当サイトは、9月から http://kamakura-history.holy.jp/index-aisatsu.html に一本化します。
.
8月末までは 従来のTOK2 サーバー も並行して使えますが、9月からは上記のみになります。ブックマーク変更を、お早めに!




建長七年(1255年)

.
前・建長六年(1254)の吾妻鏡へ       翌・建長八年(1256)の吾妻鏡へ

左フレームに目次を表示するには 吾妻鏡を読む のトップ頁 で。    勝手ですが、WINマシン+I E.8以降 での閲覧を希望します。
.
指定なしの青文字 はサイト内の移動、下線付き青文字 はサイト内の別窓表示、wiki・公式サイト・地図 などの表示は外部へのリンクです。

天皇
月日
記事
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
この年 吾妻鏡の記載なし、散逸と推定される。年間の主な事件のみを列挙する。
.

.
   ※年令: 五代執権北條時頼は27歳・ 連署の北條重時は57歳・ 六代執権になる北條長時は25歳・
七代執権になる北條政村は51歳・ 八代執権になる北條時宗は3歳7ヶ月、 兄の時輔は6歳6ヶ月・
.
安達泰盛は24歳・ 足利氏四代当主足利泰氏は39歳・ 宇都宮氏六代当主宇都宮泰綱は53歳・
古参の評定衆二階堂行義は52歳・ 後に権力を握る御内人平頼綱は14歳・
.
六代将軍の宗尊親王は12歳・第89代後深草天皇は11歳・先帝の後嵯峨上皇は33歳
                       (表示は全て満年齢)
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
2月12日
.
吾妻鏡
.
.
興福寺の衆徒が東大寺東大寺(共に公式サイト)を襲って房舎を破壊した。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
2月21日
.
百錬抄
.
.
大宮院が去年の閏五月に御産した際の祈祷の礼として院の御随身(近衛府の官人)らによる石清水八幡宮上賀茂神社下鴨神社北野天満宮に五番の競馬を奉納する立願をした。これに伴って今日賀茂上下社で競馬が奉納された。    (石清水のみ公式facebook(なんでウェブサイトを開かないのかね)、他は全て公式サイト)
.

.
   ※大宮院: 88代後嵯峨天皇の中宮で後深草・亀山両天皇の生母、西園寺姞子(wiki)。
去年産まれた雅尊親王は2年後に死没。  百錬抄の詳細はwikiで。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
2月24日
.
百錬抄
.
.
北野天満宮に於いて、院の御随身による五番の競馬が奉納された。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
3月8日
.
百錬抄
.
.
後嵯峨上皇と大宮院が熊野参詣の途に就いた。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
3月21日
.
吾妻鏡
.
.
相模守北條時頼が1000人に勧進を求め、建長寺の梵鐘を鋳造した。
.

.
   ※建長寺の梵鐘: 創建当時の鐘が現存する。高さは209cm・開口部の直径は
118cm、建長寺の開山蘭渓道隆が銘文を著し、関東の鋳物師として著名な物部重光が鋳造している。
.
建長寺は鎌倉の代表的な禅宗寺院だが、鎌倉最初の臨済宗は大船の粟船山常楽寺(サイト内リンク・別窓)、5年も早い建長二年(1250)に退耕行勇が密教から臨済宗に改めた。
.
訪問した際には山門の扁額で「建長素堂」を確認しよう。
.
右画像は国宝の建長寺梵鐘(画像をクリック→拡大表示)。
山門を入ってすぐ右側の鐘楼、数少ない創建以来の遺物である。 建長寺は余りに騒々しくて、個人的には好きではない。
そもそも数多く並んだ観光バスで山門も見えないなんて禅寺にあるまじき姿で...
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
3月29日
.
鎌倉幕府法

.
.
遠国での訴訟に関し、問注所から召喚状を送付したにも拘らず、理由なしに五ヶ月(150日)が過ぎても出頭しない場合は、原告の訴状の通りに裁決する。近国での訴訟は、召喚状の日付に依拠する。対決した後に両者が判決を避けて二ヶ月(60日)が過ぎた場合も裁決を下す事と定め、その趣旨を通達する。
.
                    建長七年 3月29日  相模守北條時頼  陸奥守北條重時
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
4月1日
.
百錬抄
.
.
後嵯峨上皇が熊野から還御。御軽服(去る二月の六條宮の死去)のため稲荷は参詣は中止となった。
.

.
   ※六條宮: 後鳥羽上皇の皇子で84代順徳天皇の同母弟雅成親王(wiki)。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
6月15日
.
皇年代略記
.
.
大流星があった。    (皇年代略記の詳細はwikiで)
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
8月9日
.
鎌倉幕府法
.
.
人身売買により没収した銭は全て大仏に寄進とする。諸国からの徴収が煩わしいとの意見もあり、地頭を経由しての送付と定める。   建長七年八月九日   實綱 判 勘甚 判 寂阿 判   民部大夫(三善(太田)康連)殿
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
8月28日
.
皇年代略記
.
.
法勝寺の塔に落雷があった。
.

.
   ※法勝寺: 京都左京区に建てた、勝の字を含む六山の祈願寺六勝寺(wiki)の一つ。
吾妻鏡の文治二年(1186)6月29日に旧跡の地図などを記載してある。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
10月17日
.
百錬抄
.
.
春日大社(公式サイト)への行幸に備えた巡検あり。担当は左中弁宗雅朝臣以下、春日大社の神宝を視察した。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
11月12日
.
皇年代略記
.
.
地震あり。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
12月14日
.
百錬抄
.
.
月蝕があり、全て確認できた。
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.

   ※:
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.

   ※:
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.

   ※:
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.

   ※:
.
西暦‬1255年
.
89代後深草天皇
.
建長七年
.
 月 日
.
吾妻鏡
.
.
記事
.

.

   ※:
.


前年・建長六年(1254)の吾妻鏡へ       翌年・建長八年(1256)の吾妻鏡へ