静岡県にある25駅の中で 16番目に開業した駅   掛 川

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 静岡県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  静岡県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 全体に騒々しいためP泊向きではないが、施設の充実した人気の高い繁盛駅。 】

鳥瞰図
大きな駅舎では農産物直売所をメインに、市内の女性グループが運営する地元の食材を生かした食堂、御殿場市の企業「時之栖」経営のレストランと土産物販売所、24時間コンビニなどが営業している。
.
開設当初はバイパスからの進入路整備が遅れたため不便だったが、2007年には上下車線の両方から直接駐車場に入れるようになった。ただし上下線の駐車場は分離されており、相互乗り入れはできない。
.
食事処のメニューも豊富で比較的安く、産直野菜売り場も広くてリーズナブル、24時間コンビニもあるため客数が多く、いつも混雑が絶えない。マナーの悪い若者も多くてP泊は薦められないが、駅舎のバイパス側か上り側の大型用駐車場か新設された下り用の広い駐車場が幾分落ち着ける。
.
近くの事任(ことのまま)八幡宮は願い事が叶うことで有名だ。この神社に寄ってから何気なく買った宝くじで60万円当選したのには驚いたが、その後に知人の娘さんの高校合格祈願に買ってあげた「お守り」では見事に不合格。これは「代理人が参拝しちゃダメ」の意味かも知れないね(笑)。
.
国道一号(東海道)の次の駅は約60km西の「潮見坂」で、かなり距離が離れる。JR掛川駅からの距離は約5km、菊川市と島田市寄りに位置する。

基本データ

掛川市八坂882 0537-27-2600  休業:年中無休  国道1号BP沿  日本橋から一般道で216km

リンク先
近くの駅は
駐車場

大型車70台+普通車139台、大型車用は完全に分離されている。西側に広い駐車場が増設されて余裕ができた。
上り車線・下り車線・一般道から使える(進入できる)駐車場を相互に移動できないため、やや戸惑う場合もある。

騒 音

駅舎に隣接する駐車場は出入りの騒音があり、離れると大型車の影響が大きい。この駅のP泊は避ける方が間違いない。

物 販

野菜直売所は9時〜17時・その他の物販は9時〜20時、どちらも安くて品数も豊富。コンビニ(ファミマ)は24時間営業。

食事処

メインの「CokoCoko」(8時〜朝定食あり)はカフェテリア方式。飯屋っぽくて落ち着けないが、メニューが豊富で価格も安い。
とろろ汁と麺類がメインの「仙の坊」、手作り惣菜の「茶々はちまん」が同じコーナーにあり、選択肢が広い。全て9時〜20時。

軽 食

コンビニ前にも軽食があるが、最近物販コーナーの隅に喫茶軽食専門のコーナーがオープンした。アイスなどは屋外にもある。

休憩施設

トイレ棟の横に別棟の休憩施設がある。24時間使える筈だが、最近の状況は未確認。コンビニの横にもベンチ類あり。

トイレ施設

屋根付き回廊で連結。施設も新しく管理も行き届いている。障害者兼用トイレのみウォシュレット付き。

温浴施設

駅の敷地とその周囲には入浴できる施設は見当たらない。
約6kmの掛川IC近くにヤマハリゾートの豪華施設つま恋温泉森林の湯、10〜23時・不定休・1030円。
少し遠いが約21km南の遠州灘沿いに大東温泉シートピア、10〜21時(夏は延長)・火曜休、プールも含めて510円は安い。
約18km北にならここの湯、10〜21時(受付20時半)・第1&3火曜休、露天・食堂など完備、510円。キャンプ施設もある。

犬の意見

軽い散歩なら駐車場外周の緑地帯が利用できる。西側の下り専用の新設駐車場横にも芝生広場が造られている。
600m離れた事任八幡宮までの道は車も少ないので、見物を兼ねてのんびり散歩できる。

近隣の見所

事任八幡宮(公式サイト)まで400mほど、東海道日坂宿の町並(参考サイト)は静岡市方向へ4km。
掛川城と城下町とセットで 山内一豊所縁の久延寺(公式サイト)に寄るのも面白い。

P泊する時の
総合評価
 評価は ★★★★★   なにしろ混雑する人気駅。東海道沿いにはP泊向きの駅は少ない。



     

        左:バイパスの上り車線から撮影。専用の進入路があり、大型車用の広い駐車場と駅舎左の狭い普通車用スペースに続いている。
        中:こちらは反対側に新設された下り用の駐車場。ほとんど大型用で、駅舎寄りに普通車のスペース、左側に芝生が造られている。
        右:下り用駐車場のバイパス斜面から。駅舎の右側が一般道からの駐車場で、上り用・下り用とも相互乗り入れは出来ない。


     

        左:一般道用駐車場の方が混雑度はいくらか低いが、搬入車両やコンビニを利用する地元の車の出入りが多く、やはり落ち着かない。
        中:バイパスから見て駅舎裏側の上り・普通車用駐車場。便利だが満車が多く駐車マナーも悪いためUターンに苦労する場合が多い。
        右:上り・大型車用の駅側駐車場から駅の右側を撮影。手前2棟は管理用施設、左奥が駅舎、塔の下が休憩室、その奥がトイレ棟。


     

 
        左:これはバイパス側の入口で夜間は閉鎖され、左側のコンビニ用出入り口だけになる。駅舎は左から物販・食事処・コンビニの順。
        中:入口の両側には広いアプローチ部分があり自販機が並んでいる。その奥にある別棟の休憩処は24時間利用できる、はず。
        右:休憩所には空調設備もあり、軽食類の自販機が据えられている。テーブル類も完備しており、食事を摂るのも可能だ。


     

        左:こちらは食事処の横にある屋内の休憩施設でテーブルが4卓ほど。周辺が騒々しく客も多いため落ち着けないスペースだが..
        中:コンビニの向いにある麺類の「仙の坊」と、地元の主婦が運営する手作り惣菜の「茶々はちまん」。ソフトクリームなども扱っている。
        右:物販コーナーの片隅に喫茶コーナーが開店した。東静岡一帯で立ち寄り温泉やホテル・地ビールなどを経営する時之栖の運営。


     

        左&中:食事処「CokoCoko」は好きな物をセルフで選ぶカフェテリア方式、メニューも豊富で安い。7時(冬は8時)から朝食メニューあり。
        右:食事処前の休憩所からコンビニ方向を撮影。レジの横にもコンビニ用の休憩施設があり、チンした弁当などを食べるのも可能だ。


     

        左:広い物販コーナーも「時之栖」が運営している。道の駅としてはまぁまぁ良い品揃えでオリジナル商品も多く、価格はやや安め。
        中:農産品は地元の農家が栽培したものを持ち込んで販売している。新鮮で種類も豊富、結構安いので野菜目当ての客も多い。
        右:駅からは願い事が叶う事任(ことのまま)八幡宮が見える。清少納言の「枕草子」、阿仏尼の「十六夜日記」、十返舎一九の
          「東海道中膝栗毛」などにも記述が残る古い神社。正確な創建は不詳だが一説には成務天皇(在位84〜190年)の頃、とも。