大山祇神社と収蔵の国宝群 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 壱」 の記載ヶ所へ       「索引」 へ   当サイト 「旅と犬と史跡巡りと」 トップへ 

 
収蔵する膨大な武具刀剣はもちろんだが、大山祇神社について個人的に最も記憶に残るのは河野通信の生涯である。
.
通信の一族は頼朝の韮山挙兵に呼応して伊予国(愛媛)で兵を挙げたが反撃を受け父の通清は戦死、嫡子の通信は逃げ延びて抵抗を続けた。勢力を回復した翌・文治元年(1185)初めには阿波(徳島)から伊予にかけての一帯を制圧、同年2月には一ノ谷で平家を撃破した後に四国へ渡った義経軍に合流して屋島の合戦に参加した。更に壇ノ浦合戦でも通信の率いる伊予水軍が中核となって勝利に貢献し、本領の地・伊予の実質的な支配権を認められている。この前後が通信が大山祇神社と深く関わり、加護を感謝して多くの武具を奉納した時期なのだろう。
.
そして36年後の承久三年(1221)に起きた承久の乱では嫡子の通政が西面の武士として後鳥羽上皇に仕えていた経緯で上皇側に味方し、鎌倉軍に敗れて通政は斬首された。通信は陸奥国江刺に流罪となって生涯を終えている。
.
通信の子・通広の二男が、時宗の開祖一遍上人(延応元年・1239〜正応二年・1289)である。江刺で没した河野通信の墓所は確定されていなかったが、上人に同行して布教する姿を描いた一遍上人絵巻(一遍聖絵 第五巻第三段)に祖父・通信の墓所に詣でる様子が描かれており(拡大画像)、その描写が墓所発見の決め手になった、という。現在は岩手県北上市の史蹟・聖塚として整備されている。奥州市にある胆沢城跡の8kmほど北、北上川沿いの台地である。地図は こちら、今度東北へ旅行するときには何はともあれ直行しようっと!   さて、本題の 大山祇神社収蔵の武具については下記に一部を記述した。


境内   拝殿   御神木

        左:静謐な境内。山の神・海の神・合戦の神として歴代朝廷や武将の尊崇を集めた。西瀬戸道で便利になったが関東からは遠い(地図)
        中:正面から拝殿を撮影。本殿と同じ時期の天授四年(1460)に再建され、本殿(宝殿)と同じく国指定の重要文化財に指定されている。
        右:小千命手植の楠は樹齢2600年、歴史を見守った御神木だ。小千命は祭神・大山積大神の子孫で瀬戸内を支配し大三島に鎮座した。


沢瀉威鎧   紺糸威鎧   紫綾威鎧   赤糸威胴丸鎧

        左左:国宝 澤瀉威鎧の兜部分(おもだかおどし)
            藤原純友の乱で追捕使・越知押領使好方所用と伝わる、現存最古の鎧 (西暦940年前後か)。
.
        中左:国宝 紺糸威鎧(こんいとおどし)
            屋島合戦の時、軍船130隻を率いて義経軍に加わった三島水軍の総帥・河野通信の着用と伝わる。源平合戦時代の代表作。
.
 
        中右:国宝 赤糸威胴丸鎧(あかいとおどしどうまる)
            豪壮な意匠で平安末期を代表する造り。義経着用・奉納と伝えられる。
.
        右右:国宝 赤糸威胴丸鎧(あかいとおどしどうまる)
            麻糸を芯にして威した貴族趣味を代表する最古の例。


紫革威鎧   紫革威胴丸   太刀

        左:国宝 紫綾威鎧(むらさきあやおどし)
            鎌倉時代初期の作。平安時代の貴族的な趣を伝える、とか。
.
        中:重文 紫革威胴丸(むらさきがわおどしどうまる)
            藤原時代の胴丸で現存する唯一のもの。伴大納言絵巻に隋兵が着用する姿(サイト内リンク)が右隅に描かれている。
.
        右:国宝 牡丹唐草文兵庫鎖太刀拵(牡丹から草もんひょうごくさりのたちこしらえ)
            鎌倉時代の作。護良親王の奉納と伝わっており、「集古十種」にも載せられている無銘の太刀。