斎藤實盛が別当に任じた武蔵国長井荘と聖天山歓喜院 

境内横の鎌倉期の供養塔。阿弥陀如来・観音と勢至菩薩を浮き彫りにした善光寺式三尊像だ。

画像をクリック→最初の頁   「斎藤實盛 と長井庄」へ      「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップページへ