真鶴の岩浦から安房に逃げた頼朝上陸の地、猟島。 

左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 弐」 の記載ヶ所へ        「索引」 へ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップページへ

.
三浦半島先端の剣崎から猟島までの距離はわずか12km、頼朝上陸碑のある現在の竜島漁港からは三浦半島が手に取るように眺められる。房総半島の南部は三浦一族の勢力範囲で分家の 和田義盛 は外房エリア(現在の和田浦周辺)に所領を持っていたし、下総の 千葉常胤 ・上総の上総廣常・安房の安西景益と丸信俊など源氏と縁のある豪族も多かった。頼朝 主従が土肥から安房へ向ったのは苦し紛れの逃亡ではなく、緒戦に敗れた場合の選択肢でもあった。
.
特に千葉常胤は相馬地区の領有権を巡って常陸の佐竹氏(平家方)と抗争を続けており、頼朝とは利害が一致する立場にあった。頼朝が鎌倉に入った後に佐竹氏棟梁を継いでいた秀義は金砂城で討伐され、所領は頼朝挙兵当初からの御家人・八田知家に与えられている。
.
竜島地区に残る伝承に拠れば、頼朝一行は旗立山を目印にして漕ぎ寄せた、と伝わる。碑の北側に広がる砂浜の200m沖には干潮になると姿を見せる飯島は 北條時政 らが食事の準備をして頼朝の小舟を待ち受けた場所らしい。頼朝は旗立山の麓にある神明の森の薬師堂に一泊し、堂守は房総の各地(左右)から軍勢が加わるように祈願したことから左右加(そうか)の姓を与えられた。これは「安房一国(粟一石)の伝説」と食い違うけどね。
.
その他、頼朝が与えた近隣住民に乱発した姓名の柴本・中山・生貝・鰭崎・菊間・松山・久保田は「竜島七姓」として今に残る。更に、飯島は頼朝にエイを献上した名残だとか、いや時政が食事を準備して頼朝を迎えた場所だとか、馬賀は駿馬生月を献上した家だとか、磯遊びをした頼朝がサザエを踏んで怒って以来この磯のサザエには角がないだとか、珍しい貝を献上した家の屋号が生貝だとか、後世の落語家が考えたような逸話も多い。


     

        左: 海辺の民宿が続く一角に町の教育委員会と千葉県が建てた頼朝上陸地の碑が二つ。すぐ前が駐車スペースだが海水浴や釣り客が多く、
行楽シーズンにはかなり混雑する。伝説の飯島は右手に広がる大六海岸の少し沖にあり、干潮時にのみ姿を見せる。
.
        中: 碑の横の突堤付け根から南側の勝山海岸越しに大黒山を撮影。天守閣の形をした頂上の展望台は頼朝上陸を意識して建てたらしいが、
実際には早くから頼朝に味方した安西氏(本拠は更に南の八幡山近く)が構えた出城の跡らしい。
.
        右: 画像では確認できないが、対岸の三浦半島は驚くほど近くに見える。房総半島との関係が深かった三浦氏と頼朝が敗戦の場合に備えて
確保しておいた選択肢の一つだったのも理解できる。

この頁は2019年 7月 21日に更新しました。