頼朝の事故現場か、相模川橋供養 

一部橋杭の上端には巾方向に桁を通して横の杭と連結させていた加工の痕跡が見える。

画像をクリック→最初の頁へ  「相模川橋供養」へ     「索引」へ  「旅と犬と史跡巡りと」のトップ頁へ