宇治平等院を模し、規模は更に大きかったと伝わる無量光院跡 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 弐」 の記載ヶ所へ       「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップページへ

.
建築様式は浄土信仰に基づいて宇治平等院(公式サイト)を模しているが左右に広がる両翼規模はひと回り大きく、平等院鳳凰堂の約67mに比べると2間ほど大きい約70m、敷地の規模は南北270m×東西240mだったと確認された。秀衡の私邸である伽羅御所の北に隣接し、原型は秀衡の持仏堂だったらしい。平泉にあった堂塔としては、清衡 が建てた中尊寺、基衡が建てた毛越寺と共に 秀衡 が建てた無量光院が奥州藤原氏の栄華を代表していたが、藤原氏の滅亡後は数度の火災によって失われた。現在は礎石と池跡と中の島の痕跡だけが残され、綿密な発掘調査によって全体の姿が確認されている。秀衡は意図して平等院を超えようと考えていた、と思われる。
.
【吾妻鏡 文治五年(1189) 9月17日】   無量光院(新御堂と号す)に関する報告
.
秀衡の建立である。堂内四面の扉には観無量寿経の大意を絵に描き、更に秀衡自らが狩猟を楽しんでいる様子を壁画に描いている。本尊は丈六の阿弥陀仏で、三重の宝塔と内部の荘厳な装飾は全て宇治平等院を模している。
.
  ※観無量寿経:悪人でも南無阿弥陀仏を称えれば極楽往生できる、概略そんな教え。
.
  ※新御堂:(にいみどう)は毛越寺の新院を意味する。毛越寺+観自在王院+無量光院は一体、という意味か。
.
春秋の彼岸に東門に立つと、中の島を経て正面の本堂(阿弥陀堂)を結ぶ延長線背後の金鶏山頂上に夕陽が沈み、金色に輝く阿弥陀如来の姿が浮かび上がる荘厳なレイアウトになっていたらしい。まさに、秀衡が想い描いた仮想の極楽浄土である。


 

        左: 北上川付近から平泉中枢部を鳥瞰。秀衡は政庁の柳之御所からは金鶏山に沈む夕陽を光背にした無量光院を眺めていたのだろう。
秀衡の時代には平泉の政治・宗教施設はほぼ完成し、私邸の伽羅御所からは関山中尊寺を借景にした無量光院が遠望できる。
.
        右: 金鶏山から柳之御所までの地図。無量光院は南北270mの敷地に約70mの建物が少し東寄りに振られている(表示はやや大きめ)。
金鶏山には宗教的な意味合いがあり、経筒なども出土している。
.
享保四年(1719)成立の仙台藩の地誌・奥州(奥羽とも)観蹟聞老志に拠れば、
   「中尊寺東南には秀衡が駿河の富士山に擬した山があり頂上に金の鶏を埋めて金鶏山と名づけた」 と。
また芭蕉は奥の細道で、
   三代の栄耀一睡のうちにして大門の跡は一里こなたに有り。秀衡が跡は田野に成りて金鶏山のみ形を残す。 と書いている。
金の鶏を埋めたのが先か無量光院を建てたのが先か判らないけれど、密接な関係だったのは間違いない。


   

        左: CGによる復元想像図。清衡の本拠だった豊田館(水沢市)の近くにある えさし藤原の郷(公式サイト)には1/4サイズの無量光院が建っている。
。復元想像図と同じく、天喜元年(1053)建立の 平等院鳳凰堂(別窓画像・外部サイト)の構造をベースにしている。
.
        中: 無量光院と鳳凰堂の比較図。背後の回廊(尾廊)の有無と、両翼が一間(サイズではなく1スパン・約3m強)広いのが主な差異となる。
鳳凰堂中堂正面には丸窓があり、対岸から阿弥陀如来の尊顔を拝する構造になっているが、これは無量光院も多分同じだったと思う。
.
        右: 金鶏山に沈む夕陽を背にした無量光院のコンピュータ・グラフィック。春秋の彼岸には橋と堂を結ぶ延長線に陽が没したと伝わる。


     

        上: 本格的な発掘調査が始まった2006年のスナップ。現在では様相が変っているだろうし、世界遺産登録を契機にして将来的には建物や苑池も
復元する予定らしい。平泉史跡群の静かな佇まいなど、夢物語に変わっていくのだろうな。

この頁は2019年 9月 6日に更新しました。