斎藤實盛が別当に任じた武蔵国長井荘と聖天山歓喜院 

仁王門の扁額と屋根内側の垂木部分。風雪に晒された質感があり、古い材を再用したのかも。

画像をクリック→次の画像   「斎藤實盛 と長井庄」へ      「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップページへ