新潟県 39駅 の中で 2番目 に開業した駅    加治川かじかわ(さくらの里)

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 新潟県の道の駅・フレーム表示 に切り替えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  新潟県の道の駅へ       道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 小公園を併設した、除雪センター横の駅。国道7号沿いには魅力的な道の駅が多い。】

鳥瞰図
敷地の左側には小さな公園があり、24時間トイレや軽い休憩ができるスペースがあった。その横にある「北緯38度線」のモニュメントが珍しい。韓国と北朝鮮の実質的な国境線がこの緯度である事と、静岡県の伊東市宇佐美駅近くには北緯35度の碑があって、説明文には房総の館山付近と同じ緯度だと書いてあった。
.
辞書で調べたら1度=約111km、従って新発田市と伊東市は直線で約333km離れてるんだなぁ...などと、何となく感慨ひとしおだった。厳密には経度のズレを確認してから三角関数で計算する必要はあるけど、なんて考えると温和で賢い(笑)中学生だった頃を思い出しちゃうね。
.
閑話休題。除雪センターと例のモニュメント以外には何も特徴が見られない道の駅だが、食事処にはインパクトがある。周辺には工業団地などが点在しているし国道7号も産業道路の機能が高いためプロのドライバー向け大衆食堂の傾向があり、安さとボリュームと味はお薦めできる。すぐ前のラーメン店も人気らしい。
.
ともあれ、国道7号とほぼ平行して山沿いに国道290号・日本海沿いに国道113号が10km程の間隔で走り、さらに日本海東北道も同じ方向に通じているため選択肢が多く、渋滞は見られない。軽い休憩か食事程度にして、P泊には「関川」か「豊栄」を利用しよう。

基本データ

新発田市横岡1147  0254-633-3175  休業:第3木曜日  国道7号沿  日本橋から一般道で 343km

リンク先
近くの駅は

胎内:11km  豊栄:18km  神林:22km  関川:26km  朝日:37km  花夢里にいつ:40km  白い森おぐに(山):45km

駐車場

公称は大型車7台+普通車53台、スペースには余裕があるが雪の季節になると除雪センターとの関係でやや使いにくそうだ。

騒音・他

国道と駅舎の間がやや離れておりトイレも国道側なので夜間は比較的静かな環境だ。P泊にも特に支障は感じられない。

物産館

9〜18時、米や蕎麦・加治川豚など地場産品は多いが全体に種類は少ない。コシヒカリは10kgで5000円、南魚沼産よりは安い。
  2.5km南の国道沿いにコンビニ、4km南の加治駅近くに食品スーパーとホームセンターがある。

食事処

レストラン桜館は10時半〜17時、大衆食堂っぽい雰囲気で大盛りメニューも結構豊富。畳の席もあり価格もリーズナブル。
  詳細メニュー画像を参考に。

軽食

食事処が軽食を兼ねる。カウンター席があるため気軽に利用できる雰囲気だ。

休憩施設

9〜18時、屋内の案内コーナーが休憩室を兼ねるが、狭いため機能的に不充分。暖かい時期は敷地横の公園が利用できる。

トイレ施設

24時間トイレは公園側の別棟で施設はまぁまぁ、管理はやや不足気味。障害者兼用を含めてウォシュレットの設備なし。

温浴施設

6km南の新発田駅近く(ルート地図)に公営の あやめの湯、8〜21時・第1と第3月曜と12/31〜1/1休(不定休に注意)、400円。
  無料の足湯と内湯のみで食堂もないが飲食物の持ち込みはOK、なかなか快適だ。
.
14km南(ルート地図)の国道290号近くに 百花の里城山温泉、10〜21時・第3木曜休、露天・サウナ・休憩室・食堂がある大型の
  施設で、料金は少し高めの700円。南に向かう場合に利用できそうだ。

犬の意見

軽い散歩なら敷地に併設された公園でOK、敷地の周辺にも散歩できるルートが延びている。裏の緑地に無料ドッグランあり。

近隣の見所

城下町・新発田には見所が多い。観光案内サイトを参考にしてスケジュールを考えよう。

P泊する時の
総合評価
 ★★★★★★★★★★   EV車充電・可、Wi-Fi接続・可、 新潟県で EV充電できる道の駅」を参考に。


     

        左: 羽越本線と並んで国道7号(羽州街道)が北上する。海沿いには113号・関川への抜け道は山側に290号があり、7号線を走る車は多くない。
        中: 駐車場は国道から入りやすく、大きなイベントでもない限り余裕がある。左側には植栽があり、日差しの強い季節には休憩を楽しむ事もできる。
        右: 敷地の右側には国交省の除雪ステーションが併設されている。雪の多い時期以外が大型トラックの駐車場や停泊に利用するらしい。


     

        左: 道の駅の愛称は「加治川 さくらの里」、約5km南を流れる加治川堤の桜並木と約3km北の桜公園が花見の名所として知られている。
        中: 駅舎は二棟に分かれている。左側の「ふれあいセンター桜館」には物産品の販売と食事処(安くて旨い、ボリュームあり)が入っている。
        右: 右側の小さな「山桜」はごく平凡な産直野菜の売店。どちらかと言えば地場産品の種類が多い「桜館」の方が見るだけでも面白い。


     

        左: 敷地左側にあった小さな公園(子供用遊具があり管理が悪かった)は廃止されたらしい。現在の地図上は「新潟ニチビ」の工場に変っている。
        中: これも管理の悪いトイレ棟がある駐車場左の緑地帯には石畳の遊歩道。適当に日差しを遮る樹陰にベンチと芝生があり、如何にも涼しげだ。
        右: 主として大型車が使う国道側(右)と駅舎側の駐車場(左)を区分する緑地帯。背後の右は除雪ステーション、奥の青屋根は大規模養鶏場。