景時一族発祥の地 梶原の御霊神社 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 参」 の記載ヶ所へ        「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップページへ

.
御霊神社の鳥瞰 右:鎌倉梶原地区 御霊神社周辺の鳥瞰   画像をクリック→拡大表示
.
第50代 桓武天皇 の皇子 葛原親王 が臣籍に下って平姓を名乗り、六代後の章名が(推定1040年前後に)相模国に土着し、相模国郡司の丸子氏の婿となって鎌倉を領有した。
.
章名の四男景成の子が後三年戦役で有名を馳せた 権五郎景政、凱戦後は相模国中部の荒地を開拓し伊勢神宮に寄進して大庭御厨を立荘した。これが鎌倉党の始まりで、梶原郷は章名の二男景通の曾孫 景時 が継承して梶原氏を名乗った。従って景時から見ると権五郎景政は大叔父に当る(坂東平氏の系図を参照)。
.
頼朝 が鎌倉入りして東国の覇権を握るまでの梶原郷は 景時 の本拠だったと思うが、その後の経過が良く判らない。相模国一ノ宮の館(別窓)に本拠を移したのが頼朝の東国支配権確立直後だったのか、建久三年(1192)に侍所別当に就任した前後だったのかは調べる必要がありそうだ。景時が一ノ宮に移った後の梶原郷も同様で、引き続いて景時が所有したのか否かも確認しなければならない。神社の由来書きには「梶原景時が1190年に創建」とあったけれど、それを鵜呑みにして良いのかどうか。
.
鎌倉時代の梶原郷には、八幡宮〜窟小路〜化粧坂を越えて源氏山公園の南を抜け、相模国府のあった現在の大磯に向う鎌倉街道(後世の呼称)が通っていた。当時の主要道であり、元弘三年(1333)の鎌倉陥落の際には 新田義貞 率いる倒幕軍が金沢時盛の防衛軍と化粧坂周辺で死闘を繰り広げている。
.
  ※六代: 一般的な梶原氏系図は 葛原親王−平高望−良文−忠光−忠通−鎌倉章名(景名)−景通−梶原景久−景清−景時 と続いているが、
ただし 平高望 の存在を否定して鎌倉章名を五代目と考える説も多い。
.
良文 の長兄 国香 の子孫に 清盛 や北條氏(系図は不明確)、次兄 良兼 の子孫に越後の 城資永 一族、次々兄 良将 の子に 将門 がいる(「平氏の系図」を参照)。章名は(1040年頃に)相模に定住し郡司の丸子氏の婿となって鎌倉を領有、梶原郷は章名の二男景通の曾孫景時が継承した。四男景成の子が 義家に従って後三年の役で活躍し、後に相模の荒地を開拓して大庭御厨(伊勢神宮領)を立荘した権五郎景政である。
.
新編相模国風土記 には以下の記載がある。
「坂ノ下の御霊神社は鎌倉景政を祀った祠で、元々は梶原村にあった霊社をここに勧請した。祭礼には梶原村の神主が来て勤める」
.
また鎌倉攬勝考 は次のように記載している。
「坂ノ下の御霊神社は葛原親王を主祭神とし権五郎景政を合祀した。最初は鎌倉権守忠通が葛原ヶ丘(源氏山)に先祖の葛原親王を祀り、後に梶原村に遷して御霊社と称した。景経(景政の嫡子)の代になって坂ノ下に勧請し景政を合祀した。」
.
  ※新編相模国風土記: 江戸幕府の学問所昌平坂学問所の編纂し天保十二年(1841)に完成・提出した地誌。全126巻。
  ※鎌倉攬勝考: 文政十二年(1829)に八王子千人同心の家筋に生まれた郷士・原胤縉が同心組頭植田孟縉の指示を受けて編纂した地誌。


     

        左: 深沢小学校のフェンスに沿って御霊神社の参道が伸びる。ここまでの道は小学校通用門で行き止まりなので短時間の駐車は可能だが、ゆっくり
散策するなら表通りの そうてつローゼン から400mほど歩く方が間違いない。時間があれば御霊神社背後の山を囲むように点在している
東光寺等覚寺大慶寺 を回遊するのも面白い。(大慶寺のみ紹介サイト、他は公式サイト)
.
        中: 山裾に拝殿(舞殿か?)、背後の高みに本殿が鎮座する。御霊神社の別当寺は等覚寺で、江戸時代末期までは御神体として 権五郎景政 夫妻や
景時 の木像を祀っていたと伝わるが、既に消息不明。境内の左側(小学校の敷地)には梶原一族の五輪塔四基を納めた「やぐら」がある。
ただしフェンスの隙間から入ると問題が起きる可能性があるから、必ず上記した通用門のインターフォンで許可を得ること。
.
        右: 今回は女子中学生(近くの深沢中か)が何人も屯していたので本殿と右の石造物(権五郎景政の供養塔など)は改めて撮影した(下段)。
おじさんは中学〜高校の女の子は五月蝿いから好きじゃないなのだ。女性が最も美しいのは40代で最も煩わしいのは10代、むろん完全に
個人的な趣好だけど。 「趣好」って表現は品格に欠けるかな。でも「憧憬」って書くほどの品性高潔でもないし。


     

        左: 本殿は背後の石段を登った高みにある。岩を切削したらしい平場の神域はかなり狭く、左側と背後は藪に覆われている。
        中&右: 舞殿右手には「やぐら」数ヶ所と権五郎景政の供養塔、素性の判らない五輪塔などが残っている。この3枚が改めて撮影した画像。


     

        左: 舞殿右手には「やぐら」数ヶ所と権五郎景政の供養塔(伝承のみ、信憑性は乏しい)、鎌倉合戦戦死者の五輪塔(伝承)などが残っている。
.
        中: 深沢小学校裏庭のやぐら。御霊神社左手の高台裏手、直線で20mほどの距離である。四基の五輪塔は景時一族の墓と伝わっているが、
詳細は確認できない。一之宮の舘を脱出して京を目指す途中の駿河国で討たれた梶原親子の亡骸は西奈の山に葬られ首だけが鎌倉に
運ばれた筈だが、埋葬したのは出自の地・梶原郷か、或いは本領の一ノ宮か。そして実際に景時親子の首なのだろうか。
.
        右: 吾妻鏡は「最初に三郎景茂(34歳)が、次に六郎景国・七郎景宗・八郎景宗・九郎景連の四兄弟が、最後に景時と嫡子景季(39歳)と
平次景高(36歳)が討死、景時・景季・景高の死骸は確認したが首は得られなかった」と書いている。合戦の顛末は稿を改めて。

この頁は2019年 9月19日に更新しました。