音止めの滝から狩宿へ続く曽我兄弟の足跡 

.
社伝に拠れば頼朝の命を受けた畠山重忠が建立し、丹波法眼に兄弟の像を彫らせた、と。

画像をクリック→次の画像  「曽我の仇討ち現場」へ     「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」 のトップ頁へ