斎藤實盛が別当に任じた武蔵国長井荘と聖天山歓喜院 

歓喜院は實盛四男の實長(法名阿請坊良応)が建久八年に開いた、とも。本尊は十一面観音立像。

画像をクリック→次の画像   「斎藤實盛 と長井庄」へ      「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップページへ