千鶴丸の後生を願って、寶珠山最誓寺(旧・西成寺) 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 参」 の記載ヶ所へ      「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップ頁へ

山門のすぐ横に伊東家歴代の墓石が並んでいる。物見ヶ丘近くにある 伊東祐親 の墓や東林寺に残る 河津三郎祐泰 の墓に似た古式の五輪塔群で鎌倉時代の面影を留めているが、最誓寺は伊東家の菩提寺ではない。伊東一族の墓石は菩提寺の東光寺・東林寺の廃寺に伴って2度の移転を余儀なくされている。
.
本来の菩提寺だった東光寺は江戸時代の伊東家移封によって最大の檀家を失い、まもなく廃寺となった。この移封は伊東の地頭職を解かれたという事だろうか。工藤祐経の子孫である日向伊東家は参勤交代のたびに東光寺に金品を贈り援助したと伝わるのだが...移封の詳細はいずれ確認してみたい。
.
更に、墓石を引き取った東林寺も神仏分離など明治初期の混乱の中で廃寺(その後に再建)となり、同じ伊東一族に繋がる縁で最誓寺が主な墓石を引き取って散逸を防いだという。本来の東林寺は祐親の嫡男 河津三郎祐泰 の菩提寺であり、最誓寺(当初は西成寺)は伊東祐親の娘で河津三郎の妹に当る八重姫が頼朝との間に産まれた千鶴丸の菩提を弔って開いた寺である。二度の移転に伴って五輪塔は本来の姿を失い、組合せには年代的なバラつきが見られる、という。
.
創建当初の宗派は真言宗、慶長元年(1595)に至って曹洞宗に改めている。東光廃寺は最誓寺の東南500mで東林寺と至近距離にあり、平安時代末期には伊東一族の聖域として伊東氏菩提寺と河津三郎の菩提寺などが集まっていたのだろう。


     

        左: 人家の密集した町中ではあるが境内は広く、本堂の左奥が墓地。本来は「西成寺」だが、宗派の変更とともに「最誓寺」に改称されている。
.
        中: 伊東家本来の菩提寺・東光寺は廃寺となり墓石は東林寺へ、更に明治初期に東林寺も廃寺(後に復興)となり最誓寺が引き取ったと伝わる。
.
        右: 山門のすぐ左に伊東家累代の墓所が設けられている。墓石の形状はいずれも鎌倉時代初期までの物と推測できる。


     

        左: 五輪塔の各部分の組み合わせには相当のバラつきが見られる、らしい。2度にわたって移転を余儀なくされた結果だろうか。
.
        中: 残された墓石は約10組で、平安末期〜江戸末期の累代の墓所にしては少なすぎる。散逸してしまったと推測される。
.
        右: 本来なら伊東を拓いた狩野祐隆、早世した嫡男祐家(祐親の父)、その弟で同じく早世した祐継(祐経の父)の墓石も残る筈だが..。

この頁は2019年 10月25日に更新しました。