和歌山県にある33駅の中で 16番目に開業した駅   明恵みょうえふるさと館 

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 和歌山県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  和歌山県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 日用品の買物に利用する地元の客がほとんどで、旅行者は少ない。規模は小さいが中身の充実した駅だ。 】

鳥瞰図
地元の商工会が運営する、落ち着いた雰囲気の駅。和歌山市方向から南下する場合、メイン国道の424号もサブの県道18号もカーブの多い峠越えになるため、この区間だけは一般道を避けて阪和道の海南IC〜有田ICを利用する方が時間的にもベターだろう。和歌山県の山間道路には本当に悩まされる。
.
駅から東へ向かう国道480号もおおむね片側一車線かそれ以下の巾が多く、道路事情は良くない。季節には地元ブランドの有田ミカン無人販売露天が多く見られ、かなり安い値段で買えるのも魅力の一つだ。
駅の近くには何もないが、2km弱北西の役場支所周辺には食品スーパーや食事処が数軒散在している。
.
駅名の由来である明恵(みょうえ)上人(wiki)は平安末期の承安3年(1173)に道の駅から400m南にある現在の歓喜寺の地に生まれ、同じ年齢の親鸞と同じ時代を生きた華厳宗の僧。
親鸞は教団を組織し拡大して布教する道を歩み、明恵は僧位を受けず聖の道をひたすらに歩んだという。周辺に点在する生誕地などの史跡(参考サイト)を訪ね歩くのも興味深い。
.
鎌倉時代中期になると幕府中枢の帰依を得た禅宗が勢力を広げ、更に法華経の行者を称した日蓮や貧民の救済を目指した忍性らが宗教界をリードしていく。現代の仏教者が失ってしまった信仰への真摯な取り組みが当然だった時代...権力者への迎合を潔しとせず、堂々と是々非々を貫いた時代である。
.
カジノ法案を否定せず、海外派兵を支持し、国家主義の台頭を容認しながら仏教者を自称する創価学会と公明党を彼らが見たら、さぞ驚く事だろう。

基本データ

有田郡有田川町金屋322  0737-32-9778  休業:12/29〜12/31  国道480号沿  日本橋から一般道で 592km

リンク先

近くの駅は

駐車場

公称は大型車1台+普通車30台、内陸部へ向かうローカル国道沿いで通過車両も少ないため大きな混雑は見られない。

騒 音

すぐ横が信号のある交差点だが夜は静寂に包まれ騒音の心配なし。駐車場の出入り口とトイレ近くを避ければどこでもP泊可。

物産館

9時〜18時半(10月〜4月は18時まで)。焼きたてパンや手作り揚物が豊富で品揃えも充実、見るだけでも楽しい売り場だ。

食事処

9時〜17時、木の香りが溢れるちょっとお洒落な喫茶店の雰囲気。メニューも独特で価格もリーズナブルだ。
メニュー例:炊き込みご飯+吸物450円・きつねうどん400円・田舎うどん480円(+炊き込みご飯780円)・モーニング680円・他

軽 食

食事処が軽食を兼ねている。ジュース350円〜各種・パフェ・コーヒーフロート・ホットドッグ・手作りサンドウィッチなど色々。

休憩施設

屋外の自販機前にベンチが置いてある程度で、駅舎の中には休憩施設なし。喫茶コーナーを活用しよう。

トイレ施設

設備も管理状態も普通で、特に問題なし。障害者兼用トイレも含めて、ウォシュレットは設置されていない。

入浴施設

3km南東の国道424号にかなや明恵峡温泉(金屋町大字修理川81)、金曜休・11時〜21時(受付20時半)・露天付き・600円。

犬の意見

駅の裏手に用水池があり散歩に向いた道が伸びている。特に車の心配もなく、のんびりできるルートだ。

近隣の見所

信号の南400m付近に明恵上人所縁の歓喜寺や生誕の地などがある。その他、自然は豊かだが目を惹くスポットは少ない。

P泊する時の
総合評価
   ★★★★★★   温泉も近いし夜も静か、まぁまぁP泊向きの範疇か。


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右:


     

        左:
        中:
        右: