松田郷から足柄峠を越えて黄瀬川へ 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 弐」 の記載ヶ所へ       「索引」 へ   当サイト 「旅と犬と史跡巡りと」 トップへ 

 
足柄路は駿河国と相模国を結ぶ最も古い官道で、峠に至る道を足柄坂と呼んでいた。ここから東を「坂東」称する、その語源になったルートである。
.
治承四年(1180)には既に箱根を越える新しい官道が整備されていたが、頼朝 の率いる鎌倉軍は先鋒の下川辺行平 を派遣して、挙兵への参加を拒んだ波多野(松田)義常 を追討、さらに義常の叔父に当る波多野一族の河村秀高が守る山北の河村城を制圧して足柄路を進軍した。
.
箱根路に比べるとやや遠回りになる足柄路を選んだのは、このエリアの制圧が主な理由だったと考えられるが、偉大な祖先の残した事跡に拘泥する頼朝が例によって 八幡太郎義家 の弟 新羅三郎義光 と足柄路の故事(後述)に倣った可能性もまた、考えられる。
.
日本紀略(平安時代編纂の歴史書)には、「延暦十九〜二十一年(800〜802)に富士山の大噴火によって降灰が足柄路を塞いだため新たに箱根路を拓き、翌年には(旧ルートが)復旧したため箱根路を廃して足柄の旧路に復した」と書かれている。ただし、近年の研究では足柄峠の周辺には同時代の大規模な降灰や熔岩流の痕跡が見られず、西側の御殿場周辺で河川が被害を受け往来に支障が起きたのが原因と考える説も発表されている。日本紀略の原文は下に記載した。
.
          富士山嶺自焼 晝則煙気暗冥 夜則火光照天 其聲如雷 灰下如雨 山下川水皆紅色也
          廃相模国足柄路 開筥荷途 以富士焼碎石塞路也 廃相模国筥荷路 復足柄舊路


昌泰二年(899)前後には足柄の峠道で強盗事件が頻発し、朝廷への荷駄強奪事件も起きたため足柄の関が設けられたが鎮圧後には廃止され、1500年代初頭には小田原北条氏が駿河の今川氏を牽制するため足柄城を築いた。足柄路の利用頻度はこの頃がピークで、江戸時代に入って箱根道の整備が進むに従って通行量も減り、間道として利用される程度になったらしい。メジャーな観光地・箱根周辺に比べると辺鄙で見所も少ないが、ルート上の古道も復旧・保存され特に秋の行楽シーズンには紅葉狩りの観光客も多い。
.
峠の最高地点は759mで箱根峠の846mに比べるとやや低く道路の巾は全般に狭い(特に静岡県側)が、箱根に比べると交通量が極端に少ないためドライブは快適だ。峠の周辺には無料駐車場やトイレ・茶屋などが整備されており「足柄山の金太郎伝説」に関わる観光スポットを辿るのも面白い。ルート上の花形スポットは足柄城址から見る富士山の絶景と、奥州に向う新羅三郎義光が笙の秘曲を吹いた伝説の場所が残っていること。義光が笙の名手だったのは事実らしいが、それ以外の物語は捏造の色彩が濃い。
.
今回訪問したのは猛暑の7月だったため歩き回るのが苦痛で...取りあえずの撮影を済ませるだけの手抜き行脚だった。義光が笙を演奏した夜は仲秋の名月だった伝承にちなんで、峠では毎年9月の第2日曜日に静岡県小山市と神奈川県南足柄市が共催して「足柄峠笛まつり」が催される。雅楽を始め様々な伝統芸能が演じられるから、スケジュールを調整して訪問するのも面白い。紅葉には早過ぎるのが少し残念だけれども。


     

        左: 波多野義常の居城付近と推定される丘から酒匂川河口方向(南々東)を。直下を東名高速、右上に足柄峠に向う県道78号の橋が見える。
        中: 南西側の正面右側は金時山(1213)に続く明神ヶ岳(1169)。山並みの手前が足柄路、向う側が箱根路(旧東海道ルート)となる。
        右: まっすぐ西には頂上を雲に遮られた富士山が見える。足柄路は中央の矢倉岳(870)の左を迂回して御殿場方向へ下る。


     

        左: 平安時代の足柄路(矢倉沢往還)は峠〜関本(大雄山駅近く)〜松田〜秦野に続いていた。松田から東は概ね国道246号と重複するが、17日に
宿営した大磯の六所神社からのルートが判らない。挙兵当初から臣従していた中村党の所領である二宮〜中村を経て松田で矢倉沢往還に合流
したと考えるのが自然か。17日朝に大磯を発ち18日夕刻に黄瀬河、大軍が一泊二日で約71kmだから相当の強行軍だったと思う。
.
        中: 足柄峠へ緩やかに登る県道78号(矢倉沢往還)。左奥に見える金時山(1213m)の背後が乙女峠、尾根を越えた左側が箱根仙石原。
.
        右: 峠の頂上まで200mの茶屋やトイレ棟の近くにある足柄関所址。黒澤明監督が映画「乱」で使ったセットの門が移築してあるが、関所の詳細は
全く不明である。傍らに建つ室町時代の宝篋印塔は峠で盗賊に殺された旅人を弔う供養塔と伝わっている。


     

        左: 峠の頂上右手の石段を登ると富士山を臨む定番ポイントの足柄城址、左側に数台分の駐車場、笙の秘曲を披露した義光吹笙之石がある。
義光は後三年の役で苦戦する兄の義家を助けるため官職を辞して陸奥国を目指した。一方で笙の名門に生まれた 豊原時秋(wiki)が足柄峠まで
同道し、義光と陸奥まで行くと申し出る。義光は時秋の父・時元に笙を学んで秘伝の名曲「大食調入詞」を会得していたが、幼い頃に父と死別した
時秋はその曲を知らない。討ち死にして名曲が失われるのを恐れた義光は足柄峠でこの曲を演奏し時秋に伝授して帰洛させた、と伝わる。
.
しかしこの物語は古今著聞集に載っている話で、実際に義光が師事したのは時元の父・時光。義光と同道したのが時元であり、別れた場所も
足柄峠ではなく逢坂の関だったらしい。逢坂の関は山城国(京都)と近江国(滋賀県)の国境で、現在の大津市にあった古跡。
その他、伝えたのは笙の名器・交丸だったとか、この石の上で秘曲を伝授したとか...伝説は尾鰭に次ぐ尾鰭を生んでいる。
.
※古今著聞集: 建長六年(1254)前後に成立した説話集。編者は 九条道家の近習として多彩な才能を発揮した 橘成季(wiki)。
.
        右: 足柄城址からの展望は冠雪のシーズンならベスト。築城は天文年間(1532〜1555年)、小田原の 北条氏綱(wiki)が今川を攻撃した頃か。

この頁は2019年 7月23日に更新しました。