斎藤實盛が別当に任じた武蔵国長井荘と聖天山歓喜院 

本殿(歓喜院聖天堂)は江戸時代初期に火災で焼失、宝暦十年(1760)に再建したもの。

画像をクリック→次の画像   「斎藤實盛 と長井庄」へ      「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップページへ