.
       秋田県にある 33駅 の中で 22番目 に開業した駅  五城目ごじょうめ(悠紀の国)

このサイトはI E.8以降 での閲覧を想定しています。 秋田県の道の駅・フレーム表示 に切り替えて御覧下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意願います。


〜 画像をクリック → 拡大表示 〜  秋田県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップ頁へ

【 地味だが独特の落ち着いた雰囲気あり。18年4月に全面改装して魅力アップ!】

鳥瞰図
大型車が比較的少ないため駐車スペースに余裕があり、緑に囲まれた静かな環境もP泊には向いている。食事処や物販施設も特に広くはないが中身が充実しているため魅力があるし、スペースを広く確保した休憩施設や敷地周辺に良く整備された遊歩道が伸びているのも嬉しい。
.
近隣では良く知られた「五城目の朝市」は2、5、7、0、の付く日(つまり月間12〜15日ほど)の朝8時から午後1時前後まで、道の駅から約3kmの市街中心部に近い下夕町で開かれる。輪島や高山の朝市のように観光化されておらず文字通りの地産地消がコンセプト、近在の産物が地元住民向けに売られているのでぜひ覗いてみたい。特に春の山菜や秋のキノコ時期は品物も充実しており、価格も安く設定されている。
.
五城目町を東西に横切って八郎潟調整池(干拓が始まるまでは海だった)に流れ込む馬場目川の下流域は奥州藤原氏の滅亡後に挙兵し鎌倉幕府に抵抗した大河兼任(wiki)の本領だったが、遺構などは残っていない。この事件は「吾妻鏡を読む」の文治六年(1190)1月6日から記載したので興味があれば一読されたい。
.
日本海側を走る国道7号(羽州街道)と内陸部へ向かう国道285号(阿仁街道)が交差する交通の要衝が五城目で、奈良時代から蝦夷と倭人の交易で栄えたエリアだったと伝わる。

基本データ

南秋田郡五城目町富津内下山内宇上広ヶ野76  018-879-8411  休業:12/31〜1/3  国道285号沿
日本橋から一般道で 588km

リンク先
近くの駅は

しょうわ:13km  ことおか:14km  てんのう:19km  おおがた:22km  かみこあに:24km  あきた港:26km  おが:37km

駐車場

公称は大型車7台+普通車85台、大型車の立ち寄りが少なくスペースに余裕がある。P泊には右手の公園側がベスト。

騒音

昼間の交通量は多めだが夜は静か。秋田道が能代まで延びたため大館方面に向う車が少し減ったためだろうか。

物 販

9〜18時、地場産品が多く価格も安め。特に春の山菜・秋のキノコなど自然の恵みが豊富で見るだけでも楽しい。

食事処

新装の「だまこ庵 」((店内風景))は9〜19時(冬は18時)、ゆったりした造りで落ち着ける。メニューも多彩で地域色が豊か。
メニュー例:だまこ庵鍋950円・山内カレー720円・五城目ラーメン(だまこ入)720円、など。土日祝日は地場産品をメインに調理したランチバイキング方式(11〜15時半(入場は14時半まで)、ドリンクバー付きで大人1200円/1時間)、約20品の料理を楽しめる。

軽 食

食事処が軽食を兼ねる。木苺のソフトクリーム280円の人気が高い。

休憩施設

9〜18時、駅の規模に比べると広くて設備も良く整っており、畳のコーナーも設けられている。

トイレ施設

別棟に休憩室と併設されており、設備も管理も問題なし。障害者兼用トイレはウォシュレット設備付き。

温浴施設

5km北の県道4号沿い(ルート地図)に町営宿泊施設湯の越の宿(公式サイト)、7〜22時・内湯のみ・食堂あり、400円は安い。

犬の意見

敷地右手の芝生公園と奥に続く遊歩道で十分だが、もっと歩きたければ国道を横切って伸びる脇道へ。

近隣の見所

毎月2・5・7・0の日に開かれる五城目朝市は人気のイベント。スケジュールが合えば観光案内サイトを参考に立ち寄ろう。
朝市近くにある五城館は改造した土蔵に居酒屋やカフェテリア・ギャラリーを導入した地域色の濃い観光施設で入場無料。

P泊する時の
総合評価
 ★★★★★★★☆☆☆   EV車充電施設・あり(詳細)、Wi-Fi接続機能・あり、「秋田県の無線LAN施設」も参考に。


     

        左: 国道7号(羽州浜街道)を分岐して大館に向う国道285号沿い、市街地を少し離れた静かな環境だ。
        中: メイン棟には三角屋根のエントランスを中心に、食事処と物産コーナーがある。
        右: 右側の別棟には右に広めの休憩コーナーと左にトイレが。


     

        左: 敷地の横には緑に囲まれた小さな公園があり、暖かな季節には休憩に利用できる。
        中: 広い休憩室には備品もゆったりと配置され、実に快適な雰囲気だ。
        右: 公園に面して大きな窓も作られ、畳のコーナーがあるのも嬉しい心遣い。


     

        左&中: 物販コーナーは地元の野菜類をメインに扱っている。種類も量も豊富だ。
        右: 明るい雰囲気の食事処は麺類が中心で軽めのメニューを揃えている。