函南 桑原薬師堂の仏像群 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 弐」 の記載ヶ所へ       「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップページへ

.
【慶派の仏師と東国の関係について】
.
頼朝 は源氏嫡流の権威を重視する立場から、平安末期に最も力のあった奈良仏師の正統 成朝(wiki)に勝長寿院本尊の阿弥陀如来像を造らせた。一方で御家人である関東武者の棟梁たちは 興福寺(公式サイト)を本拠とした新興の奈良仏師グループの傍系である 慶派 の仏師、康慶・運慶・實慶らを多く利用した。これは頼朝の選択に踏み込まない「忖度」と共に、写実と豪壮な雰囲気の作風への共感や、コスト意識も左右したのだろう。
.
個人的には韮山の願成就院にある仏像数体は 運慶 の作ではない、と思う。しかし年代からだけ考えると、頼朝の命令を受けた北條時政 は文治元年(1185)10月に入京し 義経 追討の名目で朝廷に圧力を加えて守護地頭の設置を認めさせ、翌年4月に鎌倉に帰還している。そして 運慶が韮山・願成就院の造仏を始めたのは翌・文治二年の5月3日と記録されているから、計算は見事に合致する。
.
運慶はその後に京都へ帰るが関東での仏像の需要は続いており、慶派の一部は東国に定着して造仏に従事した。實慶 もその一人であり、主として伊豆近辺での注文に応えていたと想像出来る。 時政が平井郷(函南)で戦死した嫡男 宗時 の菩提を弔って実慶に彫らせた阿弥陀如来三像を新光寺に寄進した可能性も考えられるが、宗時の死が治承四年(1180)で時政が失脚して実権を失ったのが元久2年(1205)、実慶修禅寺(別窓)の大日如来を彫ったのが承元四年(1210)、などを考えると時系列の面ではやや疑問が残る。
.
   ※桑原薬師堂の仏像: 桑原地区から函南町に寄付され、平成24年初夏に「かんなみ仏の里美術館」(公式サイト・地図)が完成した。
入館料は300円、空調完備で仏像の劣化を防いでいる。
.
     下の画像は薬師堂収蔵時代の白黒画像で、クリックすると修復後の画像に切り替わる。イメージが変わったのは喜ぶべきか、悲しむべきか。



     

            左: 国の重文・阿弥陀如来と両脇侍像(鎌倉時代・実慶作)。左の観音菩薩は106.1cm・右の勢至菩薩は107.2cm
            中: 三体の中央、阿弥陀如来像 本来の光背は失われ、近世作の金色の輪が取り付けられている。89.1cm
            右: 県の有形文化財 本尊の薬師如来坐像(平安中期・藤原時代) 110cm


     

            左: 聖観音菩薩立像(藤原時代) 99.2cm
            中: 地蔵菩薩立像(藤原時代) 93.1cm
            右: 毘沙門天立像(藤原時代) 101.5cm


十二神将について
.
仏教における神々で、薬師如来の12の願いを実現するために働き、昼夜の12の時間・12の月・12の方角を守る。12の神将が7千づつ、併せて8万4千の眷属夜叉(部下の戦士)を率いており、日本では十二支と結びついて動物をシンボルとしているものが多い。薬師堂など薬師如来を本尊とする堂宇では薬師如来像を中心にして配置される。最も知られているのは奈良新薬師寺の12体で、その11体が国宝に指定されている。
.
桑原薬師堂で最も古いものは創建された藤原時代(藤原氏が摂関政治を行った平安中期〜後期)の3体で、鎌倉時代の像は4体、江戸時代の像が5体。12体揃わないと本来の役目を果たせないため何かの事故などで失われるたびに補充して造られたと考えられる。本来なら十二支に従って子・丑・寅・・・と並べるべきだが、面倒くさいので(笑)時代順に記載した。
.
参考までに、画像を二点。  新薬師寺の国宝 ・薬師如来像(高さ191cm・平安初期、作者不明) と 興福寺の国宝 板彫十二神将像(部分)


        

            左: 招杖羅大将像(しゃとら・十二神将の丑・鎌倉時代)
            中: 摩虎羅大将像(まこら・十二神将の卯・藤原時代)
            中: 波夷羅大将像(はいら・十二神将の辰・藤原時代)
            右: 珊底羅大将像(さんてら・十二神将の午・鎌倉時代)


        

            左: 安底羅大将像(あんてら・十二神将の申・鎌倉時代)
            中: 伐折羅大将像(ばきら・十二神将の戌・鎌倉時代)
            中: 宮毘羅大将像(くびら・十二神将の亥・藤原時代)
            右: 畉(正しくは、田偏に比)羯羅大将像(びから・十二神将の子・江戸時代)


        

            左: 心達羅大将像(しんだら・十二神将の寅・江戸時代)
            中: 因達羅大将像(いんだら・十二神将の巳・江戸時代)
            中: 額倆羅大将像(あんにら・十二神将の未・江戸時代)
            右: 迷企羅大将像(めきら・十二神将の酉・江戸時代)

この頁は2019年 7月22日に更新しました。