伊東松川の上流 稚児ヶ淵周辺 

.
左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 壱」 の記載ヶ所へ      「索引」 へ   当サイト 「旅と犬と史跡巡りと」 トップへ 

.
鎌田神社から南伊東の市街地を背にして500mほど進むと八代田トンネル(昭和60年(1985)開通)に至る。旧道は松川に沿って右に迂回し、300m先の橋でトンネルを抜けてきた新道に合流する。この先の旧道は橋の手前を右へ登り、稚児ヶ渕を経て松川ダム近くで再び新道に合流する旧・修禅寺街道、約2kmは松川中流域で最も高低差の大きい急流となり、城山の山裾が落ち込む谷もかなり深い。稚児ヶ渕は舗装道路から荒れた細道を20mほど下る。
.
稚児ヶ渕を過ぎた修善寺街道は中伊豆バイパス(2008年から無料開放)となって奥野の山並みを越え、中伊豆の大見に下る。850年の昔に関東と伊豆と駿河の武者を集めて巻き狩りが行われた一帯であり、頼朝が伊東と北條を往来した旧道(奥野道)のルートにも近い。


     

        左: 鎌田から「八代田の岐れ道」へ。橋を渡ると荻・十足を経て大室山、右へ進むと稚児ヶ淵を経て奥野〜大見へ続く旧・修禅寺街道となる。
.
        中: トンネル開通前の旧道は松川の左岸に沿って山を迂回し、八代田橋で分岐していた。昭和初期の写真には現在も営業中の 奥の坊(紹介サイト)・
史跡 角力場跡3.5kmなどの表示が見える。現在のトンネルは勿論まだ開通していない。
.
        右: 松川に沿って右へ、「万葉の小径」と呼ぶ鄙びた散歩道が伸びる。平安時代の古道(奥野道・修禅寺街道)が通っていたルートだ。


     

        左: 八代田の岐れ道から上流方向を。湖底に沈んだ昔日の「相撲場跡」から八代田橋までの約3kmを高低差110mで下ってきた松川はこの辺から
平地に近付いてやや緩やかな流れに変わる。
.
        中: 稚児ヶ渕に下る細道の前から八代田の岐れ道方向を。このルートは平安時代の奥野道(修禅寺道)と殆ど変わっていないらしい。
.
        右: 奥野ダム近くまで迂回して、中伊豆バイパスから稚児ヶ渕方向を。ゴミ埋立地の横に少しだけ松川の流れが見える。かつての奥野道は左手に茂る
樹木の間を抜けてバイパスに合流し、やがてダム湖の底に消えて行く。


     

        左: 伝・稚児ヶ淵(くもが淵)。奥野ダムの2km下流なので水量は多くないが100mの間に高さ3mの堰堤が二ヶ所あり、流れは激しい。
.
        中&右: 個人的には伊東館から4kmも離れた場所で殺さなくても...と思うが、この曖昧さが後に千鶴丸生存伝説を生んだのかも知れない。
曽我物語は「激怒した祐親は郎党を呼び、千鶴丸を誘い出し松川の奥の「とどろきの渕」で柴づけにして殺せと命じた。」と伝えている。

この頁は2019年 6月27日に更新しました。