曽我五郎時致を捕らえた御所五郎丸の墓 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 壱」 の記載ヶ所へ       「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップページへ

.
【 吾妻鏡 建久四年(1193) 5月28日 】
.
子の刻(深夜12時頃)に、故 伊東次郎祐親法師の孫である 曽我十郎祐成五郎時致が富士の狩宿で工藤祐経を殺害した。備前国の住人吉備津宮神官の王籐内も討ち取られた。王籐内は平家の家臣である瀬尾兼保に与した疑いで留置されていた者である。去る20日に祐経の証言で本領を安堵され帰国の途に着いたが、祐経の気持ちに謝するため途中で引き返し、酒を呑み歓談して同宿していたため殺害された。
.
同宿した遊女の手越少将と黄瀬河の鶴亀らが泣き叫び、兄弟が仇討ちの名乗りを挙げたため大騒ぎになった。兄弟により平子平右馬允・愛甲三郎・吉香小次郎・加藤太・海野小太郎・岡部彌三郎・原三郎・堀籐太・臼杵八郎が負傷し、宇田五郎らが殺され、十郎祐成は新田忠常が討ち取った。五郎時致は頼朝の狩宿目指して走り、頼朝は剣を取って立ち向かおうとしたが左近将監能直が押し止め、その間に小舎人童 五郎丸が五郎時致を取り押さえた。捕縛された五郎時致は大見小平次が預って騒ぎは鎮まり、和田義盛と梶原景時が命令を受け祐経の死骸を検分、彼は工藤瀧口祐継の子である。
.
最も古い曽我物語の真名本(まなぼん)や吾妻鏡に書かれた五郎丸に関する記述はこれだけだが、異本の殆どは「女の着物を羽織り油断させた五郎丸が後から組み付いて」と書いている。更には「女装した事は武士にあるまじき卑劣な行為とされ甲斐に流された」、と。これは明らかに後世軍記物語の脚色だが...南アルプス市の野牛島(やごしま)には「鎌倉御所五郎丸の墓」と彼の護持仏・観音菩薩像(実際には地蔵菩薩らしい)を祀った観音堂が建っている。
.
江戸期の書物「扁額規範」には「五郎丸は京都比叡山の稚児だった、師匠の仇を殺して都を離れ一條忠頼を頼って甘利荘(現在の韮崎)に住んだが、忠頼が頼朝に殺されたためその後は頼朝に仕えた。75人力の猛者」、としている。
.
という経緯で、流された場所が昔の主人一条忠頼の本領だった南アルプス市の野牛島。歌舞伎や浮世絵の「曽我もの」には欠かせない脇役・五郎丸はここに土着して一生を送ったと伝わっている。面白いことには横浜市西区の御所山町にも五郎丸の供養墓とされる五輪塔があり、伝承では「曽我兄弟に祐経の館を教えて仇討ちに協力したのが御所五郎丸だ」、としている。話が酷く支離滅裂でダイナミックになってるなぁ...。


     

        左: 野牛島(やごしま)の観音堂のビャクシンが目印で、墓はその裏手。地図はこちら、道が狭いので諏訪神社から徒歩の方が間違いない。
ちなみにビャクシンは五郎丸が挿した杖が成長したもの。樹齢400年だから計算は合わないけど(笑)。樹高10m、目の高さの周囲3.3m。
.
        中: 観音堂に地蔵菩薩が祀られているのも変だが..毎年7月23日には五郎丸を供養する野牛島地区の祭りが開かれているらしい。
        右: 長さ80cmの横石と、同じサイズの墓石がセットになっている。刻まれた文字の詳細を確認しなかったのが少し心残りだ。

この頁は2019年 6月25日に更新しました。