鎌倉黎明期の雰囲気を残す寶船山高源寺 

右側の奪衣婆。六文銭のない死者の衣服の重さで生前の業を判断し、罪の重さを決める役目らしい。

画像をクリック→次の画像   「函南 高源寺」へ      「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」 のトップ頁へ