清衡が建立した平泉最初の堂塔群、中尊寺 
.
金色堂は方形3間(約5.5m)、内陣には三つの壇があり、各壇が本尊の阿弥陀如来を中心にして
左右に観音菩薩と勢至菩薩、前面に持国天と増長天、側面に地蔵菩薩三体づつを配している。

.
画像をクリック→次の画像  「奥州平泉 中尊寺」へ     「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップ頁へ