岐阜県にある54駅の中で 13番目に開業した駅   アルプ飛騨古川

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 岐阜県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  岐阜の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 江戸時代の天領で古い城下町の面影を残す飛騨古川。伝統工芸の町でもある。 】

鳥瞰図
道の駅から約2km北西(富山寄り)にJR高山本線の飛騨古川駅があり、ここが飛騨市役所を含む飛騨市の中心部になる。反対の南東(高山市寄り)にも小さな木造駅舎の飛騨国府駅(ここは既に飛騨市ではなく高山市)があり、この周辺が国府町、荒城川沿いに古い寺社も点在しているので昔日の飛騨国府だと考えがちだが、まだ国衙遺跡などは発見されていないため確定できていない。
.
一方で高山駅のすぐ近く(地図)には飛騨国分寺(公式サイト・)があり、これが「飛騨国府=高山市中心部説」根拠の一つになっている、らしい。このルートは何回も通ったし高山にも飛騨古川にも宿泊しているのに、国分寺にも国府町にも足を向けなかったのがしみじみ悔やまれる。
.
吾妻鏡の建久四年(1193)11月12日には「頼朝が京都から招いた舞曲の名手・右近将監多好方に恩賞として飛騨国荒木郷(現在の荒城川流域・地図)の地頭職を与えた」との記載があったのにねぇ...
.
岐阜県の南部、古い歴史に彩られた美濃国の方は平地が多く濃尾平野や東海道にも接しているため比較的早く開けた。それに比べて北部の飛騨国は貧しい過疎地帯が多く、平安・鎌倉時代までは租(米)・庸(労役)・調(繊維)のうち庸と調を免除する税制上の特例が与えられ、代替えとして木工の技術に長じた飛騨工と呼ばれる大工の提供が求められたという。
.
そして...その貧しさがあゝ野麦峠(wiki)などが描いた飛騨の女工哀史へと繋がっていく。道の駅が極端に多いのも、過疎と生産性の低さからの脱却を目指す願いが底流にあるのだろう。いずれにしろ、旅行の立ち寄り先として高山と飛騨古川と白川郷は欠かせないし、見所の多い高山駅周辺も最近では昔ながらの味わいが薄れて通俗な雰囲気が増えてきたから、飛騨古川の駅の周辺に重点を置いた旅も面白い。

基本データ

飛騨市古川町上町1348  0577-74-0150  休業:12/30〜31休、正月時短  国道41号沿  日本橋から一般道で 316km

リンク先
近くの駅は
駐車場

行楽シーズン・特に紅葉の季節の休日は満車状態になるのも珍しくない。周辺道路も駐車できる程ではないため要注意だ。

騒 音

飛騨古川町見物などの予定がなければ「ななもり清見」の方が間違いなく落ち着けるが、こちらは周辺に立ち寄り温泉なし。

物 販

9時〜18時(冬は17時)、売り場はそれほど広くない。取り扱い品の種類も特徴が乏しく、どこでも買える土産物がメイン。
農産品の売り場も定位置がなく、臨時の狭いスペースを使っている程度(08年10月末)で、むしろ「古川いぶし」の方が面白い。
P泊用の買い物には1.5kmほど高山寄りの国道沿いに食品スーパーあり。

食事処

飛騨牛メニューが豊富な食事処(11時半〜15時)・麺類がメインの軽食(9時〜18時)・別棟の蕎麦専門店(時〜時)の3軒。
軽食メニュー:麺=かけ400円〜あげもちうどん550円・ラーメン500円・カレーライス500円・モーニング400円・朝定食600円・他
食堂メニュー:麺類のセット750円・カレー800円・道の駅弁当900円・定食900円・朴葉みそ膳900円・飛騨牛膳1300円・他

軽 食

9時〜18時、スペースも広くメニューも豊富。テーブルも多く、軽食と言うよりも手軽に使える食堂のイメージに近い。

休憩施設

9時〜17時、情報コーナーを併設しており、スペースは広い。約8帖の畳コーナーでは(ちょっと明るいが)ゴロ寝もできる。
設備は良く整っており、ビジュアル機器も充実しているが、もう少しテーブル類が欲しい。屋外にも数ヶ所の休憩スペースあり。

トイレ施設

設備も整っており手入れも行き届いている。障害者用も含めてウォシュレット設備なし。

温浴施設

駅の敷地と周辺には立ち寄り入浴施設は見当たらない。
道の駅でP泊するなら、町並み散策のついでに飛騨古川駅すぐ近くのたんぼの湯の利用を。内風呂だけだが雰囲気は良い。
  11〜21時・月曜休、500円。飛騨の風情を残す昔ながらの旅館、地図はこちら
北西11kmの奥に ぬく森の湯、水曜と12/29〜31日休、10〜21時、露天・サウナ付、600円。りんご風呂もある。

犬の意見

裏手を流れる宮川(高山市内の川の下流)に沿って散歩道が続いており、人がいなければノーリードで歩くのも可能。

近隣の見所

昔、NHK朝ドラ「さくら」のヒロインが下宿した設定の三嶋和蝋燭店(参考サイト)や匠会館、飛騨古川宿の古い町並など多彩。
荒城川の霞橋対岸には野麦峠を越えて諏訪に向かう若い女工たちの集結場所だった八ツ三館が建ち、対岸に記念碑がある。
野麦峠の簡単なレポートは「道の駅 飛騨たかね工房」の末尾に記載した。

P泊する時の
総合評価
 評価は★★★★★★   大型車が多い上に車路が回遊式なので夜間騒音あり。


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右: