妻鏡
.
.
御弓始めあり。(一五度)。
.

.
   ※一五度: 「一射づつ五人」の意味か。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月14日
.
吾妻鏡
.
.
亥刻(22時前後)に大倉観音堂(杉本寺)西側の下山入道宅で失火し唐橋中将邸と故左京兆(北條義時)の旧宅および二階堂大路両方の民家まで延焼した。
.

.
   ※唐橋中将: 村上源氏の源通清じゃないかと思うが...裏付けなし。
一緒に載っている下山入道の詳細もわからない。
.

.
右画像は今回の記事を落とし込んだ地図。義時旧邸跡の発掘調査などは行われていないが、多分200m以上の誤差はないと思う。
.
八幡宮周辺と外界を結ぶ道は北鎌倉方面と稲村ヶ崎方面がメインで、車が抜けられない二階堂大路は行き止まりに近いのが現状だが、永福寺跡から(高低差約50mの山道を越え「天園ハイキングコース」を横切れば約1km下って横浜市側の平地(今泉台団地)に至る。最近は、武蔵国と接続する鎌倉時代初期の主要道はこのルートと考える説も多いようだ。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月16日
.
吾妻鏡
.
.
寅刻(早暁4時前後)に雨、巳(10時前後)から晴。未刻(14時前後)に米町付近で失火、横町に延焼して南北六町ほどが燃えた。この中には出羽前司中条家長の家も含まれている。
.

.
   ※米町: 下馬から大町大路を東に進んだ辺り、小田原北条氏の三代氏康が建てた教恩寺一帯(地図)が米町。
ここから東の大町辻(小町大路を南下して大町大路と交差する場所)の周辺が鎌倉時代中期~後期の商業地帯、いわば鎌倉銀座の一つだった。ちなみに、本覚寺前の滑川(この辺の当時の呼称は夷堂川)に架かる夷堂橋の北側が小町で、南側が大町になる。
.
頼朝の建立と伝わる夷堂は明治の神仏分離で約200m北の蛭子神社に合祀された。蛭子神社の裏に架かるのが琴弾橋(地図)、対岸に頼家の愛児 一幡の小御所があり、風が吹くと琴のような音を響かせた「琴弾の松」があった、と伝わる。詳細は 妙本寺 比企一族滅亡の跡の末尾近くで。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月19日
.
吾妻鏡
.
.
昨夜の子刻(0時前後)から午一点(午前11時過ぎ)までに三寸(約9cm)ほどの積雪あり。
今日、二所詣の奉幣使として式部大夫北條政村朝臣が出発、御台所(竹御所)の奉幣使として牧右衛門尉も同じく出発した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月20日
.
吾妻鏡
.
.
卯刻(朝6時前後)に八幡宮別当法印(定親)が御所に来て報告、大石段西側の梅の木に二羽の山鳩がとまり、今日まで8日間もそのまま飛び立っていない、と。
.

.
   ※梅の木の鳩: 実朝の死は建保七年(1219)1月27日の戌刻(20時前後・北條九代記による)、その十三回忌
の正月命日が近いのを意識した捏造報告だろう。梅の木が鳩の弔問を意味するのなら、「大石段西側の梅の木」は暗殺場所の「石階之際(原文)」を意味するのだろう。石段の上か、下か。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月24日
.
吾妻鏡
.
.
御台所(竹御所)が鶴岡八幡宮に参宮した。左近大夫将監大江佐房・周防前司中原親實・上野介結城朝光ら10余人が供奉した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月25日
.
吾妻鏡
.
.
晴。未刻(14時前後)に名越(地図)の付近で失火し、越後四郎北條時幸・加賀守町野康俊らの宿所が被災した。同時に甘縄(地図)付近の民家50余軒が焼失した。放火らしい。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
1月29日
.
吾妻鏡
.
.
幕府に祇候している者は過差(不相応な贅沢)を慎むようにとの命令が下された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
2月2日
.
吾妻鏡
.
.
御所の御台所(竹御所の居室がある建物、の意味か)を南方に曳き移した。周防前司中原親實がこれを奉行した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
2月9日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。勝長寿院に新造した御塔(三重塔)に於いて最初の修正を催し、良信法印が導師を務めた。
.

.
   ※修正: 新年に3~7日間、国家と皇室の安泰と五穀豊穣などを祈願する法会。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
2月11日
.
吾妻鏡
.
.
晴。酉刻(18時前後)、八幡宮馬場の近くにある左馬頭足利義氏の宿舎が全焼した。放火の疑いもあるらしい。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
2月12日
.
吾妻鏡
.
.
晴。申刻(16時前後)に京都(朝廷)からの使者が到着。去る5日に将軍家(藤原頼経)が従四位下(少将の官職はそのまま)に叙された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
2月21日
.
吾妻鏡
.
.
御所の侍(御家人の控え室)二ヶ間を増築した。周防守中原親實がこの作業を差配した。
今日、京都からの飛脚が到着し、去る12日に中宮(将軍頼経の同母姉)が御平産。皇子の誕生を報告した。
.

.
   ※中宮: 九条道家の娘(竴子・wiki)。後堀河天皇中宮で、誕生した皇子は後の第87代四条天皇。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
2月23日
.
吾妻鏡
.
.
将軍家(藤原頼経)の祈願として鶴岡八幡宮の宝前に於いて仁王会を行なった。
また先月13日から8日間、山鳩が宮寺の石階下にある梅木から飛び去らない事を占ったところ、宮寺に於ける(僧や神官の間で起きる)口論を慎むべきであるとの結果が示された、と。
.

.
   ※仁王会: 仁王経(国王のあるべき姿を説く教典)を読み、鎮護国家を祈る行事。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月1日
.
吾妻鏡
.
.
雨。女房の局(女官の部屋)で勝負(賭け事)あり。両国司と同室家(時房と泰時、二人の室)らが加わった。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月2日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。夜になって将軍家(藤原頼経)が足の大指(親指)を刀で突き切って出血、御所は大騒ぎになったが軽傷だった。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月3日
.
吾妻鏡
.
.
鶴岡八幡宮で上巳の節句に伴う神事が行われ御台所(竹御所)も御参宮した。将軍家が始めて春日別宮(境内摂社)に拝礼し、四品に昇叙して始めて対応する袍を着した。これは藤原氏の氏神への拝礼であり、有識者に拠れば四位の袍を着ける最初に日取りを選ぶ決まりはないのだが、公卿(三位以上)の例に倣ったものである。
.

.
   ※袍: 衣冠束帯の際に着る盤領(丸襟)の上衣。身分によって色や布地に制約のある位袍と制約のない雑袍が
ある。詳細画像などは「袍」で検索を。
.

.
   ※名月記は: 源頼朝の遺児貞暁法印(46歳)が死去したとの事。高野山で20年を過ごして臨終を迎えた。
母の禅尼は摂津国(大阪府北・中部)で暮らしている。
.
   ※貞暁: 誕生の記事は文治二年(1186)2月26日、上洛した記事は(建久二年(1191)1月23日にある。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月6日
.
吾妻鏡
.
.
晴。京都から新調の御車(牛車)が送られてきた。御台所(竹御所)の御車である。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月9日
.
吾妻鏡
.
.
晴。六波羅から飛脚が到着して報告。先月20日、仁和寺の法印御房(貞暁、46歳)が高野山で逝去した。幕下将軍家(頼朝)の子息で御台所の御伯父に当たるため、御軽服(軽い服喪)の期間は竹御所邸に入御された。
.

.
   ※軽い服喪: 竹御所は頼家の娘、貞暁は頼家の異母弟だから伯父。服喪は頼経ではなく竹御所の筈だが...
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月10日
.
吾妻鏡
.
.
駿河三郎三浦光村が使節として上洛の途に就いた。皇子の誕生(2月12日)を祝すためである。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月15日
.
吾妻鏡
.
.
晴。永福寺で恒例の舎利会(仏舎利を供養する法要)があり、将軍家(藤原頼経)が渡御された。御台所(竹御所)も牛車に同乗、相模守北條時房と武蔵守北條泰時も参席した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月16日
.
吾妻鏡
.
.
晴。武蔵大路の下で民家が一軒焼失した。嫉妬が原因で、青女(若い女)が焼死を企んで放火したらしい。
.

.
   ※武蔵大路の下: 北は亀ヶ谷坂と化粧坂に分岐する扇ヶ谷で始まり、壽福寺
山門前~巽神社~今小路を経由して~六地蔵~塔之辻~旧道を海岸へ~星の井通りを極楽寺へ~稲村ヶ崎に下る、約4kmの総称が武蔵大路。
.
ただし鎌倉時代の1270~1280年代に忍性が極楽寺坂切通しを整備するまでは海沿い(坂ノ下埋立地)を辿って稲村ヶ崎に下るのが主要道(稲村路)だった。
.
部分的には狭いエリアの名称が使われ、名称の重複区間(例えば六地蔵~塔之辻を大町大路に含む場合など)もある。また、「下」が亀ヶ谷や化粧坂など「坂の下」なのか「南側」を意味するのかも判断できない。
.
右画像をクリック→ 拡大表示。現代の地図に落とし込んだため正確さには欠ける。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
3月19日
.
吾妻鏡
.
.
今年の飢饉により百姓の多くが餓死する状態になっている。武蔵守北條泰時の管理下にある伊豆と駿河両国には出挙米を放出して飢餓を救うよう、倉庫を所有し管理する者に指示を下した。もしも対捍(怠けて遅れるなどの行為)があれば内容によっては処分の対象となる旨の命令書に花押を捺して発行した。担当は豊前中務丞、宛先は矢田六郎兵衛尉(北條被官・代官か)である。
.

.
   ※出挙米: 領主からの貸付米。返済を要する貸付米で、供与ではない。翌年3月にも矢田六郎兵衛尉に宛てて
伊豆仁科(地図)の百姓に供出せよとの指示を行っている。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月2日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
河越三郎重員は武蔵国惣検校職であり、この職は四ヶ条の権限を与えられているにも拘わらず近年は廃止と同様の状態になっている。武蔵守北條泰時に対して、従来の通りに権限を与えて頂きたいと愁訴したため、岩原源八経直の担当として今日留守所に確認を求めた。
.

.
   ※河越重員: 娘を義経に嫁がせていたため頼朝に粛清された河越重頼の三男。長兄重房は父と共に粛清され
家督は次兄の重時が継承していたが、今回の申請によって嫡男が継承するべき惣検校職は重員に付与された。泰時には河越氏の権限を分割して権限拡大を防ぐ意図があったと推測され、この申請が実際に重員から発したかは疑わしく、執権周辺の意図だった可能性は否定できない。
.
   ※惣検校職: 平安時代末期、国衙に於ける一定の権限と共に国内(この場合は武蔵国)の中小武士団に対する
統率権と徴兵権を伴っていたらしい。平将恒の子で秩父別当を称した武基の息子武綱が源義家に従って後三年の役の先陣を務めて家名を挙げ、嫡子重綱が最初の武蔵国惣検校職となった。
.
その後に何らかの後継争いを経て長子の重能ではなく重隆が秩父氏嫡流として同職を継承、久寿二年(1155)8月になって 源義賢と共に源義平畠山重能斎藤實盛らに討たれ、重隆の孫である河越重頼の後を継承した重員は職責に伴う権限の復活を願い出た、と推測される。
.
ただし、この時点の惣検校職は権限を伴わない名誉職に過ぎず、泰時としては「武蔵国惣検校職である河越氏を配下にした」メリットを考えた、と思う。
左フレームの「秩父平氏の系図」と大蔵館跡と源義賢の墓所を参考に。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月4日
.
吾妻鏡
.
.
天変に対応する祈祷を行うよう、将軍家(藤原頼経)から指示が下された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月5日
.
吾妻鏡
.
.
晴。先月25日の除目の聞書が到着、将軍家(藤原頼経)が右近衛中将に転任となった。
.

.
   ※聞書: 任官叙位の際に昇進該当者名とその理由を記した会議の備忘録・議事録。
.
   ※頼経転任: あれ? 3月26日の名月記に載っている「左中将頼経」が正しい筈だ。頼経は嘉禄二年(1226)の
1月27日に征夷大将軍と同時に右近衛権少将に、同年3月25日に右近衛中将に転任している。この二件とも吾妻鏡に記載がなく、「左近衛中将に転任」を誤記したのは単純ミスか?
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月11日
.
吾妻鏡
.
.
天変に対応する各種の祈祷が行われた。五大明王の護摩修法は、不動明王を信濃法印・降三世明王を大進法印・軍茶利明王を丹後僧都・大威徳明王は宰相法印・金剛夜叉明王は若宮別当定親。また一字金輪文殊菩薩は大蔵卿法印良信の担当である。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月14日
.
吾妻鏡
.
.
曇。月蝕の虧初(欠け始め)は丑七刻(3時過ぎ)で戻るのは寅一刻(3時半)の筈だが(曇で)確認できなかった。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月15日
.
吾妻鏡
.
.
未刻(14時前後)に地震あり。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月17日
.
吾妻鏡
.
.
晴。京都朝廷の使者が鎌倉に到着。中宮(2月21日に記載)御入内の祝賀により、去る8日に将軍家(藤原頼経)が正四位下に昇叙した旨を伝えた。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月19日
.
吾妻鏡
.
.
風雨の被害や水害・旱魃などの災難を避ける祈祷として、諸国の国分寺に於いて最勝王経を転読せよとの宣旨が昨夜鎌倉に到着した。これに従って今日、政所に於いて民部大夫入道行然(二階堂行盛)が奉行して、幕府の支配下にある関東諸国での実施についての評議があった。
申刻(16時前後)に相模四郎北條朝直の室(武蔵守北條泰時の娘)が男子(後の朝房)を平産した。
.

.
   ※最勝王経: 正式には金光明最勝王経。国を豊かにするため王が守るべき心得を説いた経文。読誦して正法を
施せば諸天善神が国を守護すると書いている。
.
   ※北條朝直: 謀反の嫌疑で失脚(後に復権)した伊賀光宗の娘との離縁を拒み続けたのだが...藤原定家
名月記で「婚姻の件は猶も四郎朝直(相州時房の嫡男)が固辞を続けて大騒ぎになっている。相州時房を継ぐ器ではないのだろうか、本妻との離別を悲しみ出家の支度をしているらしい。」(嘉禄二年(1226)3月9日に記載した)と書いたのを最後に屈服したらしい。可哀想に。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月20日
.
吾妻鏡
.
.
(4月2日に)河越三郎重員が武蔵国惣検校職四ヶ條の権限復活を申請した件について、去る2日に留守所に問い合わせた。秩父権守重綱( 畠山重能の祖父)から畠山次郎重忠の時代まで権限を掌握していたのは重員の訴えに合致するとの在廰官人(日奉実直・弘持・物部宗光)の14日付報告書が留守代帰寂の15日付の添え書きが到着、その通りに沙汰する事となった。
.

.
   ※武蔵国惣検校職: 4月2日にも書いた通り今では完全な名誉職、国内軍兵の催促統率権などある筈もない。
国司(泰時)の命令を受けて軍兵の催促を代行する可能性はあるだろうが。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月21日
.
吾妻鏡
.
.
承久の兵乱(1221年)後に諸国の郡・郷・庄・保などに新たに補任された地頭の業務について五ヶ條の規則を定め、六波羅にもその内容を通達した。
.
第一に洛中での寺社祭礼の際には職務中以外の者の武装を禁止する。第二に強盗や殺害犯の首魁は斬罪に処し仲間などは御家人や守護に引き渡して鎌倉に送致する。第三に百文や二百文程度の軽い犯罪でも倍額を徴収する。 更に重い罪の場合は身柄を拘束する事になっても親類縁者の弁済を認めてはならない。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月27日
.
吾妻鏡
.
.
晴。申刻(16時前後)に二度の地震あり。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月28日
.
吾妻鏡
.
.
酉刻(18時前後)に御所北の対屋付近に怪鳥が集まった。水鳥の種類だろうか、羽の色が黒で翌日に死んでしまった。見たことがある者もいたが名前は明らかでない。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
4月29日
.
吾妻鏡
.
.
昨日の鳥の事についての占いあり。泰貞・晴賢・晴幸・重宗・宣賢・成光らが参上して病気の予告であり特に女官の病気について注意が必要との結果を報告、夜になって祈祷を催した。
.
今日、新任の判官となった三浦光村が京都から帰参した。使節(皇子の誕生(2月12日)を祝すため3月10日に鎌倉を出発)を務めた褒賞として去る14日に検非違使に任じる宣旨を受けたものである。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月4日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
先月、ある僧が祇園(八坂神社・公式サイト)の示現(神仏のお告げ)と称して夢を記録し、洛中に配布した。従一位関白の九条道家から将軍家(藤原頼経)に送ってきた。その内容は次の通り。
.
一人当たり五文か三文を献じて般若心経を読誦し、巽(南東)に於いて鬼気祭を催せば今年の伝染病や餓死は鎮まるだろう。疫病は5月から6月18日の間に発生するから、この封(御札・封印)を懸けよ。
    □ 医王源□ 急々如律令  □□□ 山柘急々如律令  これを信じれば人民安穏・天下太平である。

.
今夜、御所の四角四境で鬼気祭を行なった。
.

.
   ※四角四境祭: 敷地の四隅と国(地域)の四境で邪気を祓う鬼気祭を
催すこと。冒頭に「御所の」とあるので文面通りなら建物の四隅と敷地の四境と考えるのも可能だが、本来は御所の四隅(艮・東北、巽・東南、坤・南西、乾・北西)と、四境=鎌倉の境界。通常は「北の巨福呂坂、南の小坪・東の六浦・西の固瀬河」。
.
更に詳細は元仁元年(1224)12月26日の記事で。
.
右画像は四境をマークした地図(クリック→拡大表示)
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月5日
.
吾妻鏡
.
.
晴、南風烈しい。綸旨に従い、国分寺に於いて最勝王経を転読するよう関東御分国に命令を下した。二階堂行盛の奉行である。
.

.
   ※関東御分国: 鎌倉の管理下にある武蔵・相摸・越後・伊豆・駿河の諸国を差す。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月7日
.
吾妻鏡
.
.
地震あり。今日、大進僧都観基が薬師如来に祈る護摩の修法を行なった。天変に対応する祈祷である。また安倍晴幸が地震祭を奉仕した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月9日
.
吾妻鏡
.
.
晴。今朝、駿河次郎三浦泰村が奉幣の使者として天下泰平を祈るため常陸国鹿嶋社鹿島神宮・公式サイト)に向かった。また御所に於いて一万巻の般若心経(この内一千巻は将軍による書写)の供養を行なった。導師は安楽房法眼行慈、これも天下泰平を祈るためである。
.

.
   ※鹿嶋社: 摂関家(藤原氏)の氏社であり、荘園の本家(所有者)でもある。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月13日
.
吾妻鏡
.
.
周知するべき決定事項あり。まず、諸国の守護人は、大犯三ヶ條を逸脱するような過分の処理をしてはならない。検非違所(国や郡・荘園に於ける検非違使)は寛容原則に従って年貢に関する務めを果たす事。
.
守護地頭に対して領家(所有権者)から訴訟が起きた際に六波羅の呼び出しに応じない例に関しては、二度までの呼び出しを行い、三度目には鎌倉に文書で報告せよと指示してあるが、守られていない。相手に配慮することなく履行するよう重ねて命令を下す。
.
窃盗に関しては、百文以下の軽い犯罪には倍額の罰金を課して身柄を釈放し、百文以上の重罪には身柄を拘束しても親族・妻子・従者には罪を問わず従来の居住を認めること。謀叛や夜討ちは容赦せず厳しい対応を命じる。
.

.
   ※大犯三ヶ條: 守護職の基本権限。大番の催促・謀叛人の処理・殺害犯の処理を差し、犯罪の処理は捜査から
逮捕・刑の執行までを含む。翌・貞永元年(1232)8月の御成敗式目で成文化される。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月14日
.
吾妻鏡
.
.
晴。巳刻(10時前後)に鳥が御所の進物所(調理場所)に飛び込み、女官が整えていた大盆をひっくり返した。このため占いを行ない、病気に注意が必要との結果を得た。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月17日
.
吾妻鏡
.
.
晴。申刻(16時前後)に武蔵守北條泰時が体調不良。
10日以上に渉って猛暑が続き疫病が国中に流行している。天下の平和と国土の豊穣のため、今日鶴岡八幡宮で供僧を含む30人の僧による大般若経の読誦を行なった。また10日間の問答講を行なう事も決定した。
.
   第一日 講師は三位僧都禎兼  問者は安楽房法眼重慶
   第二日 講師は頓覺房律師良喜  問座は心房律師圓信
   第三日 講座は心房律師  問は頓覺房律師
   第四日 講は丹後律師頼暁  問は圓爾房
   第五日 講は圓爾房  問は丹後律師
   第六日 講は備後堅者  問は教蓮房
   第七日 講は教蓮房  問は備後堅者
   第八日 講は肥前阿闍梨  問は筑後房
   第九日 講は圓爾房  問は肥前阿闍梨
   第十日 講は安楽房法眼  問は三位僧都
.

.
   ※問答講: 仏教の教義論議や法論。また問者がが仏法についての疑問を問い講師 がこれに答えること。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
5月21日
.
皇帝紀抄
.
.
酷い飢饉が続く中、洛中に住む者が協力して豊かな家に押し入って飲食を要求し、更に銭や米の貸与を要求する事件が頻発している。22日に武士に訴えてこれを停止させた。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
6月1日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。武蔵守北條泰時の病状は回復し、午刻(正午前後)に病の汚れを払う沐浴を行なった。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
6月6日
.
吾妻鏡
.
.
海路で物資を運ぶ船が風波に流されて漂流して目的地以外の場所に流され漂着した際に、その場所の地頭らが遭難船と決めつけて積荷を含め押領する例が報告されている。先例があるにしても当事者には大きな負担となるため今後は禁止する命令を下す事について評議が行われた。
.

.
   ※船舶の漂着: 貞応二年(1223)に摂津兵庫・土佐浦戸・薩摩坊津の船主らが船舶の衝突や積荷の損害補償
などを申し合わせた協定があり「無主の漂着船は優先的に寺社に寄進」などの記載がある。
北條義時が袖判(花押)を加えた鎌倉幕府の公式文書と言われているが実際には花押を加えて権威付けした室町時代後期の文書らしい。別名を廻船式目、吾妻鏡がどんな経緯でこの日付に付加したのかは判らない。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
6月11日
.
皇帝紀抄
.
.
祇園社(現在の八坂神社・公式サイト)の常行堂(阿弥陀堂)で餓死者があり、土塀の上を壊して廃棄した。
.

.
   ※八坂神社: 7月の祇園祭で知られる。元は興福寺の支配下にあったが10世紀末には延暦寺の末寺(当時は
神仏習合)となり、延久二年(1070)には鴨川西岸の広大な地域を「境内」として朝廷権力からの「不入権」を承認された。その後も久安三年(1147)の祇園闘乱事件(祇園社神人と清盛郎党のトラブル)などを経て延暦寺と一体化し、嘉禄三年(1227)7月には法然の墓所を破壊して念仏宗の弾圧を要求している。八坂神社の南400mの法観寺(八坂の塔)には木曽義仲の首塚がある。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
6月15日
.
吾妻鏡
.
.
晴。戌刻(20時前後)に由比ヶ浜の鳥居の前で前大膳亮安倍泰貞朝臣による風伯祭を行ない、法橋圓全が仰せを受けて祭文を起草した、関東では初めて催す例である。先月中旬から強い南風が昼夜に吹き続け、これに対応して武蔵守北條泰時が指示した。将軍家(藤原頼経)が派遣した使者は式部進平内、泰時が派遣した使者は神山弥三郎義茂。今年京都でこの祭を催し、(賀茂)在親朝臣が勤行したという。
.

.
   ※由比ヶ浜の鳥居: 現在は失われた「浜の大鳥居」を差す。若宮大路を改修した平成二年(1990)に出土した
痕跡(地図)は天文二十二年(1553)に北条氏康が建立した鳥居の跡で、鎌倉時代と同じ位置か否かは確認できない。更に南だったかも知れないが、二の鳥居~三の鳥居の距離(約480m)と等しかったなら下の下馬橋(二の鳥居から約500m)付近の可能性もある。
.
右画像は浜野大鳥居痕跡周辺の若宮大路。正面が鶴岡八幡宮方向、撮影場所のすぐ後が若宮大路で唯一の歩道橋。
.
200m南に畠山重保の館跡、更に200m南の簡易裁判所敷地からは建設工事の際に大量の人骨(共同墓地か)が出土している。西側に和田塚(古墳)がある事などを考え併せると、当時の海岸線は現在より200~300m内陸寄りだろう。
.
   ※風伯祭: 天候や季節の変化に深く関わる風の神を祀る行事。
.
   ※賀茂在親: この時点は陰陽道賀茂氏の嫡流だったが激しい権力
争いが続き、次の代には傍流の在清-在秀と陰陽道の主流が入れ替わったらしい。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
6月16日
.
吾妻鏡
.
.
晴。続いていた強風が鎮まった。昨夜の風伯祭が効果を挙げたと思われ、安倍泰貞朝臣が褒賞の剣を与えられた。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
6月17日
.
百錬抄
.
.
昨年の春から全国で飢饉が続き、この夏には死骸が路傍に満ちている。治承の頃(1177~1181年)以来、このような飢饉が起きた例はない。
.

.
   ※治承の頃: 源三位頼政源頼朝木曽義仲らが平家打倒の兵を挙げたのが治承四年(1180)、気候の異常は
特になかったが、兵糧米の徴収や労役による耕作の滞りが収穫に大きな影響を与えた。それにしても「死骸が路傍に満ちて...」などの惨状は記録されていない。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
6月22日
.
吾妻鏡
.
.
去る2月22日に死去した高野山の法印(貞暁)の遺領が西園寺公経の息子で内府(内大臣)の西園寺実氏(wiki)の息子に譲与するとの申し送りが書類を添付して武蔵守北條泰時に届けられた。
今日この件についての評議があり、貞暁の譲状と相違なしとの決裁があった。遺領は備中国多気と巨勢の両庄、和泉国長家庄、伊勢国三箇山と山田野庄などである。
.

.
   ※実氏の息子: 11歳の公基と8歳の公相だから貞暁との接点は認められず、西園寺公経と実氏が鎌倉幕府に
近い政治家だった関係から遺領の贈与があった、という事だろうか。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
7月9日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。午刻(昼前後)に御台所(竹御所)の新しい牛車の乗り初めで駿河前司三浦義村邸に渡御、将軍家(藤原頼経)が狩衣・牛車で先に入御された。義村の接待は豪華を極めたもので、伶人(楽人)や舞女を揃えて終日遊んで過ごし、晩鐘の頃に御所に還御された。
.

.
   ※晩鐘: 江戸時代には暮六つ(酉刻・18時前後)だったらしいが、鎌倉時代は判らない。多分同じだろう。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
7月11日
.
吾妻鏡
.
.
二位家(政子)の正月命日であり、勝長寿院の南小御堂で法事を催した。導師は求仏房、御台所(竹御所)も渡御され、相模守北條時房と武蔵守北條泰時も参席された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
7月15日
.
吾妻鏡
.
.
晴。二位家(政子)の追善法要あり。小御堂で恒例の一切経法要で、両国司も参詣された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
7月16日
.
吾妻鏡
.
.
晴。今日、京都からの使者が鎌倉に入って報告。九条道家が摂録(摂政関白)を左府(左大臣の九条教実(wiki)・22歳)に譲った。去る2日に内覧の宣旨があり5日の夜になって拝賀したのは知足院殿 (藤原忠実(wiki))の例に倣ったらしい。
今月は大飢饉が全国に広がり、また2月から京都と近国で疫病が流行、多くの貴賎が命を落としている。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
8月1日
.
吾妻鏡
.
.
晴、風が鎮まった。収穫が始まって世間に食料が出回り始め、死骸が少しづつ減り始めた。
.

.
   ※8月1日: 西暦の8月29日、米の収穫・供給はもう少し先だと思うが、あわ・ひえなどの雑穀と考えるべきか。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
8月15日
.
吾妻鏡
.
.
晴。鶴岡で放生会。将軍家(藤原頼経)も出御され、大炊助北條有時が剣を持ち近江太郎左衛門尉佐々木重綱が弓箭を携えた。供奉人は大夫判官後藤基綱・宇佐美判官祐政(祐茂の嫡子)・駿河判官三浦光村が務めた。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
8月16日
.
吾妻鏡
.
.
晴。(昨日に続き)鶴岡八幡宮で神事。将軍家の出御は通例通り、御台所(竹御所)は馬場の桟敷で見物された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
9月 日
.
名月記
.
.
   ※9月3日: 概ね晴。天王寺(公式サイト)の騒動を沈め凶徒の捕縛を武士に命じた。彼らの行動は許しがたく、
藁を積んで放火などは尋常でない。仏法最初の寺が灰燼に帰すのは後悔しても余りあることだ。
.
   ※9月6日: 薄曇。風説によれば佐々木四郎信綱が近江を辞す、と。鎌倉の意向だろうか、悲しむべき事だ。
.

.
   ※佐々木信綱: 史料では翌・寛喜四年(1232)まで近江守護、そのまま近江守に転任している。ただの噂か。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
9月13日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
今夜、御所に於いて和歌の御会あり。後藤基綱・源親行・光西(伊賀光宗)らが参席した。
.

.
   ※源親行: 著名な歌人であり承久の乱以前まで政所別当に任じた光行の息子。京都に戻る父と交代する形で
鎌倉に入り、承久の乱で院方に与して斬られる筈だった父の助命を嘆願した後に源実朝藤原頼経宗尊親王の三代に仕えて歴代の和歌奉行を担当した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
9月23日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家(藤原頼経)が馬場殿に出御され、流鏑馬・遠笠懸が催された。駿河前司三浦義村武藤次郎資頼ら宿老が特に仰せを受けて弓射の技術を披露した。
.

.
   ※宿老: 三浦義村は(推定)65歳前後で武藤資頼は72歳、宿老と言うべきか老武者と言うべきか。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
9月24日
.
吾妻鏡
.
.
晴。寅刻(早朝4時前後)に月が軒轅の第三星の軌道を犯した。
.

.
   ※軒轅: 司馬遷の「史記」に拠れば、古代中国を統治した最初の皇帝で漢民族の祖である黄帝(紀元前2510~
紀元前2448)を差すのだが、この名前がどんな理由でどの星座に転用されているのかが判らない。
多くの医学書を著した伝説から「ユンケル黄帝液」の語源になったらしいけど。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
9月25日
.
吾妻鏡
.
.
御所で御鞠の会。相模四郎北條朝直・同三郎入道北條資時・周防前司中原親實・右衛門尉小山五郎長村・肥田八郎(安貞三年(1229)1月1日を参照)・備中法橋定尊らが庭に控えた。
また来月1日に行なう祈祷(三壇(護摩壇)の修法)について、松殿法印・大進僧都・宰相律師に指示を下した。
.

.
   ※小山長村: 政光-朝政-朝長と続いた小山氏の四代当主。弓射の技術に秀でていたと伝わる。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
9月27日
.
吾妻鏡
.
.
昼間、名越の付近で騒動が勃発、敵が越後守北條朝時の名越邸を襲撃しているとの連絡があった。
.
武蔵守北條泰時は評定の席を立って直ちに名越を目指し、相模守北條時房ら出仕していた御家人も泰時に続いて馬を飛ばした。朝時はちょうど外出中で、留守を守っていた武士らが「屋敷の南隣で他所から逃げて隠れていた悪徒を捕縛し、或る者は自殺を遂げ或る者は抗戦した。」と報告した。
.
泰時は屈強な武士を現地に派遣して途中から引き返したが、平盛綱が泰時を諌め、「重職を担う立場として、国敵が相手であっても先ず使者を送って状況を確認した後に対策を考えるべきであり、事情も知らないまま行動してはなりません。今後も同様の例があれば乱世を招き謗りを招くでしょう。」と。
.
泰時はそれに答えて、「その通りではあるが、人が生きるのは偏に親類を思うからであり、目の前で兄弟が殺されて謗りを受けたら重職など無価値である。武道は人のためにあり、いま朝時が敵に囲まれていたら他人にとって小事でも私にとっては建暦や承久の敵に向かうのと変わりはない。」と語った。近くで聞いていた駿河前司三浦義村は感涙を拭い、盛綱は頭を垂れて恐縮した。
.
義村は座を起って御所に戻り、御台所(竹御所)および伺候していた男女に事の経緯を語った。人々は感動し、盛綱が諌めた言葉と義時の説明とどちらに理があるか議論したが、結論には至らなかった。
.
この話に心打たれた越後守北條朝時は密かに誓詞を送り「子孫に至るまで泰時の一族に忠節を尽くし敵対する事はない。」と誓った。一通は鶴岡八幡宮別当に託し、一通は子孫の記憶に残すため家に収蔵する文書に加えた。
.

.
   ※名越邸: 北條時政の全盛期に朝時が譲り受けた屋敷(位置などは承元二年(1208)1月16日と、嘉禄元年
(1225)5月12日の記事を参照)。時政が義時の後継として泰時ではなく朝時を考えていた可能性の根拠でもある。名越邸については材木座の弁ヶ谷も参考に。
.
   ※泰時と朝時: 例によって吾妻鏡の編者による北條得宗賛歌だと考える方が妥当だろう。
「子孫まで忠義を尽くす誓詞」と言いながら名越流朝時の子供の大部分は得宗家に反旗を翻しているし、仁治三年(1242)6月の泰時死没直後には朝時自身も不穏な動きを見せている。
.
朝時は「自分こそが北條嫡流」との意識を終生持ち続けたと思う。泰時の生母は出自も不明確な御所の女官、朝時の生母は義時の恋女房で正妻だった姫の前である。比企氏の縁者だったため離縁となったが、嫡流の資格としては明らかに朝時が格上だった。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
9月29日
.
吾妻鏡
.
.
天変地異に対応する祈祷を行なった。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月6日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
将軍家(藤原頼経)の祈願寺を建てる旨の沙汰が下った。場所は永福寺または大慈寺の敷地内とし、両国司(相模守北條時房と武蔵守北條泰時)・駿河前司三浦義村・出羽前司中条家長・隠岐入道二階堂行村・信濃民部入道二階堂行盛らが陰陽師三人(泰貞・晴賢・重家)を伴って巡見した。
.
金蔵房に地相の確認を命じ、絵師の宅磨左近将監為行を呼び現地の様子を描かせて摂津守中原師員と駿河判官三浦光村を介して御所に報告した。永福寺の候補地には御台所(竹御所)の祈願寺を建てる事が内定、こちらは伊賀式部入道光西(伊賀光宗)の奉行である。
.

.
   ※宅磨為行: 頼朝に招かれて寿永三年(1184)1月22日に鎌倉に
下向した宅磨派の絵師宅磨(藤原)為久の嫡子。為久は翌年8月に再び鎌倉に下り勝長寿院の仏画を描いて(8月23日に記載)定住、鎌倉宅磨派の祖となった。
.
同年10月11日には「浄土を描いた壁画の技法に頼朝がクレームを付けて修正させた」記事が面白い。為久が住んだ場所は現在の報国寺(公式サイト)がある宅間ヶ谷、一族の姓が語り継がれている。
.
このエリアは嘉禄三年(1227)1月2日の田楽辻子の項目でも触れておいた。 右画像は田楽辻子のルートと宅間ヶ谷の位置。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月12日
.
吾妻鏡
.
.
寅刻(早朝4時前後)に地震あり。今日、安嘉門院の御所および神泉苑の修理について評議があった。将軍家が担当する任務として先日御家人に割り当てた作業である。西国の分は神泉苑の担当から漏れた御家人が負担するよう指示が下った。

.
   ※安嘉門院: 第80代高倉天皇の皇子守貞親王(後高倉院)の娘。承久の乱後に後鳥羽上皇(82代天皇)と
土御門上皇(83代天皇)と84代順徳天皇の三人が全て廃位となり、帝位を継げる唯一の血筋は既に出家していた守貞親王の息子で辛うじて出家していなかった茂仁王(86代後堀河天皇)が帝位に就いた。生母の七条院(藤原殖子)が既に没していたため同母姉の安嘉門院が准母(代理の母)・皇后宮となっている。
.
   ※神泉苑: 京都御所の南西(地図)、現在の二条城(慶長八年(1603)築)東半分を含む禁苑(宮中の庭園)で、
延暦十三年(794)の平安遷都と同時期に南北500m×東西240mの規模で完成した。
.
天長元年(824)には西寺の守敏と東寺の空海が雨乞いを競って空海が勝ち、以後は東寺(公式サイト)の管理下に入った。日照りが続いた寿永三年(1184)の夏に後白河法皇が催した祈祷会はこの時の例に倣ったもので、この席に招待された義経が初めてと出会った挿話でも名高い。この出会いの詳細は義経が静を見初めた神泉苑で。
.
敷地は狭くなったが今も真言宗寺院として続き、南北100m×東西60mに広がる池と花が美しい、京都の隠れた名所である。更に詳細はこちら(公式サイト)で。
.
   ※百錬抄: 土御門上皇が配流地の阿波国で崩御、御年37歳)。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月16日
.
吾妻鏡
.
.
晴。二階堂(永福寺)の敷地に五大尊堂を建立する予定の場所は本堂から見て犯土の方向になり、詳しく確認せよとの指示が下された。周防前司中原親實・御堂奉行の式部大夫入道光西(伊賀光宗)・左衛門尉藤原定員 が陰陽師の安倍晴賢らを伴って本堂背後の山に登り方角を測定した。
.
御所を起点として寅(東寄りの北東)に相当するため支障なしとの意見で一致したが、来年になると王相の方角(移転・建築に不吉)に当たる。故二位殿(政子)の方違えの際に本所として用いた僧坊があり、そこならば計画している場所から乾方(北西)に当たるだろうかと考えたが、安倍晴賢は戌(西北西)だろうと判断した。
.
全員が戻って以上の内容を報告し、武蔵守北條泰時邸で尾藤右近入道景綱の奉行で御堂造営の日時を定めた。
その後に酒宴と食事があり、中原親實と伊賀光宗も同席した。
.

.
   ※五大尊堂: 密教の五大明王を祀る堂。不動明王を中心にして四方(降三世が東・軍荼利が南・大威徳が西・
金剛夜叉が北を守護する。
.
   ※犯土の方向: 土木や建設などを司る土公神(春は竈、夏は門、秋は井戸、冬は庭に棲む)のいる方角。
その期間にその方角を犯すと祟りがある、とされる。
.
   ※藤原定員: 京都から頼経に同行して下向した近臣で将軍御所を奉行した。寛元四年(1246)の宮騒動の際に
弁明の使者として執権北條時頼の説得に向ったが失敗し安達義景に預けられて,出家した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月19日
.
吾妻鏡
.
.
 雨が続く。 二階堂に建造を予定していた御堂の場所を変更し、甘縄の城太郎(安達義景)邸の南で千葉介 邸の北、西山の麓である。両国司(時房と泰時)が再び巡検した。今日は橘寺供養の日に当たるため不吉かと考え、数人の陰陽師を呼んで確認した。
.
泰貞・晴茂・長重・文元らの意見は同一で、「橘寺供養は寛治五年(1091)で、そもそも開眼供養と建築は全く関係のない別の事だから支障がある筈はない。」と。また斎藤兵衛入道浄圓は「辛未の日は不吉とする考えもある、色々言っては際限がないから今日の執行で問題はない。」と。
.
法橋圓全は「前例を言い出せば辛未だけではない。後一條院の寛仁四年(1020)1月19日辛未には興福寺阿弥陀堂の御塔柱立て、堀河院の康和三年(1101)7月6日辛未には春日大社で一切経供養、同日には日吉大社で大般若経供養、鳥羽院の元永元年(1118)閏9月19日辛未には熊野山で一切経供養(御幸あり)、崇徳院の保延二年(1136)3月4日辛未には熊野山本宮の五重御塔供養、後鳥羽院の元暦元年(1184)の閏10月10日辛未には法皇御願により蓮花王院で万部四巻の御経供養があった。」と語った。
.

.
   ※千葉時胤: 安貞二年(1228)に千葉胤綱の死没により10歳で千葉介を
継承した千葉氏の七代当主。千葉胤綱の長男、または胤綱の父千葉成胤の三男とする説がある。 北條泰時に偏諱を受けて時胤と名乗り24歳で死没し、長子の頼胤が跡を継いだ。
.
   ※鳥羽院御幸: 崇徳天皇に譲位したのは20歳の保安四年(1123)1月で、
元永元年(1118)閏9月には天皇位にある。時代の呼称に天皇位ではなく「院」を使うのが通例らしい。
.
   ※西山の麓: 西山は長谷寺(公式サイト)から成就院の南まで続いている
山並み(麓との標高差は約40m)を差しているのだろう。甘縄の南で西山の麓だと、収玄寺あたりか、と思う。
.
右画像は長谷駅周辺の地図。クリック→拡大表示。
.
長谷寺の起源は曖昧で、梵鐘の刻印などから1260年代初頭の存在は確認されているが、それ以前は曖昧である。
この時代に既に確立した規模の寺ならば、吾妻鏡が「西山」ではなく「長谷寺」か「長谷観音」と表記すると思うのだが...。
.
ちなみに、極楽寺坂切通し(現在の極楽寺坂)の開削は大正末期(1920年代)、それまでの極楽寺坂は成就院の門前を通っていた。(紫陽花の名所 成就院を参照)。
.
   ※収玄寺: 江戸時代末期の文政年間(1818~1829年)に開いた、
鎌倉では比較的新しい日蓮宗の寺。鎌倉時代に北條朝時北條光時の執事に任じた四条頼基の屋敷跡と伝わる。
.
頼基は朝時の代官として信濃国伊賀良荘(現在の飯田市)に赴任した建長五年(1253)頃から日蓮に帰依し、文永八年(1271)の龍ノ口法難の際は殉死も考えたらしい。
.
日蓮が佐渡で著した開目抄(wiki)は鎌倉の頼基を経由して信者に伝わったという。晩年の頼基は甲斐国内船に所領を得て内船寺を建立した。
.
右画像は内船寺の山門。ここは10年も前に長野から熱海に帰る富士川沿いの国道50号近く、甲斐源氏関連で立ち寄った場所なのだが、まさか鎌倉で四条頼基関連の史跡に触れようとは考えてもいなかった。
.
画像をクリック→甲斐源氏 南部一族発祥の地へ。後半部分を参照されたし。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月20日
.
吾妻鏡
.
.
周防前司中原親實・伊賀式部入道光西(伊賀光宗)・籐内左衛門尉定員(10月16日に記載した将軍頼経の近臣)らが陰陽師の安倍泰貞と安倍晴賢朝臣を伴って甘縄に出向いた。御堂を建てる地の方角を確認し、御所の坤方(南西)なので工事には支障がないと報告した。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月25日
.
吾妻鏡
.
.
晴、晩になって強風。戌四刻(21時半過ぎ)に相模守北條時房の公文所(時房家の家政期間)が焼失した。
南風が吹き荒び、東は勝長寿院の橋の近くまで・西は永福寺惣門の内門まで焼き払い、炎と煙が飛ぶように広がって右大将家(頼朝)と右京兆(北條義時)の法華堂が本尊と共に灰燼に帰した。
人や家畜の焼死は数知れず、盗人の放火が原因との噂もある。
.

.
   ※焼失範囲: 時房邸は若宮大路の西側なので火元として離れ過ぎ
ている。頼朝と義時の法華堂・勝長寿院(大御堂橋)は判るが「永福寺惣門の内」には注意が必要となる。
.
横大路(金沢街道・六浦道)に面した南門から永福寺に向かう二階堂大路は「岐れ道」から鎌倉宮に突き当たる道ではなく、もう一本南側を通る古道である。
.
しかも六浦道からの入口は荏柄天神社参道入口より東側がスタート地点になり、現在と同様に二階堂川に沿って屈曲していたらしい。防衛計画上の配慮があったのだろうか(拡大地図を参照されたし)。
.
従って叡福寺の惣門を拡大地図の位置と仮定すれば、勝長寿院の橋(大御堂橋)との位置関係が許容範囲になりそうだ。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月27日
.
吾妻鏡
.
.
晴。相模守北條時房と武蔵守北條泰時が評定所に入り、摂津守中原師員・駿河前司三浦義村・隠岐入道行西(二階堂行村)・出羽前司中条家長・民部大夫入道行然(二階堂行盛)・加賀守町野康俊・玄蕃允太田康連が評議に加わった。 式部大夫入道光西(伊賀光宗)・相模大掾北條業時が(25日の)法華堂と本尊の焼失を報告し、それぞれが「避けられない火災ではあるが、関東では最も回避したい災厄である」との意見を述べた。
.
再建についての評議があり、師員・行西・康連らは「焼失した墳墓堂(法華堂)が再建された例はない。」と述べ、管理する寺に助成金を支給する決裁があった。また将軍(藤原頼経)が(甘縄に)計画した祈願寺の建立は今回の火災に伴って延期となり、これは徳政として世間の噂となった。
.

.
   ※北條業時: 極楽寺流北條重時の四男(異母弟義政の格下とされ扱いは五男)で普恩寺流北條氏の祖。
八代執権時宗の時代に連署となり、極楽寺流での家格は塩田流を抜き嫡流赤橋家の次となった。孫の基時が代13代執権になっている。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
10月28日
.
吾妻鏡
.
.
晴。去る12日に土御門院が阿波国で崩御(37歳)した旨の報告が京都から届いた。
.

.
   ※土御門陵: 火葬塚は鳴門市大麻町池谷(地図・四国八十八ヶ所の一番、霊山寺の近く)の円墳、埋葬御陵は
長岡京市金ヶ原金原寺地図)にある。承久の乱を主導した後鳥羽上皇は延応元年(1239)、順徳上皇は建長元年(1249)に崩御、関与しなかった土御門が最初に崩御した事になる。
.
   ※百錬抄の記事: 今上(後堀河)天皇の第一親王が皇太子(秀仁)となった。
.
   ※秀仁親王: 母は九条(藤原)道家九条(藤原)道家の娘。わずか2歳の寛喜四年(1232)に父の後堀河から
譲位を受け、九条道家や西園寺公経が補佐したが仁治三年(1242)に12歳で死没、直接の死因は転倒事故とされる。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月6日
.
吾妻鏡
.
.
辰刻(朝8時前後)に大きな流星が東の山から西に流れ、人々を不安に陥れた。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月9日
.
吾妻鏡
.
.
晴。御台所(竹御所)の御祈祷として御所に於いて千度御祓い(神前で大祓の詞を千度唱える)を行なった。泰貞・晴賢・長重・晴幸・重宗・宣賢・廣資・経昌・晴秀・文親(いずれも陰陽師の安倍氏)がこれを務めた。陪膳(接待役)は伊賀助仲能・民部少輔親實(狩衣)。手長(配膳の補助役)は六位(狩衣)の10人、奉行は周防前司中原親實である。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月10日
.
吾妻鏡
.
.
晴。将軍家藤原頼経の御祈祷として御所に於いて千度御祓い(神前で大祓の詞を千度唱える)を行なった。
人数は昨日に同じだが、文親と晴秀は席順について口論したため退席させた。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月17日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
今暁の寅刻(4時前後)に海辺が鳴動、その響音は雷鳴のようだった。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月18日
.
吾妻鏡
.
.
将軍家(藤原頼経)宿願の五大(明王)尊像の制作が始まり、中原師員・光西(伊賀光宗)・玄蕃允太田康連らが奉行を務めた。今日右大将家(頼朝)の法華堂の上棟式、この差配は寺に委任してある。
.

.
   ※五大尊像: 10月16日に予定していた堂の建立場所は19日になって甘縄に変更となり、更に25日になって
延期となった。本尊の造像は先行してスタートした。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月24日
.
吾妻鏡
.
.
辰刻(朝8時前後)に鶴岡八幡宮の三嶋社(境内に勧請した末社)が鳴動したため占いあり。穢・不浄に注意すれば病の気が鎮まるとの託宣である。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月25日
.
吾妻鏡
.
.
最近の天変や三嶋社の鳴動についての御沙汰があり、祈祷が開始された。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
11月27日
.
吾妻鏡
.
.
安倍泰貞朝臣による属星祭を行なった。
.

.
   ※属星祭: 陰陽道の祭祀。生年の十二支で決まる北斗七星の一つを属星とし長寿招福を祈る。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
12月5日
.
吾妻鏡
.
.
卿法印と信濃法印が御所に参上して盃酒を献じた。相模守北條時房と武蔵守北條泰時も参席し、稚児らによる延年(歌舞・俗謡)を楽しんだ。
.

.
   ※卿法印: 吾妻鏡の嘉禄元年(1225)5月1日、同年7月11日に「大蔵卿法印良信」の記載あり、詳細不明。
信濃法印は寛喜元年(1229)5月15日に 「一字金輪は信濃法印」、寛元二年(1244)6月3日にも同じ記載があり、同じく詳細不明(名は道禅)。個人的には、信濃の坊主が酒を持って来たんだから諏訪の「真澄」か木曽の「七笑」だと良いな、なんて史実から離れた想像を巡らしたいが。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
12月10日
.
吾妻鏡
.
.
明春の二所詣でについての沙汰があった。
.

.
   ※二所詣で: 何の沙汰だか判らないが、翌年も翌々年も二所詣が行われた記録は載っていない。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
12月26日
.
吾妻鏡
.
.
   吾妻鏡 この日の写本画像を別窓で表示 → 前後に移動して目的のページへ
.
晴。信濃法印道禅を導師として、五大尊(五大明王)像を彫る木材の清めを行なった。また来年は太一定分(将軍頼経の数え15歳の厄年)の祈祷として終日の勤行が始まった。更に造立した御本尊などの像(薬師如来・観音菩薩・不動明王)を道禅が開眼供養を行なった。玄蕃允太田康連・隠岐左衛門尉二階堂行義行村の子で評定衆)がこれを差配した。
.

.
   ※五大尊像: 10月16日と19日に記載のある、二階堂から甘縄に変更した五大尊堂の像だと思う。
肝心の建物の方は計画が遅れているらしいが。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
12月28日
.
吾妻鏡
.
.
今夜、安倍廣資による三万六千神祭を行なった。代厄は安倍親貞である。
.

.
   ※三万六千神祭: 陰陽道の祭祀で、天変地異を除き天下泰平を願う。初めて使われた「代厄」は意味不明。
単なる代参なら従来通り「使者」の表現で済む筈、と思う。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
12月30日
.
吾妻鏡
.
.
今夜、戌刻(20時前後)と亥刻(22時前後)の二度に亘り豪雨と雷鳴があり、雨は深夜になって降り止んだ。大晦日夜の雷鳴は大きな変事が重なる予兆とされる。
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.
   ※:
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.
   ※:
.
西暦1231年
.
86代 後堀河
.
寛喜三年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.
   ※:
.


前年・寛喜二年(1230)の吾妻鏡への吾妻鏡へ       翌年・寛喜四年(1232)の吾妻鏡へ