長野県にある51駅の中で 4番目に開業した駅   小坂田 おさかだ 公園

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 長野県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  長野県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 隣接する公園の緑地まで含めると素晴らしい環境だけど、夜間の保安状態が少し気に掛かる。 】

鳥瞰図
塩尻市内から諏訪へ向う塩尻峠の登り口近くに位置する。敷地内にパターゴルフ・ゴーカート・蝶の博物館・プールなどの有料施設を併設しており、隣地にはグラウンド・国道の反対側にアスレチックやグラウンドゴルフのある広い公園が広がっている。敷地は長野道と国道20号に挟まれているが、やや距離が離れているため広い駐車場はとても静かで、車路から離れた場所に停泊できれば車が出入りする騒音を気にする必要もない。
.
ただし...何となく暴走族が集まりそうな雰囲気がある。家族連れにも楽しめる充実した機能を持っているが、屋外のトイレはかなり荒れていた。管理が改善されないと何となく落ち着けないスポットだ。周辺の公共施設は多いのだが近くには民家が全くないので夜間はほぼ無人になる。それが不安に感じる理由なのかも知れない。
.
食事処は少し狭いが雰囲気も味もメニューの多さも悪くない。軽食コーナーと併せてお薦めできる部分だ。家族連れならゴーカートやパターゴルフ、夏ならば市営プールを利用して終日過ごすのも可能で、比較的ローコストで遊べるレジャーランドと考えても良い。
.
下諏訪からは約13km、人気の立寄り温泉 ロマネット(普通は530円(10〜22時)、朝風呂(5時半〜9時)270円もある)や諏訪湖南岸のレトロな千人風呂で知られた片倉館(10〜21時・ネット割引券で550円)などに寄ってから気軽にP泊できれば結構快適だ。

基本データ

塩尻市大字塩尻町1090 0263-51-5611  休業:売店・食事関連以外は月曜休  国道20号沿  日本橋から一般道で 219km

リンク先
近くの駅は
駐車場

公称は大型10台+普通車282台、公園も併せるともっと広く感じる。大型車は分離されており、レイアウトも利用しやすい。

騒 音

大型車のスペースから離れれば騒音は気にならない。P泊する場合は国道から離れた駅舎側が適している。

物 販

農産品直売所と物産コーナーは9〜18時(冬は10〜17時)、年末年始休。広くはないが商品は豊富で地場産品も充実している。

食事処

茜里(せんり)は10時半〜17時(冬は15時まで)、年末年始休。メニューは豊富で郷土食も多い(オリジナルサイト参照)、
以前は価格がやや高めだったが現在は改善さている。全般に、道の駅としてはレベルの高い食事が楽しめる。

軽 食

カフェ・PASSOは9〜17時(冬は11〜17時)、年末年始休。

休憩施設

特に設けられていない。暖かい季節には公園や周辺のベンチなどが利用できる。

トイレ施設

最近は少し改装されたが全体の感じは良くない。物販棟のトイレは普通。どちらもウォシュレット設備なし。

温浴施設

施設なし。周辺にも薦められるような立ち寄り温泉なし、諏訪湖近辺の立ち寄り温泉を利用しよう。

犬の意見

すぐ横の運動場や敷地内の緑地でも散歩ルートは確保できる。のんびり歩かせるならトンネルを抜けて小坂田公園へ。

近隣の見所

高ボッチ高原(参考サイト)まで約13km、牧場の先にある第2Pから400mで1665mの山頂に着く。松本盆地の展望が素晴らしい。
諏訪湖周辺の見物にはこの駅が最も近くに位置する。諏訪市観光ガイド岡谷市の観光情報を参考に。

P泊する時の
総合評価
 評価は★★★★★★   静かなのは間違いないが何となく荒涼とした雰囲気があって...気のせいかも。


     

        左:塩尻市街へと下る国道20号・甲州街道の塩尻峠。下り車線からは左折して国道の下を迂回し公園の緑地を経て駅の敷地に入る。
        中:これは上り車線からの進入路。下り車線からは左折して国道の下を迂回するが、上り車線からは直接駐車スペースに入れる。
        右:下りの迂回進入路横の斜面から駅舎を撮影。敷地には緑が多く、駐車スペースも樹木に囲まれて落ち着ける雰囲気がある。


     

        左:駐車場の北側、すぐ下には多目的広場が設けられており、犬の運動には最適。遠くに北アルプス連峰が眺められる。
        中:多目的広場から駅舎の方向を見上げる。斜面の芝生が美しく、暖かな季節にはパーゴラの下でのんびり休憩も可能だ。
        右:国道寄りの大型車用の駐車スペース(右)と左側の普通車用は植え込みで分離されている。写真の左が駅舎の方向。


     

        左:屋外トイレの前から。駅舎の裏手は高速の長野道。最近になってトイレ前に案内看板が造られ、少し見栄えが良くなった。
        中:別棟トイレは駅舎を離れた駐車場の横にあり、内部は何となく荒れた雰囲気が漂う。使う側にも問題がありそうだ。
        右:駅舎から離れているのが原因だろうか?壊れた部分も放置されており、いつ寄っても管理が不十分な状態が続いている。


     

        左:駅前広場の石段上(南側)には市民プールがある。もちろん営業は夏だけだが、300円の入場料はかなりリーズナブルだ。
        中:左の円形部分がメイン駅舎で、売店と食事処の茜里(せんり)と駐車場側に軽食コーナー。右のドームは自然博物館300円)。
        右:駅舎の前から国道の方向を撮影。国道を越えた背景の森には自然の豊かな小坂田公園が広がる。


     

        上:売店は広くないが商品は豊富で価格も比較的リーズナブル。夏から秋にかけては地元産の果物や加工品が豊富に並ぶ。


     

        左:天井が高く、やや照明を落とした落ち着いた雰囲気の店内。入口は蝶の博物館と向かい合っており、一番左奥に食事処がある。
        中:食事処の茜里(せんり)。靴を脱いで入り、フローリングに座布団・簾の仕切りという変ったレイアウト。入口にメニュー表示なし。
        右:駐車場側から。2階のガラス部分が食事処、1階部分が明るい雰囲気の軽食コーナー。石畳の部分にも駐車できる。