中尊寺の経蔵。元は二階建て、建武四年(1337)に焼け落ちた際に廃材で平屋に作り直している。