最初の政庁 大倉幕府跡 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 弐」 の記載ヶ所へ       「索引」 へ   当サイト 「旅と犬と史跡巡りと」 トップへ 

 
一説には、大倉幕府の地には頼朝から五代前の 頼義 が東国の拠点として館を構えていた、とも。興味を惹かれるのは、大倉から東に向う六浦道(金沢街道)が西側の 義朝館跡(壽福寺)から八幡宮に向う窟小路の延長線上にある、という事。この道は扇ヶ谷から化粧坂を登って葛原(源氏山)を越え梶原を経て武蔵国府(府中)へ向かう当時の幹線道路である。大倉幕府の場所設定は卜占に従うと共に東西を結ぶ鎌倉の交易・軍用道路沿いの重要ポイントだった。



上: 更に蛇足を加えれば...
.
当初は窟小路を経て 壽福寺(別窓)六浦道は、八幡宮社頭の源平池を避けて南西に100m以上迂回している。 養和二年(1182)4月、源頼朝大庭景義 と専光坊に命じ源氏繁栄と平家滅亡を祈願して八幡宮前の神田「弦巻田」を池に造り替えた。
東の池には白い蓮を植え源氏池、西の池には赤い蓮を植え平家池としたため六浦道が筋違いになって筋替橋となった(西御門からの排水路を渡る橋が道から斜めに架っていたため筋替橋、の説もある)。現在の鎌倉小学校南側の信号地点で、当時の水路は既に暗渠に変わっている。
.
源平池の詳細は鶴岡八幡宮(別窓)の項を参照のこと。
.
   ※源平池について: 赤と白の蓮を植えた事、両方の池に島を四つ造った事、政子が源氏池の島を一つ減らして繁栄を意味する三(産)とし、平家池の島は
四つ(死)のまま残した事...これらの話は真偽不明で江戸時代に付け加えた可能性が高い。
.
吾妻鏡の記載は「鶴岡若宮前の弦巻田という水田三町余の耕作を止めて池に造り換えた。専光坊と景義がこれを奉行した。」のみ。
専光坊良暹は伊豆山権現(別窓)の住僧で頼朝仏典の師、暫定の鶴岡八幡宮別当に抜擢された人物。


     

        左: 大倉幕府跡の拡大図。発掘調査により東西260m×南北220mの敷地が確認された。創建当時の北側は山林で 白旗神社・法華堂・頼朝墓
(別窓)などはまだ存在していない。宝治元年(1247)に三浦一族が滅亡した時に寄せ手の安達景盛軍が宣戦布告の鳴り鏑を放ったのが
筋替橋の北側で、当主の三浦泰村 邸は西御門の八幡宮側、現在の鎌倉小学校北の校庭付近だった。
.
もうひとつ蛇足...建保七年(1219)に三代将軍 実朝 を暗殺した 公暁 が八幡宮の塀を乗り越えて向ったのが三浦邸だった。
当時の三浦当主は泰村の父 義村、公暁は義村が送った討手の 長尾定景 に斬り殺されている。
.
        中&右: 清泉小学校の北西角に建つ大蔵幕府旧蹟の碑は大正六年3月、鎌倉青年団の建立。この学校はキリスト教系で昭和22年(1949)の
創立だから、石碑は本来の場所から移設された可能性が高い。

この頁は2019年 7月23日に更新しました。