斎藤實盛が別当に任じた武蔵国長井荘と聖天山歓喜院 

板碑には「万延元年庚申12月」とある。皇女和宮が14代将軍家茂に降嫁した時代の建立だ。

画像をクリック→次の画像   「斎藤實盛 と長井庄」へ      「索引」 へ  「旅と犬と史跡巡りと」 のトップページへ