長野県にある51駅の中で 11番目に開業した駅   みまき

左側に目次の表示がない場合は こちら をクリックして 長野県の道の駅・フレーム表示 に切り換えて下さい。
掲載した画像などを転用する場合は事前に連絡し、出典を明記してください。リンクは御自由に、どうぞ 。
記載は全て訪問時点の情報です。特に時間や価格など、変更されている可能性に御注意ください。


〜画像をクリック → 拡大表示 〜  長野県の道の駅へ      道の駅のトップへ   「旅と犬と史跡巡りと」のトップへ

【 24時間 トイレはかなり低レベルだが温泉と食事処は悪くない。温泉プールとケア機能を併設している 】

鳥瞰図
最後に訪問した2008年に比べると駐車場と物産コーナーがかなり改善されたらしい。以前は敷地が広いのに県道に沿った部分に生垣や多少の建造物があるため入りにくく、やや閉鎖的だった。
.
現在では県道沿いが開放的な駐車場になり、右手のアクティブ・センター(温水プール・サウナなど)の前には普通車専用の駐車場(70台ほど)が完成した。まだ詳細を確認していないが、多少の樹陰もあるから夏のP泊にも利用できそうだね、夜間閉鎖にならなきゃ良いけど。あとは24時間トイレの問題だ、設備と管理の両方。
.
運営全体が第三セクターに変わったらしいから、ひょっとしたら物産コーナーも改善された可能性もある。このレポートは信用せず(笑)参考程度に考えて頂くほうが良さそうだ。早めに再訪問しようっと!






基本データ

東御市布下35-4 0269-38-2277  休業:第3木曜と年末年始  県道40号沿  日本橋から一般道で 182km  標高:約 549 m

リンク先
近くの駅は
駐車場

公称は大型車3台+普通車23台だが、アクティブ・センターなど利用可能な敷地内施設を加えると+普通車60台ほど駐車可能。

騒 音

県道の通行量は少ない。アクティブ・センターの閉館(22時)後は敷地内も静寂になる。P泊にはこのセンター前の駐車場がベストだが、夜間閉鎖される可能性がある。その場合は温泉施設周辺が比較的落ち着ける。駐車場の傾斜に要注意。

物 販

以前は狭くて汚くて品数も少なかった。いくら何でもリニューアル後は改善されたと思うが、確認していない。

食事処

2011年に「郷土料理 御牧苑」として再開した。11時〜14時半と17時〜21時の営業で注文は20時まで、第三木曜休み。
本格和食の地産地消を売りにしているらしい。メニューは未確認だが、道の駅の食堂が「本格...」なんて言い出すとロクな結果にならない。メインは「御牧御膳 1480円」、道の駅食堂の売れ筋価格帯は判っているのかしら。

軽 食

食事処が軽食を兼ねる...と言っても入りにくいだろうね、他にあるのかな。

休憩施設

施設なし。道の駅本来の機能は特に追求していないようだ。

トイレ施設

最後に訪問した時は最悪だった。日没後は女性にとっては地獄だろうと思うような状態だったが、現状は確認していない。

温浴施設

以前より改善されて近代的になり、露天やサウナも新設されたらしい。10〜21時・第3木曜休み、500円は納得できる。

犬の意見

敷地の周囲には散歩向きの道路が伸びている。西側の小川に沿った小道も利用できそうだ。

近隣の見所

県道の3km東に善光寺所縁の布引観音、 更に5km先に小諸城址(懐古園)、 6km西に宿場の風情が残る海野宿(無料Pあり)、 11km西の国道152号沿いに義仲挙兵の地丸子宿(サイト内リンク・別窓)、 更に松本方面に15kmで鹿教湯温泉

P泊する時の
総合評価
 評価は★★★★★  食事処と温泉は文句なしだけど、トイレが...。それと、物産が貧弱すぎる。改善されたかな?


     

        左: 右側が駅舎と付属施設、左に駅専用の駐車場とトイレ棟がある。
        中: このタイプのトイレは管理不足になりがちなのが残念だが..
        右: 専用Pは大型車や若者の出入りが多く雰囲気は良くない。すぐ横に小さな公園がある。


     

        左: 専用Pは大型車や若者の出入りが多く雰囲気は良くない。すぐ横に小さな公園がある。
        中: 駐車場前から駅舎方向を。道路に面して軽食を兼ねた物販棟。
        右: その左奥のサブ駐車場がP泊の最適スポット。


     

        左: 裏側の敷地は広く、立ち寄り湯の他に介護施設や集会場や温水プールがある。
        中: プールなどのあるアクティブ・センターの前に広い駐車場が整備された。夜間閉鎖されなければP泊のお薦めポイントだ。
        右: 道路に面したメイン棟の物販と軽食処は可もなく不可もなく、余り魅力もなく、のレベル。


     

        左: 道路に面したメイン棟の物販と軽食処は可もなく不可もなく、余り魅力もなく、のレベル。
        中: メイン棟の裏、左側が食事処(悪くない)の入口。
        右: 右側の温泉棟入口。周辺に立ち寄り湯が多いためか、あまり混まない。


     

        左: 温泉入口のマネキンは止めよう、夜行った時に飛び上がったぜ!
        中: ローカル色が残る温泉のカウンター。
        右: 温泉の休憩施設はスペースも広く、食事処が別室だから落ち着いて過ごせる。


     

        左: 温泉の休憩施設はスペースも広く、食事処が別室だから落ち着いて過ごせる。
        中&右: ここの泉質はお薦めできる。ヌルヌルが強めのミョウバン系で、寒い時期にもかなり温まる。