新田義重置文 長楽寺文書   

頼王御前(後の世良田義季か?)とその母に所領を譲る。  新田義重置文 長楽寺文書。
.
左フレームの表示&「鎌倉時代を歩く 四」 の記載ヶ所へ       「索引」 へ   当サイト 「旅と犬と史跡巡りと」 トップへ 

 

     下  (花押)
こまたあれど、らいわうこせのハハのことをおもへハ、にたのみさう(新田の御荘)ハゆつりたるなり、ハハの事らいわうこせんをろかにあるへからす、
それにとりてもこかんとてハ、らいわうこせんかハハにみなゆつるなり、ハハかためニおろかニあるへからす
こかんのかす、おうなつか、えたかみしも、たなか、おおたち、かすかわ、こすみ、をしきり、いてつか、せらた、みつき、かみいまい、しもいまい、
かみひらつか、しもひらつか、きさき、丁ふくし、たこう、やきぬま、このこうこうしたいにゆつりわたす、たのさまたけあるへからす、あなかしこかしこ、
.
                        仁安三年(1168) 六月二十日    (花押)