頼朝の事故現場か、相模川橋供養 

出土した杭丸太の長さは365cmだが、建設当時は更に1〜2mほど長かったと推測されている。

画像をクリック→次の画像へ  「相模川橋供養」へ     「索引」へ  「旅と犬と史跡巡りと」のトップ頁へ