斎藤實盛が別当に任じた武蔵国長井荘と聖天山歓喜院 

四脚門は歓喜院では最も古い室町時代中期の建造で妻沼大火災の際にも唯一焼け残った。

画像をクリック→次の画像   「斎藤實盛 と長井庄」へ      「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップページへ