数ヶ所にある「金売り吉次の墓」の一つ 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 壱」 の記載ヶ所へ        「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップページへ

.
栃木県宇都宮市から10kmほど南、「おもちゃの町」として知られた壬生町に「金売吉次の墓」と伝わる石塔がある。教育委員会に拠れば、吉次は義経の供をして平泉に逃れる途中で病に倒れ、この地地図で生涯を終えた、と。村人は吉次を埋葬し、新たに堂(現存)を建てて吉次の守護仏・観音像を祀った。また同じく栃木県の東武線樅山駅近くにある2mほどの石塔(外部サイト)も伝・吉次の墓と伝わり、こちらは明治初期に廃寺となった浄慶寺の遺物と推定される。
.
金売り吉次の墓として広く知られているのは、白河市のJR白坂駅近くの旧奥羽街道(国道294号)沿いの墓地。伝承に拠れば、治承年間(1177〜1180)に吉次・吉内・吉六の金売り三兄弟が強盗の藤沢太郎に殺害された、彼らが金品を入れていた皮籠をここに捨てたため土地の名が皮籠村になったと伝わる。
とりあえずは白河市観光協会の現地紹介サイトで。白河の関近くは何度も通ったのにここは見逃していた、残念!
.
源平盛衰記や義経記は「奥州藤原氏の三代当主秀衡の意を受けた金売りの吉次が牛若丸を平泉へ導いた」と描いているが、この人物に関する史料は皆無。当時の奥州は金の産出地であり、その金を都に運んで売買する商人の一人あるいはグループが「吉次」という具体像として描かれたらしい。
.
陸奥国が初めて金を産出し宮廷に献上されたのは第45代聖武天皇の天平二十一年(749)。東大寺大仏の表面を鍍金(メッキ)するために必要な金が不足していたため天皇は大いに喜び、年号を天平感宝に改めたと伝わる。大仏の鍍金に使った金は150kg弱、陸奥国から献上された13kg以外は全て大陸から輸入された。産出地は石巻市と大崎市の中間に位置する当時の小田郡(現在の宮城県遠田郡湧谷町)で、ここには黄金山神社(公式サイト)も現存している。
.
※天平感宝: 天平二十一年(太陽暦の749年)5月から同年の8月(天平勝宝に改元)まで、天皇が金を得て喜んだ三ヶ月のみ使われた年号らしい。
.
平泉郊外の「吉次屋敷」と呼ばれる場所が彼の屋敷跡と長く信じられていたが、近年の発掘調査により 長者ヶ原廃寺 (別窓)の跡と判明。中尊寺から1kmほど北で衣川が大きく蛇行し「渡船場」の地名が残っているため、ここが衣川の船運を利用した東国との物流拠点だったと推定されている。


     

        左: 畑の中にポツンと伝・金売り吉次の墓。すぐ近くのコンビニに駐車できる。栃木県に吉次伝説が多いのは平泉と結ぶ奥州街道沿いのためだろう。
.
        中: かなり風化が進んだ2段積みの石塔。吉次との関係を裏付ける資料はないが、奥の細道を巡る芭蕉に随行した曽良がこの墓の存在について、
「壬生から楡木(7kmほど北の鹿沼市楡木町)に行く途中の街道から20間ほど離れた畑に吉次ヶ塚がある」と書き記している。
.
        右: 石塔の右手20mの道路沿いにある観音堂には吉次の守護仏を祀っている、らしい。廃屋同然の堂内に残る祠は果たして当時の遺物だろうか。

この頁は2019年 6月8日に更新しました。